※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

[東海]秋の絶景!紅葉ハイキング・紅葉散歩のおすすめスポット(11月~12月上旬)

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

養老公園(岐阜県/養老郡養老町)

養老公園(岐阜県/養老郡養老町)

東海エリアの紅葉を見ながらハイキング、散策ができるおすすめスポットをご紹介。美しい紅葉トンネルを抜けて滝や橋など見どころ満載の「養老公園」や、雄大な渓谷にかかるダイナミックな夢のつり橋が人気の「寸又峡」など、大人も子どもも楽しめるスポットが多数。
美しく紅葉している自然の中を歩きながら、どんぐりや落ち葉を拾ったり、親子で秋を感じる旅にでかけましょう!

東海の公園・庭園などの紅葉記事
愛知県岐阜県

目次(index)

岐阜県のおすすめ紅葉スポット

養老公園(岐阜県/養老郡養老町)

ようろうこうえん

孝子伝説で有名な養老の滝を中心に、広大な園内が紅葉に染まる。霊亀3年(717)、元正天皇がその水の清らかさに感動し、若返りの美泉とたたえ、年号を養老と改元したと伝えられる菊水泉[きくすいせん]は養老神社内にある。

養老公園

養老公園事務所

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月中旬~12月上旬
  • 標高:280m(養老の滝)
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:不動橋や滝まで続く紅葉トンネルは特に美しい
住所 岐阜県養老郡養老町高林1298-2
問合先 0584-32-0501
料金 無料(養老天命反転地入場大人770円、高校生510円、小・中学生310円、施設により異なる)
時間 9~17時(施設により異なる)
休み 月曜(祝日の場合は翌日)
URL

https://www.yoro-park.com/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

蘇水峡(岐阜県/加茂郡八百津町)

そすいきょう

岐阜県の南部、木曽川の丸山ダム下流に位置する蘇水峡。「木曽三川三十六景」の一つにも選ばれており、秋には迫力のある岩壁に色を添える美しい紅葉の景観が楽しめる。また、桜の名所としても有名だ。周辺には丸山ダム展望台やユダヤ人約6000人の命を救った杉原千畝の功績を称えて建設された公園「人道の丘公園」などもある。丸山ダム上流にある「めい想の森」や「旅足渓谷」も、紅葉のハイキングコースとして人気。丸山ダムから蘇水峡へと続く道は、工事中のため通行できない場合あり。

蘇水峡

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月中旬~下旬
  • 標高:約120m
  • 主な紅葉樹種:モミジ
住所 岐阜県加茂郡八百津町八百津・錦織
問合先 0574-43-2111(八百津町 タウンプロモーション室)
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
URL

https://kankou.yaotsu.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

静岡県のおすすめ紅葉スポット

修善寺温泉(静岡県/伊豆市)

しゅぜんじおんせん

中伊豆屈指の温泉地。山が迫る桂川の両岸に大小の旅館が軒を連ね、温泉街の中心には、弘法大師が発見したという川の中の独鈷[とっこ]の湯(見学のみ)や、『修禅寺物語』で名高い修禅寺がある。紅葉は桂川沿いに見られるが、修禅寺の境内も赤いモミジが彩り美しい。大正時代に植栽したイロハカエデ、トウカエデなど7種類2000本、2万平方mの群生林、おすすめは修善寺自然公園もみじ林と、修善寺虹の郷のもみじ林。虹の郷はライトアップもされる。修善寺虹の郷は犬のみ同伴可。

修善寺温泉

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月中旬~12月上旬
  • 標高:100m
  • 主な紅葉樹種:イロハカエデ、トウカエデ
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:温泉街を散策しながら(虹の郷は夜のライトアップもみじもオススメ)

<紅葉まつり>

  • イベント名:修善寺もみじ散策
  • 期間:2020年11月中旬~12月上旬/期間中、自然公園駐車場は有料
  • 内容:自然公園で開催

<ライトアップ>

  • 期間:2020年11月14日~12月3日
  • 時間:要問合せ(修善寺虹の郷、有料)
住所 静岡県伊豆市修善寺
問合先 0558-72-2501(伊豆市観光協会 修善寺支部)
料金 無料(修善寺虹の郷は、大人1220円、小学生610円、ライトアップは要問合せ)
時間 散策自由(修善寺虹の郷は9~16時、ライトアップは要問合せ)
休み 無休(修善寺虹の郷は火曜定休、季節により変動あり ※要問合せ)

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

寸又峡渓谷(静岡県/榛原郡川根本町)

すまたきょうけいこく

大井川支流寸又川の渓谷。寸又峡温泉や上流のチンダル湖(大間ダム)にかかる夢のつり橋、飛龍橋等のあるプロムナードコースがあり、尾崎坂展望台からの眺めは雄大。カジカ沢の近くには立ち寄り温泉施設「美女づくりの湯」がある。紅葉は赤や黄、さまざまな葉がダイナミックかつ繊細な景色を織りなす。また、湖面に映った紅葉も見事だ。

寸又峡渓谷

(C)川根本町まちづくり観光協会

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月上旬~下旬
  • 標高:550m
  • 主な紅葉樹種:カエデ、ナラ、ブナ、サクラ
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:大間ダム湖(チンダル湖)の水の色(エメラルドグリーン)と紅葉のコントラストを楽しむ
住所 静岡県榛原郡川根本町寸又峡温泉
問合先 0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会)
料金 無料
時間 日の出~18時
休み 散策自由
URL

http://www.okuooi.gr.jp/wordpress/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

愛知県のおすすめ紅葉スポット

オレンジライン(愛知県/知多郡美浜町)

おれんじらいん

知多半島の南、伊勢湾と知多湾を結ぶ全長11.1kmのハイキングコースで、三河湾側の一部が紅葉のトンネルとなる。知多奥田駅の観光協会と河和口駅そばの喫茶ボイエジャーで完歩賞を渡している。ゴールを目指して頑張ろう。

オレンジライン

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月下旬~12月上旬
  • 標高:約80m
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:ハイキングコースを歩きながらの観賞
住所 愛知県知多郡美浜町
問合先 0569-83-6660(愛知県美浜町観光協会)
料金 散策自由
時間 散策自由
休み 散策自由
URL

https://www.aichi-mihama.com/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

寂光院(愛知県/犬山市)

じゃっこういん

白雉5年(654)に創建されたと伝わる厄除けの千手観音霊場で、尾張のもみじ寺と呼ばれるほど、秋の紅葉がすばらしい。また、本堂に至る石段の脇には石仏がたたずむ姿も見られ、静かな山寺の情緒を味わうことができる。巨木が多い境内や参道の紅葉は、1枚1枚の葉が細かく、色鮮やかに染まるのが特徴。

寂光院

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月中旬~12月上旬
  • 標高:130m(本堂周辺)
  • 主な紅葉樹種:モミジ、カエデ
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:麓から本堂に至る参道沿いをゆっくりと散策しながら、山寺の情緒を味わってみては。脚力に自信のない人は、乗り物(スロープカー)でも本堂まで参拝できる。

<紅葉まつり>

  • イベント名:もみじまつり
  • 期間:2020年11月7日~12月6日
住所 愛知県犬山市継鹿尾杉ノ段12
問合先 0568-61-0035
料金 無料
時間 8~17時
休み 無休
URL

http://www.jakkoin.com/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

香嵐渓(愛知県/豊田市)

こうらんけい

令和2年(2020)は香嵐渓命名90周年。11月には山全体の約4000本のモミジが一斉に色づき、巴川の川面を美しく彩る。

香嵐渓

豊田市 足助観光協会

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月中旬~下旬
  • 標高:120~254m
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、オオモミジ、ウラエンコウカエデなど11種類
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:徒歩
住所 愛知県豊田市足助町飯盛
問合先 0565-62-1272(豊田市 足助観光協会(木曜定休、イベント時開館))
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
URL

http://asuke.info/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

三重県のおすすめ紅葉スポット

赤目四十八滝(三重県/名張市)

あかめしじゅうはちたき

渓流沿いに大小様々な滝が点在する景勝地。往復約3時間の整備された遊歩道は、ハイキングコースとしても人気があり、イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラが渓谷を赤く染める。夕刻より霊蛇滝周辺では数百個のキャンドルと、竹に無数の穴を開けた穴からこぼれ落ちる灯りが揺らめき、七変化に変化するライトアップが渓谷を照らしだす。昼と夜で表情を変え、滝と紅葉の幻想的な空間を楽しむことができる。平成28年(2016)春に開通した長坂山トレッキングコースは、奈良県と三重県の県境 室生赤目青山国定公園に位置し、百畳岩から遊歩道をはずれ勾配のある山道は、渓谷を眼下にのぞめ、紅葉で色づく山並みの景色を一望できる。

赤目四十八滝

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月上旬~下旬
  • 標高:426m(百畳岩付近)
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラなど
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:午後から入山し昼の渓谷を楽しみ、下山とともに夕刻からのライトアップで違った表情の渓谷を楽しむことができる

<ライトアップ>

  • 期間:2020年10月24日~2021年1月31日
  • 時間:16時30分~20時
住所 三重県名張市赤目町長坂861-1
問合先 0595-63-3004(赤目四十八滝管理センター)
料金 入山(日本サンショウウオセンター入場券と共通)大人(高校生以上)500円、小・中学生250円
時間 8時30分~17時(12~3月は9時~16時30分)
休み 無休(日本サンショウウオセンターは1月~3月2週目までの木曜)
URL

https://www.akame48taki.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

宮妻峡・水沢もみじ谷(三重県/四日市市)

みやづまきょう すいざわもみじだに

鈴鹿山脈南部、標高1161mの鎌ケ岳と標高906mの入道ケ岳の間に流れ出る内部川の上流にある渓谷が宮妻峡。ハイキングや渓流釣り、川遊びなどで人気がある渓谷で、宮妻峡入口付近には、市営の宮妻峡ヒュッテとキャンプ場がある。水沢もみじ谷はその手前の谷。江戸時代初めの元禄年間(1688年頃)から、代々の菰野藩主土方候が領内の見回りを兼ねて紅葉刈りに訪れ、景勝地の自然保護に努めたといわれる歴史ある名所。文化6年(1809)に、「もみじ谷」と名付けられたという。谷を包むようにモミジやブナが群生し、11月下旬~12月中旬には山の斜面一帯を真紅に染める。ちなみに『百人一首』にある「奥山に もみぢふみわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋はかなしき」の歌は、猿丸大夫がこの地で詠んだといわれる。

宮妻峡・水沢もみじ谷

copyright(C)YOKKAICHI TOURISM ASSOCIATION

<紅葉・もみじ狩り情報>

  • 例年の見ごろ:11月下旬~12月中旬
  • 主な紅葉樹種:モミジ、ブナ
  • おすすめの紅葉鑑賞方法:もみじ谷の谷底から見上げるように紅葉を見ると美しい。宮妻峡までハイキングするのも気持ちが良い。
住所 三重県四日市市水沢町山の坊
問合先 059-357-0381(四日市観光協会)
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
URL

http://kanko-yokkaichi.com/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る