※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

ハイスペック昆虫、その名はオケラ!

マザーズバッグに大活躍!無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」って?

藤田あみいのアイコン藤田あみい

マザーズバッグに大活躍!無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」って?

子どもが小さい時は快適なマザーズバッグが必須です。個人的には両手を解放しておきたいので、リュックサックを背負ってお出かけをするのが一番楽かな、と考えています。マザーズバッグに本当に必要な機能ってなんだろう? 何なら失敗しないのかな? そんな悩みを一気に解消する、子どもとお出かけするお母さんやお父さんにぴったりの商品が無印良品から販売されています。今回は育児に大活躍、無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」を紹介します。

目次(index)

無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」とは? 特徴、お値段、ほか

無印良品:肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック ライトベージュ

肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック ライトベージュ

色々なマザーズ・バッグが販売されているこのご時世。トート型、2Way型、リュックサック型など、多種多様な選択肢があります。前述した通り、筆者としては両手が解放できるリュックサック型が特にオススメ。そんな中で筆者が無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」を特に推している理由は、リュックサックの肩紐部分が無印良品が特許を取得したという「ショルダーパッド」で出来ているからです。ショルダーパッド(肩紐)は、幅が広めに作られており、柔らかさが特徴。要するに肩に肩紐が食い込まないのです。あまりに楽なので、3歳・0歳の子どもがいる筆者の妹にもプレゼントしました。

撥水素材もポイント「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」(無印良品)

またリュック自体が撥水素材なのもポイントです。多少の雨だったら、中のものを濡らさずに持ち歩くことができます。お値段は2,990円(税込)。色展開はネイビーや黒など定番色も抑えつつ、時期により様々な素材・色数で販売されるので、お気に入りの色を見つけてください!

かなりの大容量!人を選ばないデザインも◎

大容量の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」(無印良品)

3歳児、0歳児の二人姉妹を育てている妹のカバンの中に何が入っているか確認させてもらいました。いつもとても荷物が多いなあ…と思っていたのですが、「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」ほどの大容量だとカバン1つですべてが事足ります。二人分の着替え、オムツポーチやおしりふき、消毒用品、離乳食のセット、保険証・医療証など…子連れのお出かけはいつでも重装備ですからね。

「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」(無印良品)

もちろんマザーズバッグを持つのは母親だけではありません。父親や、祖父母、親族や友人が持つということも考えられます。無印良品はご存知の通り、持つ人を選ばないユニセックスなデザインが人気。男性が背負っても違和感を感じない、使いやすいデザインも「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」を支持する理由です。

カバンの開け閉め不要!お財布の定位置、背面ジッパーから取り出そう

「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」(無印良品)

お財布など、ちょくちょく取り出すものをいちいちカバンを降ろして大きく開けて使うのは、子連れお出かけの際には大変な負担… 防災・防犯の観念からも、繰り返す行動の動線はスマートにしておきたいもの。「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」は、背面の右手側にジッパーがついており、リュック本体とつながっています。マザーズバッグとしてはごく標準的な機能ではありますが、カバンを開けずに物を取り出せることはとても重要です。

「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」(無印良品)

背面にジッパーがあるマザーズバッグは多くありますが、全体とつながっている場合にはお財布を手探りで探さねばならず、これも一手間。無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」は、手を入れた部分がメッシュで仕切られているので、取り出し頻度の多いものはメッシュ内に!とすれば、探さず焦らず必要なものを取り出すことができます。ちょっとした工夫なのですが、これだけで使いやすさが格段に違います。

大人用と子ども用のペットボトルは左右のポケットに

「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」(無印良品)

ペッドボトルが2つ収納できるというのも「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」の特徴。どちらか片側だけペットボトルを入れるポケットがついているマザーズバッグは割とよく見かけるのですが、できればペッドボトルは2つ入れたい…というのが利用者の本音。特に夏場などは、親も子も大量の水分を必要としますので、ペットボトルを2つ収納できるカバンはとても気が利いています!

刺繍工房でアレンジ!世界で一つだけのマイ・マザーズバッグ

「刺繍工房」併設の店舗で刺繍が入れられる(無印良品)

「刺繍工房」併設の店舗では、無印良品の布製品であれば全てのものに刺繍が入れられます。持ち込んだオリジナルデータでも良いし、あらかじめ用意されているテンプレートの中にも可愛いものがたくさんあります。数種類のフォントの中から名前やメッセージを刺繍することもできます。ミニマルなデザインの中でもキラリと個性を光らせましょう!写真の刺繍は、筆者が過去に持参したイラストを刺繍してもらったものです。かなり精密に刺繍してくれます!

公式サイト|無印良品 肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック

「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック 」を背負っておでかけする親子(無印良品)

少しでも体や心の負担を減らして、子どもとの楽しい時間を増やしましょう!便利なグッズに是非甘えて、もう少し歩いてみようかな?と考える余裕ができると良いですね。無印良品の「肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック」。是非店頭で一度背負ってみて、肩の楽さや大容量ぶりをチェックしてみてくださいね。