※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

行船公園(江戸川区)は、乳幼児連れも1日中快適に楽しめる

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

行船公園(江戸川区)は、乳幼児連れも1日中快適に楽しめる

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
江戸川区北葛西の行船公園(ぎょうせんこうえん)は、園内全域バリアフリーで、ベビーカーや車いすでも安心して散策できる緑豊かな公園です。乳幼児でも安全に楽しめる遊具のほか、レッサーパンダなどかわいらしい動物たちを観察できる自然動物園、池を囲むように花いっぱいの散策路が整備された日本庭園、水生植物や水鳥を観察できる水生池など、コンパクトながらも1日中楽しめます。地下鉄「西葛西駅」から徒歩またはバスでアクセスでき、各地から幅広い世代が訪れています。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

行船公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンほる/公園アイコン

行船公園の魅力は、なんといっても乳幼児がチャレンジしやすい運動遊具がたくさんあること。特に公園のシンボルであるジャンボスライダーは、なだらかなすり鉢状になっているので、大人が抱っこしたまま滑ることが可能。慎重で怖がりな子どもが滑り台デビューするには、大変おすすめな公園です!

行船公園ってこんなところ!

昭和8年、地元の篤志家・田中源氏が、区民福祉の増進と生活文化向上のための公園用地として約2.9万㎡の敷地を寄付。昭和25年に開園しました。公園名は田中氏の屋号「行船」に由来しています。行船公園の魅力はなんといってもその歩きやすさ。園内全体がフラットで、木陰など小休止できるスポットが多く、小さな子ども連れでも疲れすぎる心配がありません。

所要:4時間
クタクタ度:★★★★
おすすめの年齢:0~10歳

住所 東京都江戸川区北葛西3-2-1
料金 無料
時間 24時間(動物園はHP参照)
電話 03-5662-1934
定休日 無休(動物園はHP参照)
駐車場 なし
面積 29,752㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:×
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:〇(要確認)
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩4分
  • 周辺ファミレス:徒歩4分 (※スシロー)

おすすめのアクセス方法は?

地下鉄西葛西駅からバスで「宇喜田」または「北葛西2丁目」下車すぐ。徒歩の場合は、駅から約15分です。車の場合は、公園北側隣の都立宇喜田公園有料駐車場があります(1時間まで300円。以後20分100円)。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

動物たちが活動的な午前中に「自然動物園」を散策して、桜広場や藤棚の下でランチ。午後はジャンボスライダーや鉄棒、砂場で思いっきり遊んで、体力に余裕があれば庭園や水生池で花や鳥、生き物の観察をしながら散策してみるのも良いでしょう。

行船公園パークマップ

「行船公園パークマップ」/行船公園(東京都/江戸川区)

「行船公園」のジャンボスライダーは背面にボルダリングも!

公園のシンボルとも言えるジャンボスライダーは、すり鉢状の石の滑り台です。安全のため、周囲にはゴムチップ舗装が施されています。

ジャンボスライダー

「ジャンボスライダー」/行船公園(東京都/江戸川区)「ジャンボスライダー」/行船公園(東京都/江戸川区)

手すりつきのスロープから滑り台の上に登れますが、慣れてきたら背面のボルダリングにもレッツ・チャレンジ!小さな手でもにぎりやすいように、小さいホールドや薄いホールドが多く設置されています。

のぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

鉄棒

「鉄棒」/行船公園(東京都/江戸川区)

鉄棒はやや低めで、転んでも怪我をしないよう、ゴム舗装が広めに施されています。砂場もきれいに整備されています。

ぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコン

「家」/行船公園(東京都/江戸川区)

シンプルで可愛らしい家がふたつ。テーブルがあるので、木の実や落ち葉などでおままごとができそうですね。夏場など、顔がほてってきたら小休止もできます。

砂場

「砂場」/行船公園(東京都/江戸川区)

遊具エリアには砂場もあります。白い家で遊びながら、泥団子を作っても良さそう。

ほる/公園アイコン

トレーニング遊具&広場

「トレーニング遊具」/行船公園(東京都/江戸川区)

はしごのようによじ登れるほか、後ろ向きにぶら下がって両足を持ち上げると、腹筋が鍛えられるトレーニング遊具。

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

さまざまな基本動作ができる平成庭園の散策路!

「こもれび広場」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

季節の移り変わりを楽しめる木々や小さな滝が池を囲む、築山池泉廻遊式(つきやまちせんかいゆうしき)の日本庭園である「平成庭園」。一周するだけでたくさんの基本動作ができるんです。例えば、飛び石の道を渡ったり、石階段を大またで登り降りしたり……。紅葉並木では、よちよち歩きの練習もしやすそうです。

石の散策路

「石の散策路」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

池の鯉を眺めながらのんびり歩いてみるのも◎。

石階段

「石階段」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

転ばないように注意しながら、大きく足を開いて登ってみましょう。大人でも結構いい運動に。

モミジ並木

「モミジ並木」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

四季の移ろいを感じられる並木道。秋には紅葉を眺めながらの散歩がおすすめです。

小さい子ども連れファミリーに嬉しい設備

園内3カ所あるトイレにはすべて優先トイレが併設されており、おむつ台が設置されています。

「トイレ」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

一般のトイレには補助便座が付いています。また、サービスセンターには授乳室もあります。

「トイレ」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

まだある!行船公園で行ってみたいスポット

自然動物園前で、生き物&植物観察!

めいっぱい運動遊びをして疲れたら、園内の生き物や植物を観察してみましょう。自然動物園の前には、季節ごとの動物や植物について学べる情報掲示板もあります。

水生池

「水生池」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

紅葉並木の横にある水生地。マガモの夫婦が仲良く泳いでいました。

「情報掲示板」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

情報掲示板では、公園内で観察できる生き物や植物を写真付きで紹介しています。

平成庭園内の源心庵

「源水庵」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

日本庭園にかこまれた純日本建築の源水庵。庭園内の木々はしっかり手入れが行き届いていて、緑に癒されながらの散策ができます。

平成庭園内の花菖蒲

「花菖蒲」/武蔵国分寺公園(東京都/国分寺市)

撮影時期の5月は花菖蒲が見頃でした。1年を通して、さまざまな種類の花を楽しめます。

行船公園は、コンパクトながらも遊具あり動物園あり庭園あり…と、色々な魅力がぎゅっとつまった素敵な公園でした!ベビーカーやよちよち歩きのころは持ち運ぶ荷物が多いので、園内の移動が大変だとお出かけをあきらめてしまいがちですよね。そんな乳幼児期でも、「行ってよかった!」と思える公園の一つだと思います。小学生にとっても、広場でかけ回ったり、動物や植物を観察したり、四季折々に訪れるたび、新しい発見があることでしょう。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る