※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

遊具、庭園、スポーツ広場など、思いっきり体を動かせるスポット満載の総合レクリエーション公園(江戸川区)

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

遊具、庭園、スポーツ広場など、思いっきり体を動かせるスポット満載の総合レクリエーション公園(江戸川区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
江戸川区西葛西〜南葛西にある総合レクリエーション公園(そうごうれくりえーしょんこうえん)は、東西約3kmにわたり様々な遊び場が連なる広大な総合公園です。約21.5万㎡の敷地には、ポニーの乗馬体験や動物とふれあえる「なぎさ公園」や、フィールドアスレチックのある「富士公園」、壁打ちテニスや相撲ができる「ファミリースポーツ広場」など、様々に楽しめる施設を備えています。目的のエリアによって最寄駅が異なるので(後述)、公式サイトで園内マップを確認してから出かけましょう。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

総合レクリエーション公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はう・くぐる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはしる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンとぶ/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコンそうさする/公園アイコンまわる/公園アイコンほる/公園アイコンおよぐ・もぐる・うく/公園アイコンわたる/公園アイコン

総合レクリエーション公園には、多種多様な運動施設が整備されているので、ほぼすべての基本動作のコンプリートが期待できます。特に「富士公園」には多種多様なアスレチック、「なぎさポニーランド」ではポニーの乗馬などが体験可能。ほかにもスポーツ広場や野球場など、広大な敷地にたくさんの遊び場が連なっています。クタクタになるまで、思いっきり体を動かしましょう!

総合レクリエーション公園ってこんなところ!

総合レクリエーション公園の最大の魅力は、なんといってもその広大さです。住宅地などにある小規模な公園では難しいキャッチボールやドッチボールなどの球技、フリスビーやバドミントンなどが安全に楽しめる広場が複数あるので、大人数でも気兼ねなく遊べます。

所要:4時間
クタクタ度:★★★★★
おすすめの年齢:0~10歳

住所 東京都江戸川区西葛西6丁目11番から南葛西7丁目3番
料金 無料
時間 ※ポニー乗馬は10:00-11:30と13:00-15:00(小学6年生以下対象)
電話 なし
定休日 ※ポニー乗馬は月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始。
駐車場 富士公園69台、なぎさ公園43台。最初の1時間200円。以降1時間100円。
面積 215,549㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩3分※「総合レクリエーション公園前」バス停から
  • 周辺ファミレス:徒歩3分※「総合レクリエーション公園前」バス停から

おすすめのアクセス方法は?

地下鉄西葛西駅から徒歩で行けるのは、「子どもの広場」(徒歩3分)、「虹の広場」(徒歩7分)、「新田の森公園」(徒歩12分)、「葛西防災公園」(徒歩14分)です。「富士公園」「ファミリー広場」「フラワーガーデン」などで遊ぶ場合は、地下鉄葛西駅またはJR葛西臨海公園駅からバスに乗り、「総合レクリエーション公園」で下車します。「なぎさ公園」で遊ぶ場合は、「なぎさニュータウン」で下車できるバス路線に乗りましょう。
車の場合は、目的とするエリアの近くにある駐車場へ(全7箇所)。①虹の広場②葛西防災公園③ファミリースポーツ広場④フラワーガーデン⑤富士公園⑥なぎさ公園北⑦なぎさ公園東(利用時間:24時間 料金:最初の1時間200円、以降1時間ごと100円)

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

子どもの年齢や目的の遊びに合わせて、メインとする公園を選びましょう。大きく分けると、西エリアには「子供の広場」「虹の広場」「新田の森公園」「葛西防災公園」、東エリアには「ファミリースポーツ広場」「フラワーガーデン」「富士公園」「なぎさ公園」があります。
0〜3歳くらいの子どもと気軽に足を運ぶなら、複合遊具やバケット型ブランコ、砂場、恐竜の滑り台などがある駅近の「子供の広場」がおすすめ。半日以上ゆっくり遊べる日は、ぜひ「なぎさ公園」へ。ポニーランドで動物と触れ合えます。「ファミリースポーツ広場」の複合遊具は3〜6歳の子ども向け。「富士公園」のフィールドアスレチックは4、5歳ごろから楽しめます。小学生の子どもは、アスレチック全制覇をめざしましょう!ランチに便利なのは、西エリアの「虹の広場」、東エリアの「フラワーガーデン」などです。
「総合レクリエーション公園」のバス停付近にはコンビニやファミリーレストランがありますが、そこから遠いエリアで遊ぶ場合は、飲み物や食べ物を事前に準備してからがよいでしょう。「なぎさ公園」の展望の丘には、なだらかな緑の斜面が広がっていて、のびのびとかけ回ることができます。桜、ツツジ、ハーブなど季節の花々も楽しめます。レジャーシートやテントを持参して、ゆっくりと過ごしたいところですね。東エリアの移動は、園内を走るパノラマシャトルを利用すると便利。夏場は、「虹の広場」や「フラワーガーデン」にある噴水やじゃぶじゃぶ池で水遊びもできます。

園内にはおむつ交換台のあるトイレは少ないのですが、近くにイトーヨーカドーがあるので、買い物のついでに利用するのもいいかもしれません。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止で休止中の可能性もあるので、最新情報は公園のホームページなどでチェックしてください。

総合レクリエーション公園パークマップ

「総合レクリエーション公園パークマップ」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

多種多様な遊具で運動能力を育める「富士公園」

「富士公園」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

地下鉄葛西駅またはJR葛西臨海公園駅からバスで約10分の場所に位置する「富士公園」には、バリエーション豊かなフィールドアスレチックが設置されています。「ロープ登り」や「ネットクライミング」など高さのある大型クライミング遊具、「ロープ吊り橋」「ジグザグ丸太平均台」などのバランス遊具、勢いをつけてリズムよく板から板へ跳んで進む「反復横跳び傾斜板」など、本格的なアスレチックが冒険心を駆り立てます。

坂道ロープ

「坂道ロープ」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

ロープをたよりに丸太の山を乗り越える、エキサイティングな遊具。足を滑らせないよう注意!

のぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

坂道ネット

「坂道ネット」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

ネットのクライミングに挑戦してみましょう。裏側をクモのように移動して楽しむこともできます。

のぼる・おりる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

ロープつりばし

「ロープつりばし」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

片側に体重をのせると、ぐらりと傾いてスリリング!バランスを取りながら進もう。

のぼる・おりる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ジグザク丸太平均台

「ジグザク丸太平均台」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

向きや高さが変わる、ジグザグの切り返しポイントに集中。全身の感覚を研ぎ澄ましましょう!

のぼる・おりる/公園アイコンわたる/公園アイコンとぶ/公園アイコン

傾斜板

「傾斜板」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

板から板へジャンプしたり、ダッシュで駆け上がって丸太にタッチしたり。思ったままに体を動かして遊んでみるのがおすすめ。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンはしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンわたる/公園アイコン

水遊びの人気スポット!虹の広場

虹の広場は例年、7〜8月ころになると水遊びをする大勢の子供たちで賑わいます。全長約50mの壁から水が流れ落ちる壁泉と、半球型の噴水での水遊びが可能です。

壁泉

「壁泉」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

まるでナイアガラの滝!流れ落ちる水を思いっきり浴びましょう。タオルをお忘れなく。

半球型の噴水

「半球型の噴水」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

半球の中央から水が湧き出る噴水。登ったり、滑り降りたり、自由に遊びましょう。
※水遊び施設については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止する可能性あり。最新情報はホームページなどをご確認ください。

およぐ・もぐる・うく/公園アイコン

家族やお友だちと一緒に遊ぼう!ファミリースポーツ広場

「ファミリースポーツ広場」には壁打ちテニス場や相撲場、広大な運動場があります。家族やお友だちとスポーツ対戦を楽しむのに最適なエリアです。少人数で利用するには、もったいないほどの広さですね。

壁打ち専門のエリアでは、道具を持参すれば無料で壁打ちができます。

「ファミリースポーツ広場」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

ほかにも、立派な相撲場(予約制)があったり、大きな広場があったり。

「相撲場」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)
「相撲場」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

幼児向け遊具がそろったエリアもありますよ。

複合遊具

「複合遊具」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

ボルダリング、トンネル型の滑り台などもあり、適度なドキドキ・ワクワク感を味わえます。

「ローラー滑り台」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

複合遊具の目玉は、ローラー滑り台!傾斜がなだらかなので、小さな子どもでも安心ですね。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

子供の広場には恐竜がいる!?

「子供の広場」は地下鉄東西線「西葛西駅」から徒歩3分、総合レクリエーション公園の中でもっとも駅近にあります。木陰が多く、小さな乳幼児の子どもでも安心して遊べる遊具がそろったコンパクトな公園です。

恐竜のモニュメントと砂場

「恐竜のモニュメント」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

なかでも目を引くのが、恐竜のモニュメント。もう一匹の恐竜は滑り台になっています。

のぼる・おりる/公園アイコン

バケット型ブランコ

「バケット型ブランコ」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

幼児でも安心して乗れるブランコ。腕を引きつけたり、スピードを楽しんだり。ブランコデビューにもぴったりです。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

複合遊具

「複合遊具」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

ファミリースポーツ広場の遊具よりも、小さい子ども向けの仕様です。木陰にもなるので、のんびり遊ぶのに最適。

のる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

東エリアの移動には、園内を走るパノラマシャトルが便利です。なぎさ公園・富士公園・フラワーガーデン間を1時間に1本の間隔で運行しています(1日券大人200円、子ども100円)。

「園内」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

園内には計8カ所の優先トイレがあり、フラワーガーデン内の2ヶ所(環七脇と芝生広場)のトイレ内におむつ交換台が設置されています。

「トイレ」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

まだある!総合レクリエーション公園で行ってみたいスポット

「総合」と名のつくだけあって、まだまだ見どころ満載。子どもと一緒に遊べる場所や、のんびり散歩するのにおすすめのエリアを紹介しますね。

なぎさポニーランドで動物と触れ合おう!

「なぎさ公園」に隣接する「なぎさポニーランド」では、ポニーの乗馬も体験できます。

ポニー乗馬(写真提供:江戸川区)

「なぎさポニーランド」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

小学6年生以下が対象(無料)。開園等について、最新情報は「なぎさポニーランド」のホームページをご確認ください。

111品種のバラを楽しめる、フラワーガーデン

四季折々の花が美しく咲く「フラワーガーデン」での散歩もおすすめ。春(5月ごろ)と秋(10月ごろ)に見頃を迎えるバラは、その数なんと111品種600株!

「フラワーガーデン」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

3種類の噴水と中央を流れる川のせせらぎ、美しい花々の香りが心身を心地よいエリア。7〜8月は水遊びで賑わう人気スポットの一つです。

「フラワーガーデン」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

流れる川は水深が浅めなので、小さな子どもでも安心して遊べます。

「フラワーガーデン」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

噴水の周りはフラットな芝生広場なので、走ったり飛んだり。思い思いに体を動かせます。

「芝生広場」/総合レクリエーション公園(東京都/江戸川区)

住宅地域内にある公園の利用ルールが年々厳しくなる中で、総合レクリエーション公園には、気兼ねなく運動できる大きな広場がいくつもありました。思いっきりボールを投げたり蹴ったり、際限なく走り回ったり……。大勢で思いっきり体を動かせる、貴重な公園だと思います。「レクリエーション」という言葉には、心身の疲労を癒し、元気を回復するための気晴らしという意味があるそうですが、その名の通り、自由な発想で運動遊びを「re-creation」(再創造)できるフィールドとしても、大きな可能性を感じました。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)