運動能力、近所の公園でぐんぐん伸ばす!

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県・川崎市)で、大好きなキャラクターたちに会う!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

知的好奇心がすくすく育つ学びスポット!
「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」は、長年、川崎市で暮らしたまんが家、藤子・F・不二雄さんの作品世界に触れられる美術館。藤子・F・不二雄さんが手がけた作品の原画や資料、仕事机などを展示するほか、ドラえもんをはじめとした人気キャラクターに会える屋上庭園やオリジナル短編アニメが観られるシアターなどが揃っています。大好きなまんがが、どのように作られているかもわかります!

» 知的好奇心がすくすく育つ学びスポット TOP

目次(index)

子どもの知的好奇心は身近な“学びスポット”で育む!

子どもの脳の発達の原動力となり、将来の可能性を広げてくれるのが知的好奇心。その知的好奇心を育むスポットは東京周辺にたくさんあります。脳医学者の瀧 靖之(たき やすゆき)先生、そして宇宙・動物・昆虫・アートなどの各テーマの“達人”たちと選んだ東京周辺にある “学びスポット”を紹介します。どこも、「知るのが楽しい!面白い!」と思わせてくれる、工夫にあふれた施設ばかり。コロナ禍が続くいまだからこそ輝く身近な“学びスポット”へ出かけてみませんか。

瀧 靖之(たき やすゆき)先生監修:瀧 靖之(たき やすゆき)先生
東北大学加齢医学研究所教授
医師。医学博士。東北大学加齢医学研究所および東北大学東北メディカル・メガバンク機構で脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究に従事。読影や解析をした脳MRIはこれまで16万人以上にのぼる。

知的好奇心で培われる、8つの“育つ力“

育つ力:各種

子どもの知的好奇心を刺激することで培われる力を、瀧 靖之先生が8つ選定。「洞察力」「思考力」「想像力」「発想力」「思いやり」など、施設ごとに“育つ力”を付記しました。

» 脳医学者の瀧 靖之先生に聞く!「知的好奇心」で育つ8つの力
»「国立科学博物館」は知的好奇心をくすぐる展示や学びの仕掛けが満載!

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムで育つ子どもの力

知的好奇心が育つと、子どものどんな力が育つのかをチェック!川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムでは、とくにどんなところが子どもの知的好奇心をくすぐるのでしょう?

育つ力:思いやり育つ力:コミュニケーション力育つ力:語彙力育つ力:想像力

いつも読んでいるまんががどのように作られているか、まんがができるまでの工程を映像で見られる展示が楽しい!普段は2次元で見ているキャラクターやシーンを3次元で見られるというのも新鮮な体験です。館内には楽しい発見や驚きがたくさんあるので、子どもの好奇心にまかせて巡ってみましょう。

» アートの達人「美術ライター 浦島茂世さん」お仕事インタビュー

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムってこんなところ!

外観/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

JR宿河原駅から徒歩15分の川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム。1階と2階に展示室があり、3階はミュージアムカフェや屋外の「はらっぱ」になっています。
1階の展示室Ⅰには、藤子Fさんの代表作のカラー原画などを展示。2階の展示室Ⅱでは多彩なテーマにそった企画展が開催されます。ほかにもオリジナルアニメを上映する映像展示室「Fシアター」やおなじみのキャラクターに会える「はらっぱ」など、藤子Fさんの作品がもつ温もりのある世界にふれられる展示がいっぱいです。

所要:3時間
おすすめの年齢:4歳~

住所 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
電話 0570-055-245
営業時間 10~18時(10~16時の1時間ごとに入館する日時指定の予約制。ただし入れ替え制ではありません)
定休日 火曜※臨時休館あり
料金 1000円、中学・高校生700円、4歳~小学生500円※チケットはローソン店頭Loppiのみの販売。ミュージアムではチケットを販売していません
アクセス JR南武線宿河原駅から徒歩15分または小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩16分。またJR南武線・小田急線登戸駅から直通バスで9分(有料)。
駐車場 なし

<施設データ>

  • 子ども用トイレ:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • ベビーカー利用:
  • ベビーカー貸出:
  • コインロッカー:
  • 館内飲食店:
  • 館内売店:

「るるぶKids」の関連記事
» 大人も子どもも夢中のキャラクターがいる!関東近郊のテーマパーク6選
» しまじろうやハローキティと一緒に! テーマパークのキャラクター動画14選
» 親子で楽しめる、マンガ・アニメ・キャラクターがテーマの博物館が大集合!

おすすめのアクセス方法は?

有料の直行便バス/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

JR南武線宿河原駅から徒歩15分または小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩16分。どちらの駅もエレベーターが設置され、ベビーカーのまま移動できます。ミュージアムまでは起伏が少ない平坦な道なので、子どもでも歩きやすいでしょう。
またJR南武線・小田急線登戸駅から、有料の直行便バスが約10~15分間隔で運行。ミュージアムまで約9分です。小田急線の登戸駅は、壁にドラえもんなどのキャラクターが描かれていたりするのでこちらもチェック!
駐車場はないので、車の場合は周辺のコインパーキングを利用しましょう。

おすすめの遊び方&過ごし方

エントランス/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

1階がエントランスなので、1階の展示を見た後に2階、3階へと進むのが一般的。ただし順路が決まっているわけではないので、好きなように回ってOK。思わぬところにキャラクターがいたり、映画やまんがのワンシーンが再現されていたりするので、周りをきょろきょろ見まわしてみて。

展示一例/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

展示をていねいに見て、カフェや「はらっぱ」で過ごす時間も含めて3時間ほどを考えておけばよいでしょう
ミュージアムカフェの最終入店は17時30分、ミュージアムショップの最終入店は17時45分なのでご注意を。
※ミュージアムカフェの営業時間は変更になる場合があります

代表作の歴史をたどる特別展示&多彩なテーマの企画展

特別展示会場/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

展示室Ⅰはまんが『ドラえもん』の50年の歴史を振り返る特別展示会場。まんが、アニメ、映画とメディアを縦断して活躍し続ける『ドラえもん』を、カラー原画や映像などと共に紹介しています。

特別展示会場/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

さまざまな雑誌で連載された『ドラえもん』。雑誌によって対象年齢が異なるため、年齢に合わせて描き分けられていたそう。そんな解説を読みながら『ドラえもん』の世界にどっぷり浸れます。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

2階の展示室Ⅱは企画展示会場。趣向を凝らしたテーマで構成された期間限定の企画展が開催されます。初公開の原画や貴重な資料が展示されるなど、ファン垂涎の内容に定評があります。

楽しみいっぱい!みんなのひろば

大きなボールコースター/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

2階の「みんなのひろば」は、いろいろな体験ができるスペース。壁には大きなボールコースターが設置され、転がるボールの動きに合わせてさまざまな映像が流れます。ところどころに、見たことがあるアイテムが飾られ不思議な気分に!

のび太の家/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

ひろばの中央には、見覚えのある一軒家が立っています。表札を見ると「野比」の文字があって感激!ご存じ『ドラえもん』に登場するのび太の家です。意外と大きな家に住んでいるんですね。

のび太の家を専用タブレッドでのぞく様子/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

家の前には専用タブレットが設置され、画面を通してのび太の部屋や居間をのぞくとショートストーリーが始まります。

「ドラえもん まんが研究ノート」コーナー/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

こちらは「ドラえもん まんが研究ノート」のコーナー。普段、何げなく読んでいるまんが『ドラえもん』をさまざまな角度から分析。コマ割りやテンポ、キャラクターの表情などを解説しています。

おなじみのキャラに会える「はらっぱ」

ドラえもんと土管/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

屋上の「はらっぱ」には、藤子Fさんの作品に登場するキャラクターや、映画・まんがのシーンが再現されています。『ドラえもん』でおなじみの土管は、上って撮影もできますよ。奥に見えているのは「どこでもドア」!

フタバスズキリュウのピー助/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

「はらっぱ」の一角にはフタバスズキリュウのピー助がいます。かなり大きくて迫力たっぷり。

パーマン1号とパーマン2号がお昼寝中/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

斜面の芝生では、パーマン1号とパーマン2号がお昼寝中。思わず話しかけてしまいそうな存在感です。
ほかにもさまざまなキャラクターがいるので、お気に入りのキャラを探してみましょう。

展示から藤子・F・不二雄先生を知る

キャラクターに囲まれた藤子Fさんの像/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

小学校のときの同級生、安孫子素雄さんと「藤子不二雄」のペンネームで多くの人気まんがを描き続けた藤子・F・不二雄さん(本名、藤本弘さん)。ミュージアムでは藤子Fさんの来歴や素顔にせまる展示も充実しています。
2階の屋外スペースには、自身が生み出したキャラクターに囲まれた藤子Fさんの像が立っているのですが、これが、みんなに愛された藤子Fさんの人となりを現しています。

●先生の部屋

先生の部屋/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

1階の「先生の部屋」では、藤子Fさんがまんがを描いた仕事机を展示しています。机には大好きだった恐竜のフィギュアが置かれ、愛用の筆記用具が点在。ゴミ箱など机まわりの細かいアイテムなども藤子Fさんが愛用した実物だそうです。お気に入りのまんがが、この机から生まれたと思うと不思議な気分!

吹き抜けを利用した巨大な本棚/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

仕事机の上には、吹き抜けを利用した巨大な本棚が設置されています。膨大な資料が並ぶ本棚はファンタジックな雰囲気で、異空間へ誘うトンネルのよう。

●ヒストリーロード

ヒストリーロード/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

展示室Ⅰと先生の部屋を結ぶ通路「ヒストリーロード」では、藤子・F・不二雄さんの来歴を紹介。作品年表を中心に、まんが家を志してからの歩みが紹介されています。憧れの手塚治虫さんから贈られた色紙と手紙も飾られています。
子どもがまんが家という職業に興味をもつきっかけになるかも?

●先生のにちようび

先生のにちようび/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

家庭での藤子・F・不二雄さんを紹介する、このミュージアムならではのコーナー。藤子Fさんの趣味や、子どもたちに対する父親の表情など、まんが家とはまた違った藤子Fさんの素顔が見られます。

先生のにちようび/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

展示のなかには、正子夫人から藤子Fさんへのメッセージがあるのですが、これがパパ、ママにはウルッとくる内容。ぜひ読んでみてくださいね。

「きこりの泉」からジャイアンが!

ひみつ道具「きこりの泉」/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

2階から外に出るとドラえもんの伝説的なひみつ道具「きこりの泉」を発見。横に付いているレバーを上下に動かすと…。

泉から「きれいなジャイアン」が登場/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

泉から「きれいなジャイアン」が登場!

未就学児限定のキッズスペース

未就学児限定のキッズスペース/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

2階には未就学児だけが遊べるキッズスペースがあります。いろいろな遊具が用意されていて、小さな子どもなら十分楽しめるはず。保護者の付き添いが必須です。

  • 【入場時間】10時30分~17時
    ※利用可能時間は変更になる場合があります

藤子・F・不二雄ミュージアムならではの体験にトライ!

映像展示室「Fシアター」/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

200インチの大型スクリーンを備えた映像展示室「Fシアター」では、ここでしか観られないオリジナルの短編アニメが上映されます。上映は20分ごとの入れ替え制。不定期で上映アニメの新作が発表されるのでお楽しみに!

ほかにも知的好奇心をくすぐる貴重な体験の数々!

●ドラえもんと一緒に、まんがコーナー

「まんがコーナー」/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

「まんがコーナー」では、本棚に藤子・F・不二雄作品が並び、自由に読むことができます。本棚の上には、大好物のどらやきを食べながらまんがを読むドラえもんの姿が!

子連れにおすすめ!館内の立ち寄りスポット

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムには子連れならぜひ立ち寄りたいスポットがあります。ぜひ行ってみてくださいね。

●ミュージアムカフェ

ミュージアムカフェ/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

3階の屋上には「はらっぱ」を眺めながら食事を楽しめるカフェがあります。窓から光が差し込む明るい店内は開放感たっぷり。

「フレンチトーストdeアンキパン」「ラテアートドリンク」/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

藤子Fさんの作品にちなんだオリジナルメニューが揃い、どれもファン心をくすぐるチョイス!バニラアイスが添えられた「フレンチトーストdeアンキパン」(980円)や、8種類ほどの絵柄があるラテアートドリンク(580円~)のほか、軽食からスイーツまで揃っています。

  • 【営業時間】10時~17時30分(最終入店)
  • 【定休日】川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムと同じ
    ※営業時間は変更になる場合があります

●ミュージアムショップ

ミュージアムショップ/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

1階には藤子・F・不二雄さんの作品やオリジナルグッズが買えるショップがあります。『ドラえもん』のひみつ道具をモチーフにした商品や人気キャラクターをあしらった商品などが並び、一つひとつ見るのが楽しい。

ぬいぐるみやクッション各種/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

定番のぬいぐるみやクッションは、種類が豊富でさすがの充実度。右上にはジャイアンファン垂涎の「きれいなジャイアンダイカットクッション」(2750円)も。

「のび太が100点?!クリアファイル」/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

こちらは夢の「のび太が100点?!クリアファイル」(495円)。のび太の喜ぶ顔がたまりません。クリアファイルは2重になっていて、上のファイルをめくると…いつものパターンが(泣)。
ほかにもヒネリのきいたアイテムが揃っており、いろいろ欲しくなっちゃいます。

  • 【営業時間】10時~10時45分(最終入店)
  • 【定休日】川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムと同じ
    ※掲載したグッズは一例です。売切れることもあるのでご了承ください

●ギフトコーナー藤子屋

ギフトコーナー藤子屋/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

屋上の「はらっぱ」に面したおみやげショップ。小さな店内には、オリジナルのお菓子や小物が並んでいます。人気はひみつ道具「アンキパン」をモチーフにした「アンキパンラスク」(1050円)と、ドラえもんの焼印がかわいい「どら焼き」(単品240円、BOX6個入り1560円)。

  • 【営業時間】0時~17時45分(最終入店)
  • 【定休日】川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムと同じ
    ※営業時間は変更になる場合があります

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

多目的トイレ/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

1~3階にそれぞれ男性用トイレと女性用トイレがあり、1階と2階にはおむつ交換台が備わる多目的トイレが設置されています。また1階には大人用のトイレとは別にこどもトイレがあります。

トイレの壁に描かれたアイコン/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

トイレにはところどころイラストが描かれ、これがとってもユニーク。壁に描かれたアイコンもかわいいので、細かいところまでじっくり見てみてください。

おむつ交換台と授乳室を備えたスペース/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

2階にはおむつ交換台と授乳室を備えたスペースも用意されています。浄水給湯器を完備しているので、ミルクを作ることもできます。

コインロッカー/川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

コインロッカーは1階にあるので荷物は預けて中へ(100円/使用後返却)。コインロッカーの横にはベビーカー置き場もあります。

おなじみのキャラクターに会えるだけでなく、貴重な原画を鑑賞できたり、藤子Fさんの素顔にふれられたり、オリジナルのアニメが観られたりと、多方面から藤子Fさんの作品にアプローチできる川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム。ミュージアム全体が藤子Fさんの生み出す温かな世界観に包まれており、ますます藤子F作品が好きになりそうです。

🄫Fujiko-Pro
※通常は展示室内での撮影は不可。今回は取材のために特別の許可を得て撮影しています

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

『るるぶKids こどもの知的好奇心がすくすく育つ学びスポット 東京周辺』

るるぶKids こどもの知的好奇心が”すくすく”育つ学びスポット 東京周辺

子どもたちの知的好奇心を刺激してくれる“学びスポット”全89施設をピックアップ。図鑑などでもお馴染みの「恐竜」「動物」「昆虫」「宇宙」「乗り物」、そして日常の延長として親子のコミュニケーションを楽しめる「アート」「絵本・アニメ」「にほんの歴史」を加えた8テーマに分けて紹介しています。

監修者である脳医学者の瀧 靖之先生、そして各テーマの“達人”たちと選んだ“学びスポット”は、どこも子ども心をくすぐる工夫にあふれた施設ばかり。また巻頭には、瀧 靖之先生による「知的好奇心の伸ばし方」も収録していますよ。

子どもの成長にとって大事な知的好奇心を育てるスポットの数々。本書を参考に家族でおでかけしてみませんか。

» 詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る