※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

名古屋港水族館の見所を紹介!世界の海の生き物に出会える楽しい水族館

別当律子のアイコン別当律子

名古屋港水族館は、1992年にオープンした「南館」と、2001年に完成した「北館」の2つの施設からなる水族館。南館の展示テーマは「南極への旅」、北館の展示テーマは「35億年はるかなる旅~ふたたび海へもどった動物たち~」です。

水族館は生き物を見せるだけでなく、生き物の生態を解明しその保護・繁殖を積極的に行うのも重要な役割。名古屋港水族館は、ウミガメ類をはじめとして水生生物の保護や繁殖を目的とした研究活動をしています。

イルカやベルーガ、海の王者シャチに出会える「北館」

悠久の生物進化の歴史の中で、水中生活に適応した鯨類。その世界を子供と一緒に学びましょう。

イルカパフォーマンスはどこから見る?

日本最大のメインプールでは、イルカたちのダイナミックなパフォーマンスが楽しめます。3000人を収容できる3階の大スタジアムはもちろん、2階にはイルカたちの水中での優雅な動きを観察できる「水中観覧席」があります。

普段のイルカたちの様子は、イルカプールでどうぞ。愛嬌たっぷりのイルカたちが待っています。

とても器用なベルーガは人気者

愛らしい表情と動きで人気を集めるベルーガ。素早く動くのは苦手ですが、ベルーガならではの特技がいっぱいあります。口で空気のリングを作る「バブルリング」もそのひとつで、見ることができたらハッピーな気分になれますよ。

海の王者シャチ

きまぐれにガラス越しにお客さんを観察しに来ることもあるシャチたち。好奇心旺盛なシャチと目があえば、子供が喜ぶこと間違いなし。

「シャチの公開トレーニング」では、飼育係の解説を聞きながらシャチの巨体が泳ぐ迫力の姿を見ることができます。

名古屋港の景色が一望できる「しおかぜ広場」

潮風を感じながらのんびりとお弁当を食べることもできまる芝生の公園。この広場にはゴマフアザラシやケープペンギンがいる「ごまちゃんデッキ」があります。動物たちの鳴き声が聞こえるほどの近さで見ることができます。

南館は「南極までの海の旅」がテーマ

日本から南極までの地球を縦断する旅のなかで、五つの海域にすむ生き物たちを見ることができます。

海洋生物の宝庫「日本の海」

南からの暖流「黒潮」と北からの寒流「親潮」がぶつかる日本の海は、海洋生物が生息する上でも恵まれた環境にあります、雄大な海の恵みや偉大さを実感できるのがこのコーナーです。

南館に入って最初に出会う水槽は「黒潮大水槽」です。幻想的に光きらめく水槽内でスマやシイラ、マイワシの群れを展示しています。ここで人気のイベントは「マイワシのトルネード」。3万5千匹の圧倒的な数のマイワシが群れをなして動く姿、幻想的な光景に思わず歓声を上げてしまうでしょう。

深海で出会う不思議な生物たちの生態「深海ギャラリー」

静寂と暗闇に包まれた深海。この未知なる深海の厳しい環境を生き抜き、子孫を残すためユニークな進化を遂げた生き物たちの世界を3Dホログラムや模型を使い再現。深海生物の独特な姿に最初は驚くかもしれませんが、なぜそんな姿をしているのかを知れば知るほど面白くなってくるはず。

熱帯の海に広がる色鮮やかな世界「赤道の海」

オーストラリア東海岸のグレートバリアリーフをモデルとした「サンゴ礁大水槽」では、美しく個性豊かな海の生き物たちが人々を魅了します。また、本物のサンゴが造り出す美しい景観を楽しむことができる「ライブコーラル水槽」や、巨大なドーナツ型の水槽を悠々と泳ぐウミガメたちを見ることができる「ウミガメ回遊水槽」があります。

独自に進化し続けた偉大なる生命に出会う「オーストラリアの水辺」

オーストラリアの孤立した大陸で進化を遂げ、太古のなごりを残しながら独自の生態系を築き上げた生き物を見ることができます。また、オーストラリア熱帯域の川辺を再現した水槽は、現地で生育している植物たちをそのまま使用。さらに、できるだけ自然に近い環境で生き物の姿が見られるよう、定期的にスコールを降らせています。

極寒の海で力強くいきる「南極の海」

南極大陸の周辺の海は、水温の変化が少なく比較的安定した生活環境で生き物たちを育む豊かな海。ここでは、南極の生き物のエサとして重要なナンキョクオキアミを世界で唯一、常設展示しています。また、「ペンギン水槽」では南極やその周辺で暮らす4種類のペンギンに出会えます。水槽の前には椅子が用意されているので、泳ぎ回るペンギンたちを椅子に座ってゆったり眺めるのもいいですね。

熱帯魚やウミガメを見ながら食事ができる

名古屋港水族館には、カラフルな熱帯魚を観賞しながら食事が楽しめる「レストランアリバダ」と、ウミガメ回遊水槽を見下ろしながら軽食が楽しめる「トータス」があります。名古屋ならではのご当地グルメや期間限定メニューを提供していることもあります。

気になる情報!

ベビーカーは1回100円で貸し出しがあります。(車イスの貸し出しは無料)北館、南館それぞれにベビーコーナーがあり、折りたたみ式ベビーシートも多目的トイレに用意されています。北館2階のベビーコーナーには、給湯設備もあります。

水族館北館のしおかぜ広場と3階スタジアムには売店があります。また、水族館出口にあるスタンプを手の甲に押せば再入館もできるので、いったん館外へ出て、ジェティやポートビル2階レストラン等で食事を楽しむことができます。

水族館の周辺には魅力ある施設がたくさん!

名古屋港のすべてがわかる「名古屋海洋博物館」をはじめ、360度の景色が見渡せる「名古屋港ポートビル展望室」、名古屋港でひと際目立つオレンジ色の大きな船「南極観測船ふじ」、大きな観覧車がある「名古屋港シートレインランド」などがあります。子供から大人まで誰もが夢中になって楽しめる名古屋港水族館に出かけてみませんか。

名古屋港水族館

住所 愛知県名古屋市港区港町1-3
電話番号 052-654-7080
料金 <入館料>大人2,030円/小・中学生1,010円/4歳以上500円
営業時間

9:30~17:30

(ゴールデンウィーク・夏休み期間は9:30~20:00、冬期は9:30~17:00)

定休日

月曜

(祝日の場合は翌日、ゴールデンウィーク・7~9月・春休み・冬休み期間は無休) 

※冬期メンテナンス休館あり

アクセス

名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港駅」3番出口より徒歩5分

/伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」から8km

駐車場 1,200台(30分100円、1日上限1,000円)
特徴

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

注目記事

記事をもっと見る