飼育種類数日本一の国内最大級の鳥羽水族館(三重県)でかわいい生きものにキュン

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

ジュゴン/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

知的好奇心がすくすく育つ学びスポット!
鳥羽湾に向かって立つ国内最大級の水族館。飼育種類数1200種は日本一を誇り、国内で唯一飼育しているジュゴンをはじめ、ラッコやスナメリなどの人気者から、ちょっとマニアックで珍しい生きものまで、多種多様な生きものたちに出合える場所です。テーマごとに12のゾーンに分かれている館内に順路は設けられていないので、自由に見て回ることができます。動物たちのショーやパフォーマンスも充実しており、食事処やカフェ、ショップもあるので、ゆっくりと時間をかけて見て回るのがおすすめです。

» 知的好奇心がすくすく育つ学びスポット TOP

目次(index)

子どもの知的好奇心は身近な“学びスポット”で育む!

子どもの脳の発達の原動力となり、将来の可能性を広げてくれるのが知的好奇心。その知的好奇心を育むスポットは関西エリアにたくさんあります。脳医学者の瀧 靖之(たき やすゆき)先生、そして宇宙・動物・昆虫・アートなどの各テーマの“達人”たちと選んだ関西エリアにある “学びスポット”を紹介します。どこも、「知るのが楽しい!面白い!」と思わせてくれる、工夫にあふれた施設ばかり。コロナ禍が続くいまだからこそ輝く身近な“学びスポット”へ出かけてみませんか。

瀧 靖之(たき やすゆき)先生監修:瀧 靖之(たき やすゆき)先生
東北大学加齢医学研究所教授
医師。医学博士。東北大学加齢医学研究所および東北大学東北メディカル・メガバンク機構で脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究に従事。読影や解析をした脳MRIはこれまで16万人以上にのぼる。

知的好奇心で培われる、8つの“育つ力“

育つ力:各種

子どもの知的好奇心を刺激することで培われる力を、瀧 靖之先生が8つ選定。「洞察力」「思考力」「想像力」「発想力」「思いやり」など、施設ごとに“育つ力”を付記しました。

» 脳医学者の瀧 靖之先生に聞く!「知的好奇心」で育つ8つの力
»「国立科学博物館」は知的好奇心をくすぐる展示や学びの仕掛けが満載!

鳥羽水族館で育つ子どもの力

知的好奇心が育つと、子どものどんな力が伸びるのかをチェック! 鳥羽水族館では、とくにどんなところが子どもの好奇心をくすぐるのか見てみましょう。

育つ力:洞察力育つ力:想像力育つ力:コミュニケーション力育つ力:思いやり

佐々木さん【動物の達人】佐々木隆さん
ささきたかし●遊園地専門家。動物園・水族館も詳しく、レジャー分野全般を得意とするライター。「るるぶKids」でも多くの動物記事を執筆している。

■達人コメント

ジュゴン、ラッコ、セイウチと人気アイドルがいっぱい。しかも飼育種類数は日本一なので、さまざまな生きものを観察できます。

鳥羽水族館ってこんなところ!

/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

おすすめの遊び方&過ごし方

「アシカショー」や「セイウチふれあいタイム」などのショーやパフォーマンスの開始時刻をチェックして、時間を上手に配分しながら12のゾーンを巡りましょう。生きものたちにも、元気な時やお昼寝モードの時もあります。お目当ての生きものがいるゾーンは複数回訪れてみると、いろんな表情が見られるかもしれません。順路のない水族館なので、自由に回れるのも嬉しいポイントです。

おすすめのアクセス方法は?

車の場合は伊勢自動車道伊勢西ICから伊勢二見鳥羽ライン経由で約15㎞、20分。大きな駐車場があるので安心。公共交通機関の場合は、JR・近鉄鳥羽駅から徒歩10分。近鉄中之郷駅からなら徒歩6分です。

所要:2〜3時間
おすすめの年齢:0歳~

住所 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
電話 0599-25-2555
営業時間 9~17時、最終入館は閉館1時間前
定休日 無休
料金 2800円。中学・小学生1600円、3歳以上800円
アクセス JR・近鉄鳥羽駅から徒歩10分。近鉄中之郷駅から徒歩6分
駐車場 有料500台(1日1回800円)

<施設データ>

  • 子ども用トイレ:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • ベビーカー利用:
  • ベビーカー貸出:
  • コインロッカー:
  • 館内飲食店:
  • 館内売店:
  • 持ち込み:

「るるぶKids」の関連記事
» 世界初の水上透明チューブで水面ウォーク!|3歳とおでかけ in 鳥羽水族館①
» 伊勢志摩の海にはどんないきものがいるかな?|3歳とおでかけ in 鳥羽水族館②
» 魚のふれあいコーナーでは生きているタコが……!|3歳とおでかけ in 鳥羽水族館③
» 思ったよりずっと近づいてくる、セイウチふれあいタイム|3歳とおでかけ in 鳥羽水族館④
» 一番大興奮!3歳に刺さった鳥羽水族館のナンバーワン水槽とは?|3歳とおでかけ in 鳥羽水族館⑤
» 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)ジュゴンとアフリカマナティーを飼育する世界唯一の水族館
» 広さ・飼育種類数は日本最大規模!鳥羽水族館の見所をご紹介
» 希少!ラッコがいる日本の4つの水族館は?キュートな行動や性格、浮く理由など生態も

カラフルな熱帯魚たちが舞う「コーラルリーフ・ダイビング」

大水槽/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

エントランスホールに入ってすぐに目に飛び込んでくるのが正面の大水槽。サンゴ礁の海の中を泳ぐ色とりどりの魚やウミガメなどの生きものに出合えるゾーンです。ディズニー映画にも登場したカクレクマノミやナンヨウハギなどのカラフルでキュートな魚たちはこのエリアに暮らしています。

大水槽/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

800tもの水量をたたえる大水槽は、エントランスホールを出てメインストリート側から回り込むと、また別の角度から見ることができます。左右と上部を水槽に囲まれた空間では、まるでサンゴ礁の海を優雅にダイビングしているような不思議な感覚に。

時の流れを超えて「古代の海」

「古代の海」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

生きる化石ともいわれるオウムガイやカブトガニなどが太古の地球へと誘ってくれます。ガラス張りの床下に化石の標本が展示されているこちらのゾーンでは、何千万年も前からほとんど形を変えることなく地球上で暮らしている生きものたちに出合うことができます。

アリゲーターガー/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

「古代の海」で合えるアリゲーターガーなどのガー類は、ユーラシア大陸北部や北米、インドなどの白亜紀・第三紀の地層から化石が見つかっており、化石種と現存種が形態的に非常に似ていることがわかっています。彼らの祖先は恐竜たちとも一緒に時を過ごしていたのでしょうか?

巨大チューブの中を歩く「海獣の王国」

「海獣の王国」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

トドやアザラシなどが暮らすエリアの中を通過する透明のチューブ、その中を歩いて生きものたちを観察できるゾーンです。彼らの暮らしている場所に足を踏み入れるドキドキ感がたまらなく、チューブのすぐ向こう側に寝そべるトドを間近で見ることもできます。「海獣の王国」は、2階がこのチューブ型の観覧スペース。1階では水中を泳ぐ姿を見ることができるようになっています。

「パフォーマンススタジアム」のアシカショーは必見!

アシカショー/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

広々としたスタジアムで行われているのがアシカショー。動物と人間のコミュニケーションをテーマにしたアシカたちのショーは鳥羽水族館で見逃せないイベントです。輪くぐりや、ジャンプ、人形を鼻の上に乗せる芸など多彩な技を展開するアシカたちは時にユーモラスで、時にかっこよく、時に愛らしい姿を見せてくれます。

アシカショー/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

土・日曜、祝日などは客席が混むので、ショー開始時刻の少し前に、スタジアムに入って席を確保しておくのがおすすめです。

●アシカショー

  • 【実施】1日4回(10時~、11時30分~、13時~、15時30分~)
  • 【所要】約15分

日本の海の生きものを紹介「伊勢志摩の海・日本の海」

スナメリ/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

伊勢湾と熊野灘に暮らしている海の生きものを中心に紹介しているゾーン。ここでの注目は、その可愛らしい表情と人懐っこい性格から大人気のスナメリです。水槽の中を自由に泳ぎ回りながら、時々、目の前までやって来てカメラ目線でこちらを見たりします。スナメリは小さなクジラの仲間で、ネズミイルカ科というグループに属している哺乳類で、私たちと同じ肺呼吸している生きものです。

熱帯雨林の大河に棲む生きものを観察「ジャングルワールド」

「ジャングルワールド」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

アマゾンなどの熱帯雨林の大河に暮らす生きものや、アフリカ西海岸の大河に棲むアフリカマナティー、とぼけた表情が可愛いと人気のカピバラなどに出合えるゾーンです。

「ジャングルワールド」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

アマゾンの人喰い魚とも呼ばれるピラニア・ナッテリーもこのゾーンで見ることができます。唇の奥にカッターナイフのように鋭い歯を持ち、集団で群れをなし小動物や時には、牛や馬などを襲うこともあるといわれています。

「奇跡の森」で珍しい生きものを発見!

スナドリネコ/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

滝や吊り橋などが設置された他ゾーンとはひと味違った雰囲気のゾーンで、ワニやカエル、カメの仲間など珍しい生きものに出合える場所です。なかでも写真のスナドリネコはインドネシアやインドなどに生息しており、水かきがついた前足を使って器用に魚を捕まえることができることから、フィッシングキャットの異名を持っている生きもの。日本では滅多に見ることができない希少な動物です。

ジュゴンが暮らす「人魚の海」

ジュゴン/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

人魚伝説のモデルになったともいわれるジュゴン。日本で見ることができるのはここ鳥羽水族館だけです。現在ここで暮らす「セレナ」は2018年に飼育日数世界記録を達成。現在もその記録を更新中です。神経質で環境に慣れにくいといわれているジュゴンは国内外でも飼育例が少なく、長期飼育がとても困難と考えられており、それだけに、この世界記録には大きな価値があるといえるでしょう。

極寒の世界に生きる生きもの「極地の海」

ラッコ/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

極寒の世界に暮らす生きものたちが見られるゾーン。一番人気はその愛らしい姿から普遍的なアイドル(!?)として知られるラッコです。器用に貝を割って食べる姿やお腹を上に向けて泳ぐ姿など、長時間見ていても飽きないともっぱらの評判。ラッコは現在、野生の個体を導入することが難しく、国内で見られるのは鳥羽水族館とあと1館だけ。鳥羽水族館でジュゴンなどと並んで、絶対に見逃せないアイドルです。

イロワケイルカ/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

白と黒のツートンカラーがとってもオシャレなイロワケイルカも「極地の海」で見ることができます。広い水槽の中を猛スピードで泳ぎ回っており、目の前を何度も通り過ぎる様子を目で追っていると目が回りそうになります。

美しい日本の清流を再現「日本の川」

「日本の川」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

滝が流れ、急流を水が滑り落ちる美しい日本の清流を再現したゾーンです。アマゴなどの川魚をはじめ、アイガモなどの水鳥、イシガメやタガメなども見られるエリアです。岩場には苔がむしており、日本の和の趣ある世界で暮らす生きものたちに出合えます。

不思議な生きもの大集合!「へんな生きもの研究所」

「へんな生きもの研究所」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

少し薄暗い建屋の中に小さな水槽が並び、中をよく見ると、これまで見たこともない不思議な生きものたちが息づいているという、なんともミステリアスな世界が展開するゾーンです。世界最大のダンゴムシの仲間であるダイオウグソクムシはこのエリアで暮らしています。

ペンギンやカワウソが暮らす屋外エリア「水の回廊」

ペンギン/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

ペンギン、セイウチ、カワウソ、アザラシなどに出合える開放的な屋外ゾーン。小動物にタッチできるタッチングプールなどもあり、子どもたちにも人気のエリアです。水の回廊は写真の「ペンギン散歩」や「セイウチふれあいタイム」などの会場にもなっており、スケジュールをチェックした上でタイミングを合わせて訪れたい場所です。

カワウソ/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

可愛らしいカワウソも「水の回廊」で暮らしています。水の中を泳いだり、石の上にねそべったりしている姿を間近に見ることができます。

セイウチふれあいタイム/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

「セイウチふれあいタイム」も人気のイベントです。巨体を揺らして登場するセイウチが、目の前でさまざまなパフォーマンスをしてくれ、楽しく生態を学べます。飼育員さんとの掛け合いがユーモラスで見ていて楽しいパフォーマンスです。

●セイウチふれあいタイム

  • 【実施】1日2回(11時~、14時~)
  • 【所要】約15分

子連れにおすすめ!館内の立ち寄りスポット

鳥羽水族館には子ども連れならぜひ立ち寄りたいスポットがあります。

●レストラン「ベイサイド」

レストラン「ベイサイド」/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

鳥羽湾の絶景を眺めながら、カレーや麺類などを気軽にいただくことができるカフェテリアタイプです。

  • 【場所】9時30分~16時30分(7月20日~8月31日は9~17時)
  • 【営業時間】9時30分~16時30分(7月20日~8月31日は9~17時)
    ※メニューは時間帯によって異なります

●プラザショップ

プラザショップ/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

おみやげ探しに最適なショップは館内に2カ所。ここではジュゴンやラッコのぬいぐるみや、鳥羽水族館オリジナルのお菓子などを販売しています。館内の12のゾーンを巡りながら、タイミングを見つけてぜひ立ち寄りたいものです。

  • 【場所】2階「ジャングルワールド」隣
  • 【営業時間】水族館に準じる

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

ベビールーム/鳥羽水族館(三重県/鳥羽市)

プラザショップの横にあるベビールームには、個室の授乳室が3室、おむつ交換台が2つあり、調乳用のお湯も提供してくれます。おむつ交換台は各トイレにも設置されています。ベビーカーの貸し出しはエントランスホールで。無料ですが数に限りがあります。

鳥羽水族館はそれぞれに見せ方を工夫した展示方法で、大きな施設の中も最後まで飽きずに見て回ることができるという特徴もあります。ジュゴンのようにここでしか見ることができない生きものにも出合え、子どもたちに新しい刺激を与え、次の好奇心を駆り立てるきっかけになるはずです。

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

『るるぶKids こどもの知的好奇心がすくすく育つ学びスポット 関西』

るるぶKids こどもの知的好奇心が”すくすく”育つ学びスポット 関西

子どもたちの知的好奇心を刺激してくれる“学びスポット”全83施設をピックアップ。図鑑などでもお馴染みの「恐竜」「動物」「昆虫」「宇宙」「乗り物」、日常の延長として親子のコミュニケーションを楽しめる「アート」「絵本・アニメ」「にほんの歴史」「学べる工場」を加えた9テーマに分けて紹介しています。

監修者である脳医学者の瀧 靖之先生、そして各テーマの“達人”たちと選んだ“学びスポット”は、どこも子ども心をくすぐる工夫にあふれた施設ばかり。また巻頭には、瀧 靖之先生による「知的好奇心の伸ばし方」も収録していますよ。

子どもの成長にとって大事な知的好奇心を育てるスポットの数々。本書を参考に家族でおでかけしてみませんか。

» 詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る