※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

「熱海城」は海と街の絶景が魅力!親子で足湯や江戸時代の体験も楽しもう

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

錦ヶ浦山頂に立つ/熱海城(静岡県熱海市)

「熱海城」(静岡県熱海市)は、熱海市内から見える天守閣が目印。目の前に海が広がる優美なお城ですが、歴史を体感するだけでなく、多彩な楽しみ方ができるスポットでもあります。日本全国のお城にまつわる展示物で歴史を学ぶことができ、子どもも楽しめるアトラクションが多数あり、さらに絶景を望める足湯まで盛りだくさんです。入場料1000円で館内に入れば、無料で遊べるスポットもいっぱいあります。

目次(index)

天守閣から絶景を楽しもう!

天守閣からの眺望/熱海城(静岡県熱海市)

「熱海城」の魅力は、なんと言っても天守閣からの眺望です。地上43m、海抜160mから360度の景色が楽しめます。熱海の街以外にも目の前に広がる海の向こうには、伊豆半島や房総半島などが見られ、さらに緑豊かな箱根連山まで望めます。桜の季節には、200本余りの桜が咲き乱れ、お城周辺がピンク色に染まる様子は圧巻です。

伊豆半島を見渡しながら、足湯でリラックス

熱海の景色を眺めながらジェット足湯でリラックス/熱海城(静岡県熱海市)

「熱海城」のユニークなところは、城内にリラックススペースがあること。元気な子どもたちも一緒にちょっとひと息つける場所があるのは有難いですね。海抜120m、1階のバルコニーに広がるジェット足湯を体験してみましょう。大海原を見ながら温かいお湯で足を休められます。100円で購入できるタオルの自動販売機があるのも気がきいています。そしてもう1か所、1階館内には、歩き疲れたパパ・ママに嬉しい無料のマッサージチェアが設置されたスポットもあります。

家族みんなでチャレンジできるアトラクションが満載

江戸時代の籠に乗って記念撮影/熱海城(静岡県熱海市)

錦ヶ浦山頂に立つ「熱海城」は、桃山時代の建築方式をコンセプトに昭和34年(1959)に建築されました。6階建ての内部には、家族みんなで盛り上がれるスポットがたくさんあります。例えば4階にある「江戸のなぞ絵・遊び絵」コーナー。江戸時代の庶民の遊びを実際にやってみましょう。6問全部正解したらプレゼントももらえます。

5階の「江戸体験コーナー」は、貸出無料の衣装を着て、籠に乗ったり、畳に座ったり、肥え桶を運んでみたりと、江戸時代にタイムスリップできます。カツラまでかぶってなりきれる、家族で爆笑間違いなしのコーナーです。

別館には、目の錯覚を使った不思議なアートがいっぱいの「トリックアート迷宮館」があります。

無料で遊べる遊戯スペース

小さな子どもも遊べるキッズルーム/熱海城(静岡県熱海市)

子どもたちが大好きなゲームなどを備えた「遊戯スペース」があり、熱海城入場者は無料なのも嬉しい特典です。ボルダリングや卓球、ゲームセンターにあるようなゲーム類、ボールプールがあるキッズルームまであります。ここに最初に足を踏み入れてしまうと、子どもたちが動きたがらなくて、お城の見学がなかなかできなくなるかもしれないので要注意です。地下1階にあります。

熱海城

住所 静岡県熱海市熱海1993
電話番号 0557-81-6206
料金 入場1000円(小・中学生、4~6歳の子どもは、4月1日より料金改定)
営業時間 9~17時(入館は~16時30分)
定休日 無休
アクセス

公共交通:JR熱海駅→湯~遊バスで、バス停:熱海城前下車、徒歩すぐ

車:小田原厚木道路小田原西ICから国道135号経由50分

駐車場 あり/250台/1回500円
特徴

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る