※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

無料で動物と触れ合える!相模原麻溝公園(神奈川県相模原市)の園内を詳細紹介

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

相模原麻溝公園の園内(神奈川県/相模原市)

元気いっぱいな子どもたちと過ごす休日にぴったりの公園が神奈川県相模原市にあります。「相模原麻溝公園」は広場以外にもアスレチックやふれあい動物広場など様々なエリアがある、地元の人たちに人気の高いスポットです。1000台以上の広大な駐車場があり、入園料は無料。一日中遊べる公園の魅力をたっぷり紹介します。

目次(index)

神奈川県の外遊びスポット相模原麻溝公園について知ろう!

展望塔「グリーンタワー相模原」/相模原麻溝公園(神奈川県/相模原市)

「相模原麻溝公園」は、高さ55メートルの展望塔「グリーンタワー相模原」が公園のシンボル。季節の花が楽しめる「大花壇」や森林浴ができてオープンカフェもある「樹林広場」などといったお散歩スポットのほか、さまざまな動物たちと触れ合える「ふれあい動物広場」、体を動かして遊べる「こども広場」や「フィールドアスレチック」、夏に水遊びが楽しめる「水の広場」など、子どもはもちろん、家族みんなで楽しめるエリアがたくさんあります。

また、「芝生広場」では、週末になるとテントを持参して遊ぶ子連れファミリーで賑わいます。テントを拠点に、お弁当を持参してランチや、遊び道具を持参してのボール遊び、のんびり日向ぼっこなど思い思いの過ごし方で楽しめます。
平坦な芝生の広場なので、小さな子どもが走り回って遊んでも安心!歩きはじめたばかりの子を遊ばせるのにもおすすめです。

いろいろな動物と触れ合える!子どもが大好きふれあい動物広場

動物とふれあう様子/相模原麻溝公園(神奈川県/相模原市)

「相模原麻溝公園」内にある「ふれあい動物広場」は、「展示コーナー」「ふれあいコーナー」「ポニー乗馬場」など、動物好きな子どもたちに大人気の施設です。各コーナーで色々な体験ができるのに、なんと入園は無料!(一部有料体験あり)
「展示コーナー」では、ウシ、シカなどの大きな動物から、ミーアキャット、リスザルなどの小さな動物、クジャクやルリコンゴウインコ、キンケイなどの色とりどりの鳥たちなど、他にもたくさんの動物たちを間近で観察することができます。

「ふれあいコーナー」は、ウサギ、ヒツジ、ヤギなどの動物がいて、動物たちに餌を食べさせたり(数量限定1カップ100円)、可愛いモルモットを抱っこすることも!
触れ合う時は、しっかりルールを守って、可愛い動物たちと仲良くなりましょう。

ポニーに乗る子ども/相模原麻溝公園(神奈川県/相模原市)

「ポニー乗馬場」では、ポニーに乗ってコースを一周することができます(1回130円)。ポニーは、肩までの高さが147センチメートル以下の小さい馬のこと。大きい馬は小さな子どもだと乗れませんが、ポニーは乗っても大人の目線程度の高さです。はじめての乗馬体験にいかがでしょうか。乗れるのは原則1日1回、2歳から小学6年生までの子どもたちが対象です。

また、「ふれあい動物広場」では、先着70名までウシの搾乳体験もできます。普段の生活で、子どもたちが様々な種類の動物と接する機会は多くありません。「ふれあい動物広場」での体験を通して、動物の大切さを学ぶことができるのは、ママパパにとっても嬉しいですね。

相模原麻溝公園ふれあい動物広場

問合先 042-778-3900(ふれあい動物広場管理事務所)
住所 神奈川県相模原市南区麻溝台2317-1
営業時間 [4月~9月] 9時30分~17時
[10月~3月] 9時30分~16時
ふれあいコーナー、ポニー乗馬:
[4月~9月] 10時~11時30分/13時30分~14時30分/15時30分~16時30分
[10月~3月] 10時~11時30分/13時30分~15時30分
搾乳体験コーナー:通年15時(定員先着70名)
※ウシの健康状態により変更の可能性あり
休園日 月曜日(国民の祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月3日)
料金 入園無料
ポニー乗馬:1回130円
餌やり:1カップ100円(数量限定)

大きい子も小さい子も楽しめるアスレチックエリアも充実!

「子どもの広場」/相模原麻溝公園(神奈川県/相模原市)

「相模原麻溝公園」には、子どもたちが思いっきり遊べる「子どもの広場」「水の広場」「フィールドアスレチック」などのエリアがあります。
「子どもの広場」は、小学生未満の小さな子どもたちから楽しめるエリアで、ユニークな足の形をしているのが特徴。らせん状のすべり台などのカラフルな遊具、トランポリン、大きな砂場、小さな子ども向けの遊具も楽しそうです。

真夏の暑い時期に水遊びが楽しめる「水の広場」では、広場を取り囲む8対の動物のブロンズ像や中心の円形の噴水から水が出ます。週末になると、びしょ濡れになりながらはしゃぐ子どもたちで賑わいます。(7~8月は毎日稼働)
「水の広場」は、オムツが取れていない子どもは利用できないので、オムツはずれが完了してから楽しんでくださいね。

「フィールドアスレチック」/相模原麻溝公園(神奈川県/相模原市)

小学生以上の大きな子どもから遊べる「フィールドアスレチック」は、無料とは思えないほど本格的!
公園の豊かな緑の中に、つり橋や丸太渡り、ターザンロープなど、丸太やロープを使って作られた19基25種ものアスレチックが広がっています。

普通の遊具ではちょっと物足りなくなってきた小学生以上の大きな子どもたちも、この「フィールドアスレチック」なら、思いっきり体を動かして遊べるはず。
また、各アスレチックの説明の看板には、相模原市に伝わる巨人「でいらぼっち」の物語が書いてあり、アスレチックに挑戦していくと同時に物語が楽しめます。アスレチックと物語の全制覇を目指してもおもしろそうですね。

自然あふれる園内で親子でゆったりと森林浴も楽しめる

季節の花や自然が楽しめる/相模原麻溝公園(神奈川県/相模原市)

「相模原麻溝公園」には、季節の花や自然が楽しめるスポットがたくさん!
季節ごとに様々な花たちが見頃を迎えますが、特に外周フェンスを覆うクレマチス(4月中旬~5月中旬が見頃)と樹林広場やフィールドアスレチックの周りに植えられているアジサイ(6月初旬~下旬)が特に有名。毎年5月にはクレマチスフェアも開催され賑わいます。

センター広場のスロープには四季折々の花たちによって大きな絵や模様がデザインされた「大花壇」が広がり、公園に来る人々の目を楽しませてくれます。きれいな花たちをバックに、家族で記念撮影をしても素敵ですね!
緑に囲まれた「樹林広場」では、木漏れ日の中、清々しい緑の香りに癒されながら森林浴が楽しめます。たくさん遊んだ後には、自然を感じながら親子でゆったりとお散歩するのもとっても気持ちが良いですよ。

また、「樹林広場」内にはオープンカフェがあり、コーヒーなどのドリンク類の他、パスタやホットドッグなど、軽食メニューを味わえます。ポテト、ソフトクリームなど、子どもが大好きなメニューもあるので休憩におすすめです。

相模原麻溝公園

問合先 042-777-3451(相模原麻溝公園管理事務所)
住所 神奈川県相模原市南区麻溝台2317-1
営業時間 グリーンタワー相模原 
[4月~9月] 9時30分~16時30分
[10月~3月] 9時30分~16時
休業日 管理事務所休所日 2、5、8、11月の第4月曜日(国民の祝日の場合は翌平日)及び年末年始
アクセス JR相模線「原当麻駅」下車 徒歩約20分
小田急小田原線「相模大野駅」北口3番乗場より「女子美術大学」行き(麻溝台経由)バス 「総合体育館前」下車(約17分) 徒歩約2分
JR横浜線「相模原駅」南口2番乗場よりバス「相武台前駅」行き(北里大学病院・北里大学経由)バス 「総合体育館前」下車(約30分) 徒歩約2分
JR横浜線「古淵駅」より「女子美術大学」行き(麻溝台一丁目経由)バス「総合体育館前」下車(約16分) 徒歩約2分
「女子美術大学」行き(急行)バス 「総合体育館前」下車(約14分) 徒歩約2分
駐車場 あり(1,265台) 無料
特徴 水の広場:オムツはずれ済みの子どもから対象/フィールドアスレチック:小学生以上対象/ベビーカー利用可/オムツ交換場所あり/授乳室あり
URL

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouen_kankou/kouen_ryokuchi/1003087.html

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

注目記事

記事をもっと見る