※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

猿江恩賜公園(江東区)は複合遊具が充実した冒険広場が大人気!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

猿江恩賜公園(江東区)は複合遊具が充実した冒険広場が大人気!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
江東区住吉にある猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)は約14万5000㎡の敷地をもち、新橋大通をはさんで南園と北園に広がります。南園は日本庭園や野球場がある落ち着いた空間、北園は芝生が整備され色とりどりの花が咲く開放的な雰囲気。子どもには遊具が集まる北園の冒険広場が人気です。
都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」から徒歩2分というアクセスの良さも魅力で、家族連れから年配の方まで幅広い来園者に愛されています。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

猿江恩賜公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はう・くぐる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはしる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンとぶ/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコンまわる/公園アイコンわたる/公園アイコン

猿江恩賜公園は子どもの運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。冒険広場には難易度の高い遊具が揃っており、子どものチャレンジ精神も育ちそう。広場にある3つの複合遊具を制覇すれば6つ以上の基本動作ができちゃいます。広場で鬼ごっこをしたり、園内を散策したり多彩な楽しみ方ができます。

猿江恩賜公園ってこんなところ!

猿江恩賜公園は1924年に昭和天皇のご成婚を記念して東京市に払い下げられた南側地区が、1932年に開園したのが始まり。その後、北側地区を整備し1963年に全園開園しました。
園内には約5000本以上の高木が植えられ、季節の花が咲く美しい自然が魅力。緑鮮やかな芝生広場から情緒あふれる日本庭園まで、さまざまな表情を見せてくれます。

所要:3時間
クタクタ度:★★★
おすすめの年齢:1~12歳

住所 江東区住吉2、毛利2
料金 無料
時間 24時間
電話 03-3631-9732
定休日 無休
駐車場 なし
面積 145,088㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び(柔らかいもの):
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩4分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

猿江恩賜公園には駐車場がないので、車の場合は周辺のコインパーキングを利用しましょう。公共交通機関では都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」A3出口から徒歩2分で行けるほか、JR総武線「錦糸町駅」南口からは徒歩15分です。住吉駅から公園までは平坦な道が続き、ベビーカーでもアクセスは良好です。

おすすめの遊び方&散策プラン

遊具はほとんどが北園の冒険広場にあるので、その周辺を拠点にするのがおすすめ。走り回って遊ぶなら同じく北園の芝生広場か中央広場で遊ぶといいでしょう。夏は北園の東側にじゃぶじゃぶ池がオープンし、水遊びをする子どもたちでにぎわいます。
散策を楽しむなら南園の日本庭園に足を延ばしても◎。2つの池のまわりに木々が茂り、水鳥が泳ぐなど自然観察にも最適です。

「冒険広場」は幼児から小学生まで遊べる複合遊具が充実

「冒険広場」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

冒険広場の真ん中には滑り台やリングトンネルなどを組み合わせた複合遊具があり、これは幼児から遊べるオーソドックスなタイプ。その周りにさまざまな遊具が点在しています。なかでも2つの複合遊具は、それなりの筋力や平衡感覚が必要な高難度タイプ。一般的な遊具では物足りない子どもも楽しめます。

複合遊具

「複合遊具」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

冒険広場の中央にある複合遊具は、幼児から楽しめるスタンダードな遊具。2つの滑り台をはじめボルダリングやネット、半円ラダー、リングトンネルなどで遊べます。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンわたる/公園アイコン

複合遊具

「複合遊具」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

ツイストラダーや細いロッキング滑り台、ロープラダーなどを備えた高難度遊具。背面の傾斜にはボルダリングのグリップ、手前には小さなハンモックがあります。曲面が多くバランスをとる力が必要なので小学生向け。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンわたる/公園アイコンとぶ/公園アイコン

複合遊具

「複合遊具」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

ロープの吊り橋やラダーなどを組み合わせ、どう遊ぶかはアイデア次第。いたるところに傾斜や曲線があるので平衡感覚と筋力が求められます。小学生向け。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ブランコ

「ブランコ」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

乗馬のようにまたがって縦に揺られる個性的なブランコ。腹筋とバランス感覚をうまく使って落ちないように!

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

回遊式遊具

「回遊式遊具」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

台の上を歩くとクルクル回る平均台。傾斜がついているので、意外とバランスをとるのが難しい。台の上に座って、回し合って遊ぶ子どもの姿も。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンわたる/公園アイコンのる/公園アイコン

回遊式遊具

「回遊式遊具」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

支柱を軸にして回転する遊具。台に乗って体重移動で回すこともできますし、支柱を手にもって回りを走り、勢いがついたらぶらさがるという高度な技も!

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコン

平均台

「平均台」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

木陰にはS字型の平均台があります。真っすぐ歩くだけでなく、曲線部分でも落ちないように歩くことで平衡感覚が養われます。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンわたる/公園アイコン

自然が豊かな園内は、のんびり散策するのにぴったり

「散歩道」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

5000本以上の高木が植えられた園内は、散歩道を歩くだけで豊かな自然が感じられます。遊具で遊ばなくても、北園の芝生広場や中央広場でのんびり過ごしたり、南園の日本庭園まで足を延ばしたり、子どもの興味に合わせていろいろな過ごし方ができます。

中央広場

「中央広場」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

北園の中心部には時計台が立つ中央広場があり、芝生でゆったり過ごす人やバドミントンなどを楽しむ人の姿が。春は広場を囲むソメイヨシノが桃色に染まります。
散歩道をはさんで中央広場の反対側には半円型の芝生広場が。中央広場より大きく、こちらでも遊べます。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

健康広場

「健康広場」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

大人用の健康器具が揃う広場は、砂が敷かれ鬼ごっこにぴったり。一角にはバスケットボールのゴールが2つ並んでいます。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

日本庭園

「日本庭園」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

南園の西側には日本庭園が広がり、2つの池の周りには情緒あふれる景観が。水面を泳ぐ水鳥が見られることもあります。庭園にはゆるやかな坂や階段、橋などがあり、小さな子どもは散歩をするだけでよい運動になります。
北園から南園へ行くには新大橋通りをわたることになるので、江東公会堂前の横断歩道を利用しましょう。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコン

夏限定のじゃぶじゃぶ池は涼やかな渓流をイメージした景観が魅力

「じゃぶじゃぶ池」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

夏は北園の東側に水が流され、最上流は子どもたちが遊べるじゃぶじゃぶ池として開放されます。石材を使った渓流のような流れは約300mにわたり、じゃぶじゃぶ池より下流は見て楽しめる涼しげな景観になっています。

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

「トイレ」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

トイレは北園に3カ所、南園に3カ所あります(南園は江東公会堂内を含む)。そのうちおむつ交換台があるのは、北園の冒険広場と健康広場の近くにある2カ所。また北園のサービスセンター内に授乳室があるので、利用したいときはスタッフに声をかけましょう(8時30分~17時30分)。

まだある!猿江恩賜公園で行ってみたいスポット

猿江恩賜公園には、ほかにも歴史や自然を感じられるスポットがあります。また公園周辺の立ち寄りスポットも紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ミニ木蔵

「ミニ木蔵」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

猿江恩賜公園があるのは、かつて材木を水に浮かべて保管する貯木場だった場所。北園には貯木場を再現したミニ木蔵があり、約1600㎡の水面が広がっています。約1000個の切石が連なる護岸は、材木を貯めておくときの重しを再利用したもの。初夏には水面に浮かぶスイレンが花を咲かせます。

季節の花

「季節の花」/猿江恩賜公園(東京都/江東区)

季節ごとに咲く美しい花も見どころのひとつ。代表的なところでは、春のサクラやチューリップ、夏のバラやアジサイ、秋のキンモクセイやヒガンバナ、冬のサザンカやツバキなどが公園を彩ります。

猿江恩賜公園の遊具はほとんどが冒険広場に集まっており、ここだけでも子どもたちは楽しめそう。また、走ったり転がったりと全身運動ができる芝生の広場が充実しているのもうれしいですね。夏の人気スポット、じゃぶじゃぶ池は木陰になっているので安心です。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】


東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)