※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

芝生や遊具、生き物や植物観察など、いろいろな遊び方ができる水元公園(葛飾区)

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

芝生や遊具、生き物や植物観察など、いろいろな遊び方ができる水元公園(葛飾区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
JR金町駅からバスで約13分、葛飾区水元(みずもと)にある水元公園(みずもとこうえん)。東京23区内で最大規模の面積を誇る水郷公園で、その広さは圧巻のひと言。遊水池の小合溜(こあいだめ)に沿うように冒険広場やはなしょうぶ園など、さまざまな施設が点在しています。1、2歳は芝生の上で、3〜8歳は遊具で体を動かしたり、園内を走り回ったりと年齢に応じていろいろな楽しみ方ができます。生き物や植物の観察もできるので、小学校高学年の子どもにもおすすめ。園内の樹木について書かれた「みどりのマップ」の立て看板や解説ボードもあり、こちらもチェックしてみて。ベンチも多く、お弁当を持ってゆっくり過ごしたいスポットです。

» 運動能力ぐんぐん TOP

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

水元公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンそうさする/公園アイコンおよぐ・もぐる・うく/公園アイコンわたる/公園アイコン

水元公園は、子供の運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。芝生の中央広場で駆けっこやボール遊びができるほか、冒険広場には複合遊具やすべり台などがあり、一日たっぷり楽しめます。野鳥や昆虫を探しながら、広い園内を散策するだけでも運動になりますよ。

水元公園ってこんなところ!

川に沿うように造られた公園はどの場所からでも水景を楽しめ、四季折々の水生植物を観賞できる癒やしのスポット。水郷の景色はもちろん、メタセコイアの森やポプラ並木など、都内にいるとは思えない非日常の感覚を味わえます。春の桜、初夏のはなしょうぶ、秋は紅葉の名所としても有名です。

所要:3時間
クタクタ度:★★★★
おすすめの年齢:1~10歳

住所 東京都葛飾区水元公園
料金 無料
時間 24時間
電話 03-3607-8321(水元公園サービスセンター)
定休日 無休
駐車場 311台(最初1時間200円、以後30分ごと100円)
面積 964,000㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:徒歩10分
  • 周辺ファミレス:徒歩10分(ジョナサン)

おすすめのアクセス方法は?

車の場合、園内に併設された第1〜第3駐車場のいずれかを利用。遊具のある冒険広場や中央広場を利用する場合は、第一駐車場がおすすめです。公共交通機関の場合は、JR金町駅から京成バス大場川水門または西水元三丁目行きで約12分、バス停水元公園から徒歩7分。駅から徒歩の場合は20分ほど。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

広場や遊具で遊んだり、野鳥や昆虫を探したり、広い園内でいろいろな体験ができます。広場を利用する際はボールやフリスビー、野鳥や昆虫を観察する場合は双眼鏡や虫めがねがあると、より楽しめそうです。園内にはうどんやそばを提供する食事処「涼亭」もあり、ランチはこちらを利用しても。たっぷり遊んだ後はベンチでひと休み、水郷の景色を堪能しよう。

バラエティ豊かな遊具がそろう「冒険広場」

「冒険広場」/水元公園(東京都/葛飾区)

第一駐車場や中央広場の近くにある「冒険広場」。木々に囲まれた丘の上に草地に、カラフルな遊具が集まっています。複合遊具やターザンロープなどがあり、走り回りながら、いろんな遊具で遊べるのがうれしいところ。すべり台は小さいサイズから大きめまで4つあり、未就学児から小学生まで大満足。奥のほうにはスプリング遊具も並んでいます。遊び尽くしたら広場へ向かうもよし、夏はせせらぎ広場に行くもよし。思い思いに楽しもう!

複合遊具

「複合遊具」/水元公園(東京都/葛飾区)

うんてい、すべり台などを組み合わせて遊具は、登る・つかむ・すべるといった行動で運動能力&バランス感覚が向上。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

すべり台

「すべり台」/水元公園(東京都/葛飾区)

複合遊具のすべり台のほか、丘の上に大きめのすべり台が3台あり、存分に楽しめます。

のぼる・おりる/公園アイコン

ターザンロープ

「ターザンロープ」/水元公園(東京都/葛飾区)

子どもたちに大人気のターザンロープ。乗りたい子が多いので、順番を守って利用しよう。

ぶらさがる/公園アイコン

スプリング遊具

「スプリング遊具」/水元公園(東京都/葛飾区)

カラフルで愛らしい表情の動物や鳥が並んでいます。持ち手をしっかり握って、揺らして遊ぼう!

のる/公園アイコン

中央広場

「中央広場」/水元公園(東京都/葛飾区)

芝生が広がる大きな広場は走り回ったり、ボール遊びをしたり、思いっきり体を動かせます。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

夏は「せせらぎ広場」で水遊びを楽しもう

「せせらぎ広場」/水元公園(東京都/葛飾区)

広場を背景にした人造のせせらぎは、浅瀬なので安心。例年7月中旬〜8月下旬まで利用できます。怪我を防ぐため、サンダルや靴などを履いての利用となるので濡れてもいい靴を持っていくのがよさそうです。念のため、着替えもあるといいかもしれません。

せせらぎ広場

「せせらぎ広場」/水元公園(東京都/葛飾区)

せせらぎ広場の源流近くは木立に囲まれ、水音が心地いい。近くの水飲み場などで手足の汚れを洗ってから入ること、オムツのまま入らないことなど注意を守って利用しよう。

およぐ・もぐる・うく/公園アイコン

まだある!水元公園で行ってみたいスポット

自然あふれる水元公園では、四季折々の植物を観賞できます。その季節しか見られない風景があり、一年を通して楽しめます。

季節の花々、園を訪れる野鳥を観察しよう

「ヤマザクラ」/水元公園(東京都/葛飾区)

ヤマザクラなどの桜や約760本点在しており、満開の時期は華やかな雰囲気に包まれます。公園沿いの遊歩道(水元さくら堤)には約580本のソメイヨシノが咲き誇り、こちらも合わせて観賞するのがおすすめです。

「花しょうぶ」/水元公園(東京都/葛飾区)

葛飾区の区の花である花しょうぶ。6月上〜中旬、約100種1万4000株が見頃に。水郷の景観とともに、可憐な花々を観賞できます。

「アサザ」/水元公園(東京都/葛飾区)

水辺でもさまざまな植物が見られ、5〜10月に黄色の花が咲くアサザ(写真)、スイレン池や小合溜ではスイレンが水面を彩ります。

「メタセコイア」/水元公園(東京都/葛飾区)

メタセコイア(写真)がレンガ色に染まり、紅葉時も多くの人が訪れます。水面に映る“逆さ紅葉”も見事。ほかにもイチョウ、ポプラなどの木々が色づきます。

バードサンクチュアリにも立ち寄ろう

「野鳥」/水元公園(東京都/葛飾区)

バードウォッチングの名所として知られる水元公園。自然環境に近い水辺に観察舎があり、一年を通して野鳥を観察できます。

まず、その広さに圧倒。公園の端から端まで歩くと、大人でも20〜30分はかかると思います。園内の歩道はきれいに整備されているので、ベビーカーでも段差を気にせず通行できるのがうれしいポイント。どこまでも広がる水景は都会にいることを忘れ、大人もリフレッシュできます。ボールやフリスピー、紙飛行機やシャボン玉など、広場で遊べる遊具を持って、遊びに行ってみてください。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る