※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

もうすぐ楽しい、クリスマス♪

ミニSLが走る世田谷公園(世田谷区)は、乗り物大好きキッズ憧れの場所!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

ミニSL「ちびくろ号」/世田谷公園(東京都/世田谷区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
目黒区との区境に近い世田谷区立世田谷公園。隣接する陸上自衛隊三宿駐屯地と並んで、区内有数のサクラの名所として知られています。約79万㎡の広大な敷地にはテニスコート4面と野球場兼サッカー場、屋外プールといったスポーツ施設を完備。ファミリーにはミニSL「ちびくろ号」やカートに乗れる交通公園が人気で、こどもたちのハートをキャッチしています。最寄り駅の東急線三軒茶屋駅から少し歩きますが、足をのばす価値アリです!

» 運動能力ぐんぐん TOP

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

世田谷公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンおよぐ・もぐる・うく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンほる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

世田谷公園は子供の運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。遊具のある広場で身体を動かすだけでなく、交通公園ではカートを運転することで、楽しみながらペダルを漕ぐ運動とハンドル操作を同時に体験できます。さらに夏場は本格的なプールで水遊びもできるので、「およぐ・もぐる・うく」の動きを習得することができます。

世田谷公園ってこんなところ!

交通量の多い国道246号線にほど近い世田谷公園。1965年より東京都より移管されたのち、1974年に改修工事が完了した歴史があります。都会の喧騒を忘れさせてくる豊かな自然は地元住民の憩いの場であり、あらゆる世代が運動と休養に利用できる総合公園としての役割を担っています。東急線三軒茶屋駅から徒歩18分と、最寄り駅からは距離があるものの、休日ともなると遠方からも家族連れが訪れる人気スポットです。

所要:4時間
クタクタ度:★★★★
おすすめの年齢:1~10歳

住所 世田谷区池尻1-5-27
料金 無料
時間 24時間
電話 03-3412-7841(世田谷公園管理事務所)
定休日 無休
駐車場 有料32台(30分100円)
面積 78,952㎡

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:
  • 花火:〇(要申請)
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:△(要問合せ)
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩1分
  • 周辺ファミレス:徒歩1分

おすすめのアクセス方法は?

駐車場入り口/世田谷公園(東京都/世田谷区)

公園の駐車場は1か所。利用者が多く、特に土・日曜と屋外プール営業期間中は、午前中の早いうちに埋まってしまいます。近隣のパーキングも上手に活用したいところです。

最寄りの東急線三軒茶屋駅/世田谷公園(東京都/世田谷区)

最寄り駅は東急線三軒茶屋駅。田園都市線の改札階から地上に出るエレベーターが設置してあるので、ベビーカーでも移動がラク。渋谷方面へ国道246号線をひたすら直進し、三宿交差点を渡って右折したのち、約400mで到着です。交差点には看板が立っているので、道に迷うこともまずないでしょう。

公園前の「自衛隊中央病院入口」バス停/世田谷公園(東京都/世田谷区)

世田谷公園の目の前には「自衛隊中央病院入口」のバス停があるので、長い距離を歩けない人はバスが便利です。渋谷駅から下馬一丁目行き(渋31系統)、あるいは野沢龍雲寺行き(渋32系統)の循環バスに乗りましょう。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

広場に飾られたこいのぼり/世田谷公園(東京都/世田谷区)

世田谷公園の広場は樹木が多いので、木陰にレジャーシートを敷くのが王道。特に花見シーズンは「さくら広場」がすぐ埋まってしまいます。ファミリーはミニSLが周回する「かえで広場」に陣取るのがおすすめ。アクティブ派はあえて拠点をつくらず、交通広場や遊具広場、プレイパークを転々とするのも一案です。

公園中央の噴水広場/世田谷公園(東京都/世田谷区)

路線バスが走る三宿通りには飲食店やファミレスが点在。コンビニも徒歩1分とかからないので、お弁当や軽食の買い出しにも便利です。公園の中央にある噴水広場周辺で、気持ちよくピクニックランチを楽しんでもいいでしょう。

世田谷公園パークマップ

園内案内図/世田谷公園(東京都/世田谷区)

公園のシンボルである六角形の噴水を中心に、北側にはスポーツ施設、南側にはミニSLと遊具のある広場が配置されています。本物のD-51展示と交通広場はテニスコートの横にあります。

本物さながらのミニSL「ちびくろ号」に、親子で大興奮!

ミニSL「ちびくろ号」/世田谷公園(東京都/世田谷区)

世田谷公園を訪れるキッズの大半が目を輝かせるのが「ちびくろ号」。本物のD51の1/5スケールで、かつては石炭で動いていた正真正銘のミニSLです。区制50周年を記念し、1982年5月に開通した「ちびくろ号」は、かえで広場の外周280mを2分半かけて走ります。

「ちびくろ号」乗降車駅/世田谷公園(東京都/世田谷区)

「ちびくろ号」の乗降車のために、ノスタルジックな駅が造られています。乗る人は有人の券売所で切符を買いましょう。小学生50円、中学生以上100円という良心的な値段なので、何度でも乗りたくなります(小学生未満は無料。保護者同伴)。
運行日は毎週水・土・日曜、祝日や学校休業日、都民の日(10月1日)。特にお休みの日は混雑するので、10時の始発が狙い目です。3~11月は16時、12~2月は15時までの運行。

SL「ちびくろ号」の乗った様子/世田谷公園(東京都/世田谷区)

「ちびくろ号」乗車中は四季折々の景観を楽しめるのはもちろんですが、手を振って見送るキッズたちもよく目にします。なかには線路に沿って広場内を並走したり、橋の上に先回りして手をふったり……。「ちびくろ号」が運行しているだけで、こどもたちの運動量とテンションは一気に上がります。

乗り物LOVEなキッズは「交通公園」も外せません!

カートが運転できる「交通広場」/世田谷公園(東京都/世田谷区)

ミニSLと並んで人気なのがカートが運転できる「交通広場」。信号や道路標識が立っていて、未就学児から小学校低学年までが運転を楽しみながら、交通ルールを学べるつくりになっています。利用時間は9~17時(11~3月は~16時30分)。カートは小学校3年生まで利用OKです。

足漕ぎペダルのカート/世田谷公園(東京都/世田谷区)

カートは足でペダルを漕いで前に進むタイプ。小さなこどもはハンドル操作で精いっぱいなので、保護者が後ろから押してあげるといいでしょう。混雑時はカートの利用は1回10分間。あいていないときは、並んで順番を待ちましょう。

のる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

未就学児向けの遊具も人気です

未就学児向け遊具/世田谷公園(東京都/世田谷区)

カート遊びの合間には、遊具で遊ぶこともできます。交通広場の滑り台は低めに設定された3~6歳用。高さは1mほどなので、初めて滑り台にチャレンジする子にも安心です。その他、ブランコとリンク遊具が2台、パーゴラの下には砂場があります。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンほる/公園アイコン

「遊具広場」では、巨大太鼓はしごにチャレンジ!

「遊具広場」の巨大太鼓はしご/世田谷公園(東京都/世田谷区)

おもに児童向けの遊具が多いのは公園南側の「遊具広場」。大人向けの健康器具が点在する広場と隣接することから、朝早くから身体を動かすシニア層の姿が目立ちます。程よく木々が立ち、涼しい陰をつくってくれるので、夢中で遊ぶキッズにはうれしいポイントです。

太鼓はしご

「遊具広場」の巨大太鼓はしご/世田谷公園(東京都/世田谷区)

端から端まで優に25mはあるでしょうか、遊具広場で一番存在感のあるのがこの太鼓はしごです。一見、長いうんていのように見えますが、両端から上にのぼって四つ足動物のように上り下りして楽しむのが原則。50㎝程度の高さからスタートし、徐々に高くなっていき、半分進んだ頃には気が付くと地上からの高さが1.8mくらいになります。

太鼓はしごの注意書き/世田谷公園(東京都/世田谷区)

太鼓はしごは一般的な太鼓橋に比べて傾斜は緩やかですが、距離が長いため体力と集中力が必要です。小さなこどもは必ず保護者のサポートのもと楽しみましょう。また、上に誰もいなければ、うんていのようにぶら下がって遊ぶことも可能です。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

滑り台

遊具広場の滑り台/世田谷公園(東京都/世田谷区)

遊具広場の滑り台は、頂上から二手に分かれているタイプ。対象年齢は3~12歳ですが、階段が急で、高さもあるので、未就学児はしっかり保護者が見守りましょう。

のぼる・おりる/公園アイコン

ブランコ

遊具広場のブランコ/世田谷公園(東京都/世田谷区)

遊具広場のブランコの特長は、足を入れるバケットタイプがあること。背もたれ付きなので、ベビーを座らせてやさしく揺らしてあげることができます。足元の緩衝材もしっかりしていて安心です。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

砂場

遊具広場の砂場/世田谷公園(東京都/世田谷区)

木陰がうれしい六角形の砂場。犬の散歩の利用者が多い公園ですが、ここは柵に覆われているので、ペットが勝手に入ってくるといった心配はいりません。

ほる/公園アイコン

鉄棒

遊具広場の鉄棒/世田谷公園(東京都/世田谷区)

低鉄棒は80㎝と90㎝の2段階。さらに隣には1.8mほどの高い鉄棒があるので、小学生は飛びついてブラブラぶらさがって遊ぶだけでも、腕の力がつきそうです。

とぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコン

リンク遊具

遊具広場のリンク遊具/世田谷公園(東京都/世田谷区)

キッズが大好きな乗り物系遊具は、パンダと馬の2台。スプリングに比べて揺れがやさしいので、乳幼児から楽しめます。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

管理事務所内の授乳室/世田谷公園(東京都/世田谷区)

世田谷公園は管理事務所内に授乳室を設置しています。授乳用のいすと簡易のベビーベッドを完備しているので、利用したいときはスタッフにひと声かけて利用しましょう。

噴水広場の売店/世田谷公園(東京都/世田谷区)

噴水広場の売店には、軽食やおやつ、飲み物だけでなく、園内で遊べるグッズも販売しています。砂場グッズに柔らかいボール、バドミントンやシャボン玉など、選り取り見取り。

園内のトイレ/世田谷公園(東京都/世田谷区)

園内のトイレは洋式を完備し、清潔感があります(写真は遊具広場に近い「どんぐりトイレ」)。だれでもトイレが必ずあるので、おむつ替えの場所に困ることはありません。

まだある!世田谷公園で行ってみたいスポット

世田谷公園内にはまだまだ注目ポイントがあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

本物のD51を展示

D51形蒸気機関車272号機/世田谷公園(東京都/世田谷区)

1939年製造のD51形蒸気機関車272号機。炭水車と車掌車とともに、1973年から世田谷公園で保存されています。交通公園横でその雄姿が拝めます。

屋外プール

屋外プール/世田谷公園(東京都/世田谷区)

水深1.2mの大プールと子ども用の小プール(0.3m/0.5m)があります。営業は7月1日から9月10日までの夏季限定。入場から退場まで、2時間入れ替え制をとっています。

電話 03-3411-6519 (開場時のみ)
時間 9:00~11:00、11:30~13:30、14:00~16:00、16:30~18:30(9月は10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00)
料金 高校生以上390円、小・中学生100円、幼児無料、幼児の付き添い者50円

世田谷区立平和資料館

世田谷区立平和資料館/世田谷公園(東京都/世田谷区)

太平洋戦争の体験や記憶を後世に伝える資料館。区民が寄贈した戦時下の生活を伝える日用品などの実物資料が展示されています。館内にはだれでもトイレと授乳室があります。

電話 03-3414-1530
時間 9:00~17:00(入場は16:45まで)
定休日 火曜(祝日の場合はその翌日)

都会のオアシス的存在の世田谷公園は、地元の人々はもちろん、鉄道ファンなど幅広い層が訪れる総合公園。キッズがくたくたになるまで、ぜひ遊び尽くしてみてください。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る