※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

よみうりランド隣にあるHANA・BIYORIは新感覚のフラワーパーク!コツメカワウソにも会える

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

よみうりランド隣にあるHANA・BIYORIは新感覚のフラワーパーク!コツメカワウソにも会える

目の前に広がる美しい花々に「わぁ~きれい!」と思わず歓声をあげてしまう、新感覚のフラワーパーク「HANA・BIYORI(ハナビヨリ)」。日本最大級のフラワーシャンデリアやプロジェクションマッピングによる花とデジタルのアートショーなど、初めて体感する演出にワクワクが高まります。
花鑑賞だけではなく可愛いコツメカワウソに会えたり、植物に囲まれた新感覚カフェスペースがあったりと心癒される設備も魅力の1つ。親子で楽しめるエンターテインメント型のフラワーパーク「HANA・BIYORI」を紹介します。

関連記事
»「HANA・BIYORI」の2020年ライティングイベント「HANAあかり」が和風ですごい!(配信日:2020年11月20日)

目次(index)

見渡す限りの花景色!HANA・BIYORI館でどんな花が見られる?

HANA・BIYORIの外観(東京都/稲城市)

HANA・BIYORIは、よみうりランドの“スーパー遊園地構想”第一弾として誕生した植物園。園の中心に位置するのがHANA・BIYORI館です。

HANA・BIYORIのフラワーシャンデリア(東京都/稲城市)

入館し最初に惹きつけられるのが、日本最大級の300鉢超が咲き誇るフラワーシャンデリア(吊り花)。球根ベゴニア・クリスマスベゴニア・フクシア・インパチェンス・アイビーゼラニウム・カンパニュラ・ペチュニア・サクソルムの8種類を一年中楽しむことができます。約1,500㎡の温室内は見渡す限り花景色が広がり、特に長さ20m、高さ2mを超える壁面花壇は圧巻の美しさ。秋から冬にかけてはフォーチュンベゴニアやポインセチアの壁面花壇が見られ、季節によって新たな印象を味わえます。

HANA・BIYORI館のプロジェクションマッピング(東京都/稲城市)

明るい温室が暗くなると、HANA・BIYORI館の目玉であるプロジェクションマッピングが始まります。それまで見ていたシンボルツリーや吊り花などの花々もデジタルアートの幻想的な空間により、新たな美しさを魅せてくれます。クライマックスは、見ている参加者の感情を分析して2つあるどちらかのエンディングが映し出されるマルチエンディング。迫力ある映像と音響、今までにない新感覚の面白さを体感できる約7分間のショーに大人も子どもも魅了されます。

小さい子どもは雰囲気に少し驚くこともあるかもしれませんが、ショー中の出入りは自由ですので、ご無理ない範囲でお楽しみくださいね。上映回数は、平日は4回、土日祝日は6回となっています。※季節により回数に変動あり

HANA・BIYORIのベビールーム(東京都/稲城市)

園内のベビールームはHANA・BIYORI館(温室)の1カ所になります。授乳室、ミルク用のお湯、おむつ替え用のベッド、レンジがあり、小さな子ども連れでも安心です。

子どもと一緒に彩りの小路で散策を

HANA・BIYORIの屋外(東京都/稲城市)

HANA・BIYORI館を囲む彩りの小路は、子どもと散策するのにぴったりのスポット。四季の庭にある花壇には、15,000本もの季節の花々が咲き乱れ、今春は色とりどりのルピナスなどで生命力あふれるイメージを、夏はブルーサルビアなどで涼しげなイメージを演出していました。秋はケイトウ、キバナコスモス、ビデンスを、冬はシクラメン、パンジー、プリムラを楽しむことができます。

花壇の花々/HANA・BIYORI(東京都/稲城市)

花壇の花をよく観察してみると、色、形、背丈の特徴などさまざまな発見があり、フラワーパークの楽しみ方も広がります。「この花は何色かな?」「どっちの背が高いかな?」と子どもの好奇心を刺激するような会話を楽しむのもいいですね。また知っている花を探したり、知らない花をネームプレートで確認することで子どもの探究心も育まれます。帰宅後は、図鑑で名前の由来や花言葉を調べるとより深くその花を知ることにもつながりますよ。

「花育」という言葉があるように、実際の花を通して子どもの心が豊かになることが注目されています。「HANA・BIYORI」への訪問をきっかけに、美しさを感じる心や生命を愛でる心を親子で共有できたらいいですね。

花観賞以外の楽しみ方 可愛いコツメカワウソを見に行こう

大人気のコツメカワウソ/HANA・BIYORI(東京都/稲城市)

HANA・BIYORI館にあるかわうそびよりでは、子どもに大人気のコツメカワウソに会うことができます。森の木陰をイメージした展示室では、水にもぐったり、じゃれあったりして遊ぶコツメカワウソの可愛い姿を間近で見られ、タイミングが合えば飼育員があげる餌に飛びつく微笑ましいシーンも見ることもできます。

4匹のコツメカワウソには、はなび、ちゃちゃ、うり、ひよりという名前がついていて、顔立ちや性格もそれぞれ違うようです。小顔で美形のはなび君は、おしゃべりでおもちゃが大好きだそうですよ。

コツメカワウソ/HANA・BIYORI(東京都/稲城市)

HANA・BIYORI館内 かわうそびよりにて餌やり体験ができます。1日3回、料金は300円です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、現在実施しておりません。

カワウソのパフォーマンス/HANA・BIYORI(東京都/稲城市)

セコイアの庭ミニステージにてカワウソのパフォーマンスを見ることができます。平日1回、土日祝日2回、HANA・BIYORIに入館した方なら誰でも無料で観賞でき、飼育員から生態などの楽しい説明を聞くことができます。
※雨天時は室内にて開催
※餌やり体験やパフォーマンスはカワウソの体調により、予告なく中止する場合があります。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、現在実施しておりません。

お土産はお土産ショップ「おみやげびより」で。可愛いコツメカワウソのぬいぐるみなど、ここにしかないアイテムを購入することができます。

詳細記事:カワウソと握手ができる水族館10選!エサをあげたりふれあい体験が楽しい

新感覚カフェスペースで休憩も楽しみの一つ

日本初の植物園出店となったスターバックス/HANA・BIYORI(東京都/稲城市)

休憩には、日本初の植物園出店となったスターバックスへ。花と植物、水音に囲まれた新感覚のカフェスペースは癒しで溢れ、STARBUCKSのサイネージは本物の植栽で表現されています。館内は温室ですが空調が効き過ごしやすく、キッズ用のミルクやココア、ジュースもあるので子どもと一緒に非日常の空間を楽しむことができます。

日本初の植物園出店となったスターバックス/HANA・BIYORI(東京都/稲城市)

カウンター席前の8mの巨大水槽は、ナンヨウハギなど約50種1,200匹の色鮮やかな熱帯魚が泳ぎまわり、子どもに人気のスポット。水槽越しに見えるフラワーシャンデリアも綺麗ですよ。南側の屋内テラス席からは四季の庭を、西側の屋内テラス席からは日本庭園を眺めることができるなど、座る場所によって違う景色を楽しめるのも魅力です。

園内にはスターバックス以外飲食店はありませんが、屋外のベンチや空見の丘エリアのテーブル・イスにて持参したお弁当を食べることもできます。

スポットデータ

住所
電話
営業時間
定休日
料金
アクセス
駐車場

情報は定期的に更新をしていますが、変更になる場合があります。最新状況は現地・施設へご確認ください。

注目記事

記事をもっと見る