※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

隅田公園(墨田区、台東区)は庭園も遊具も楽しめる2つのリバーサイドパーク

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
隅田公園(すみだこうえん)は隅田川をはさんで墨田区と台東区に広がる公園です。東の墨田区側は江戸時代に水戸藩の下屋敷があった場所で、遺構を利用した美しい日本庭園は散策にぴったり。西の台東区側は隅田川越しに東京スカイツリーを見上げる眺望のよさが魅力です。2020年6月に鉄道橋梁の横に歩道橋の「すみだリバーウォーク」が開通したほか、墨田区側に話題のカフェやショップが並ぶ「東京ミズマチ」がオープンするなど話題が満載。浅草や東京スカイツリーまで歩けるので、観光と組み合わせての公園遊びもおすすめ! 

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

隅田公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンほる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

隅田公園は子供の運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。墨田区側には幼児向けの複合遊具やブランコなどがあるほか、ボールで遊べる広場も用意され9以上の基本動作がカバーできます。台東区側には幼児から小学生まで遊べる遊具が揃い、すべての遊具を制覇すると10以上の基本動作ができちゃいます。2つの公園を移動するのも運動になるので、ぜひ両方の公園で遊んでみてください。

隅田公園ってこんなところ!

隅田公園の魅力は、雰囲気の異なる2つの公園を徒歩5~6分で行き来できること。日本庭園が広がり神社が点在する墨田区側と、スカイツリーを眺めながら多様な遊具で遊べる台東区側は、同じ隅田公園でもまったく違う表情を見せてくれます。浅草まで歩いて数分にあり、公園で遊んだ後に立ち寄れるスポットが充実しているのも魅力です。

所要:3時間
クタクタ度:★★★
おすすめの年齢:1~12歳

住所 墨田区向島1・2・5、台東区花川戸1・2
料金 無料
時間 24時間
電話 03-5608-6661(墨田区役所 道路公園課)、03-5246-1111(台東区都市づくり部公園課)
定休日 無休
駐車場 20台(30分無料。以後30分100円)
面積 80,947㎡(墨田区)、107,155㎡(台東区)

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

<パークデータ>

  • ボール遊び:△(墨田区側はボール遊び用の広場あり。墨田区、台東区とも柔らかいボールは可)
  • スケボー:×
  • 花火:△(墨田区側は手持ちのみ可。台東区側は不可)
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:徒歩2分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

車の場合は墨田区側にある駐車場に停められます。開場時間は7時30分~18時30分。カーナビには「墨田区向島5-6」と入力するとスムーズに到着できます。普通車は20台までしか停められないので、満車のときは周辺のコインパーキングを利用しましょう。
公共交通機関では、墨田区側は東武スカイツリーライン・都営地下鉄浅草線・東京メトロ銀座線「浅草駅」、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」から各徒歩5分。台東区側は東武スカイツリーライン・東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩3分、都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩5分です。
お台場や浜松町などから水上バスに乗ってアクセスするのも楽しいですよ!

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

墨田区側と台東区側のどちらかで遊ぶ場合は、園内の散策も含めて2時間ほどを考えておけばOK。墨田区側の遊具は上流側の児童コーナーにあり、走り回って遊べる広場もあるのでその周辺を拠点とするのがよいでしょう。遊具で遊んだ後は、そよ風広場の芝生でのんびり過ごすのもおすすめです。
台東区側は言問橋を渡ったところに遊具広場があります。丸太を使ったアスレチック遊具は小学生でも十分に楽しめる本格派。幼児用の遊具もあるので、小さな子どもから小学生まで遊べます。

1日遊ぶ場合は、ランチを墨田区側のそよ風広場でとるスケジュールがスムーズです。墨田区側の児童コーナーで遊んだ後、園内を散策してそよ風広場でランチ。のんびり過ごした後に「すみだリバーウォーク」を渡って台東区側へというルート。または午前中に台東区側の遊具広場で遊び、「すみだリバーウォーク」で墨田区側のそよ風広場へ。ランチの後に児童コーナーの遊具や広場で遊ぶという流れがよいでしょう。

墨田区側の「児童コーナー」は幼児から楽しめるシンプルな遊具が充実

児童コーナー/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

墨田区側の遊具は釣り堀の隣に広がる児童コーナーにあります。鬼ごっこやかけっこにぴったりな広場があり、その奥に遊具が点在。さらに先にはボール遊びができる広場も備わっています。小さい複合遊具やブランコ、砂場など幼児向け遊具がメインなので、小学生は広場で走り回ったり、ボールで遊んだりしています。

複合遊具

複合遊具/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

大小の滑り台をデッキやネットでつないでいだコンビネーション遊具。滑り台は小さいので幼児向け。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ブランコ

ブランコ/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

2連のブランコと幼児用のバケットブランコが隣合わせに。2連のブランコは、座部の高さは同じですがチェーンの長さが異なる珍しい造りです。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

スプリング遊具

スプリング遊具/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

バネの弾力で前後左右に揺れるシンプルな遊具。モチーフは新旧の乗り物を代表する馬とバイク!

のる/公園アイコン

砂場

フェンスに囲まれた小さめの砂場。砂場ぎりぎりにフェンスがあるので、親も砂場内に入ることになります。外で待つ場合はベンチを利用。

ほる/公園アイコン

ロープクライム

ロープクライム/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

階段の横にあるのは、小さな山をロープで上る幼児用の遊具。つるつると滑るので幼児にとっては意外と難しい。

のぼる・おりる/公園アイコン

ボール遊び広場

ボール遊び広場/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

キャッチボールやサッカーのパス練習など硬いボールを使って遊べる、都内では貴重な広場。

そうさする/公園アイコン

台東区側の「遊具広場」の本格的なアスレチックに大興奮

遊具広場/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

台東区側の遊具は、墨田区と台東区を結ぶ言問橋を渡ってすぐの広場にあります。アスレチック遊具がある広場と、そのほかの遊具が集まる広場の2カ所。丸太を使ったアスレチックは広場をぐるりと一周するように連なり、小学校低学年くらいにちょうどよいレベル。
隣の広場にはクジラモチーフのかわいい滑り台をはじめ、滑り台や鉄棒などのオーソドックスな遊具が揃っています。隅田川の向こうに東京スカイツリーがそびえ立つ眺望のよさも魅力的!
上流側へ行くと開放感のある山谷堀広場があるので、走り回って遊ぶならそこまで足を延ばしてもよいでしょう。

アスレチック遊具

アスレチック遊具/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

丸太を使った平均台やラダーなどが連なり、丸太を伝って一周できます。やや難易度が高いので、幼児はママ、パパがサポートしてあげて。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンわたる/公園アイコン

滑り台

滑り台/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

クジラの形をした滑り台は公園のシンボル。幅が広いので親子で一緒に滑っても◎。ただし足でスピードをコントロールできないので注意!

のぼる・おりる/公園アイコン

複合遊具

複合遊具/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

小さな滑り台と幅の狭いうんていを組み合わせた複合遊具。ボルダリングで上れます。船をモチーフにしたメルヘンチックなデザイン。

のぼる・おりる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

鉄棒

鉄棒/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

大きい鉄棒は大人サイズなので、幼児~小学校低学年は小さい2つの鉄棒を使いましょう。親も一緒に逆上がり!

ぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコン

ブランコ

ブランコ/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

4連のブランコはすべて同じ長さ。散歩道側を向くと、天高く東京スカイツリーが伸びる爽快な眺めを楽しめます。隣には幼児用のバケットブランコも。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

ロッキング遊具

ロッキング遊具/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

前後に揺れるロッキング遊具はヒゲクジラがモチーフ。3人が一緒に乗れるロングバージョンのほか、ひとり乗りもあります。

のる/公園アイコン

砂場

砂場/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

柔らかな曲線を描く砂場はフェンスに囲まれて安心。日差しが強い夏は木陰で遊べるのがうれしい。

ほる/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

園内トイレ/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

トイレは墨田区側に3カ所、台東区側に4カ所あります。墨田区側はそよ風広場と釣り堀近くの道路沿い、児童エリアにトイレがあり、そよ風広場と釣り堀近くのトイレにはおむつ交換台が備わっています。特にそよ風広場のトイレは、男性用にもおむつ交換台があります。

案内所/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

台東区側は公園案内所、管理事務所、山谷堀広場、野球場近くにトイレがあります。公園案内所と管理事務所、山谷堀広場のトイレにはおむつ交換台が備わり、公園案内所には授乳室もあります。

お腹がすいたら、墨田区側にはそよ風広場の前にレストランやカフェが並ぶ「東京ミズマチ」があるので、そこで休憩するのもよさそう。台東区側は隅田川を望む堤防にカフェが2軒あるほか、飲食店が集まる浅草の繁華街へも徒歩数分です。

まだある!隅田公園で行ってみたいスポット

隅田公園には、ほかにも立ち寄りたいスポットがあります。遊具を楽しんだ後の散策にぴったりなスポットが多いので、ぜひチェックしてみてください!

日本庭園

日本庭園/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

墨田区側の日本庭園は水戸藩の下屋敷、小梅邸の遺構を活用したもの。池を中心に木々が茂る優美なたたずまいを見せています。

そよ風広場(芝生広場)

そよ風広場(芝生広場)/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

2020年3月にリニューアルした約3000㎡の芝生の広場。墨田区側の南に広がり、晴れた日はのんびり過ごす人の姿も多い広場です。

釣り堀

釣り堀/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

墨田区側にある、ひょうたん型の釣り堀。ヘラブナを狙う釣り人が集まります。道具(釣り竿は3m以内、釣り針は返しのないすれ針)と餌は自分で用意しますが1回30円と格安。

  • 住所:墨田区向島2-1-1
  • 電話:03-3625-5495
  • 時間:10~12時、13~15時、15時30分~17時30分(10~3月は9~11時、12~14時、14時30分~16時30分)
  • 定休日:無休(12月29日~1月3日は休み)
  • 料金:30円

スカイツリービュー

スカイツリービュー/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

台東区側の公園からは、隅田川越しにそびえ立つ東京スカイツリーが見られます。リバーサイドには展望スポットも用意されています。

すみだリバーウォーク

すみだリバーウォーク/隅田公園(東京都/墨田区、台東区)

2020年6月にオープンした、墨田区と台東区を結ぶ隅田川橋梁沿いの歩道橋。橋梁を走る東武スカイツリーラインの車両を見ながら歩けると鉄道ファンに大人気!

  • 時間:7~22時
  • 定休日:無休

墨田区と台東区に広がる隅田公園は、どちらかで集中して遊んでもいいし、2カ所を巡ってみるのも楽しい、多彩な遊び方ができる公園。隅田川を走る水上バスを眺めたり、電車を見ながらすみだリバーウォークを歩いたり、乗り物好きのキッズにもおすすめ♪
公園遊びに浅草や東京スカイツリーなどの観光スポットを組み合わせられるのもうれしいですね。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る