※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

錦糸公園(墨田区)は年齢別の2つの複合遊具と噴水のある芝生広場のある都会のオアシス

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

錦糸公園(墨田区)は年齢別の2つの複合遊具と噴水のある芝生広場のある都会のオアシス

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
東京メトロ錦糸町駅の4出口を出るとすぐ目の前に広がるのが、錦糸公園。周りには複合商業施設やタワーマンションが立ち並び、若いファミリーで常時賑わっている開放感のある公園です。園内は、主に遊具などがある「ふれあい広場」「ちびっこ広場」と、噴水を囲んで芝生が広がる「水と緑と花の広場」のエリアに分かれています。公園内には、墨田区総合体育館、テニスコート、野球場もあり、園の周囲はランニングコースとなっています。広さは5万㎡超えと、広大すぎずも十分に多様な遊びを楽しむことができます。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

錦糸公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンそうさする/公園アイコンほる/公園アイコン

さまざまな運動能力を養う複合遊具は3〜6歳向けと6〜12歳向けの2つがあり、ブランコは普通のものと幼児用のかご型の2種類。広いスペースの砂場もあります。プールやじゃぶじゃぶ池はありませんが、それ以外の運動能力においては、幅広い年齢の子どもがそれぞれにあった遊び方で、体の各箇所を駆使することができます。

錦糸公園ってこんなところ!

関東大震災の復興事業の一環として、1928年に開園した墨田区立の公園。その後も整備が進み、体育館や噴水などが作られました。2006年には、錦糸町の再開発により、公園のすぐそばに商業施設「オリナス」がオープン。2011年には公園全体の再整備に併せて、錦糸公園のメインの遊具ともいえる複合遊具もリニューアル。2012年には完成したスカイツリーの姿を見ることもでき……と、常に進化をし続けている公園です。

所要:2時間
クタクタ度:★★★
おすすめの年齢:1~10歳

住所 墨田区錦糸4-15-1
料金 無料
時間 24時間
電話 03-5608-6661(墨田区役所 道路公園課)
定休日 無休
駐車場 なし
面積 5万6124㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び(柔らかいもののみ可):
  • スケボー:
  • 花火(手持ちのみ可):
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:徒歩2分
  • 周辺ファミレス:徒歩2分

おすすめのアクセス方法は?

駐車場はないため、車で来る場合は近隣のコインパーキングを利用。公共交通機関を利用する場合の最寄り駅は、錦糸町駅です。東京メトロの錦糸町駅からは4出口の階段を登るとすぐ。JR総武線の錦糸町駅からは、歩いて3分ほどで到着します。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

3歳くらいまでの小さな子ども連れであれば、「ちびっこ広場」へ。中心にある複合遊具は近隣の園児も訪れていて、子どもたちでいつも賑わっています。人が多すぎて遊べない……という場合でも、周辺にはブランコやちょっとした遊具や砂場などもあり、パパママと子どもが一緒にゆっくり遊ぶにはもってこい。6歳以上なら、「ふれあい広場」の複合遊具は必須! シンボルでもある白いロケットタワーに登れば、スカイツリーにまるで近づけたような感覚を味わうことができちゃうかも。たっぷりと遊具で遊んだら、お次は噴水を囲む「水と緑と花の広場」へ。自然と触れ合ったり、柔らかいボールを使ったボール遊びやかけっこをしたり……と、緑いっぱいの中、自由に遊ぶことができます。春には桜も楽しめますよ。

錦糸公園パークマップ

たくさん体を動かせる「ふれあい広場」

「ふれあい広場」のメイン遊具は、なんといっても複合遊具。まず目に入ってくる白いロケットタワーと真っ赤なぐるぐる滑り台は、いつも子どもたちでいっぱいの、大人気の遊具です。スカイツリーを見ながら、のぼったり、はったり、くぐったり、ぶらさがったり……と、多くの運動能力を養うことができます。

複合遊具のまわりには、「わき腹のばし」「ふみ台わたり」「ぶらさがり」「お腹ひねり」などの、高齢者も使える健康遊具がちらほら。もし誰も使っていなかったら、利用ルールを守って子どもの遊び場としても活用しちゃいましょう!

ロケットタワー

複合タワーのシンボルとしてひと際目立つ、真っ白のロケット遊具。てっぺんまで登ると、スカイツリーに手が届くかのよう!

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのる/公園アイコン

ぐるぐる滑り台

白いロケット遊具から降りてくるのは、こちらの真っ赤なぐるぐる滑り台で。ひゅーっと滑って、また登って……。エンドレスリピート確定!

のる/公園アイコン

網トンネル

ロケットタワーへ登る階段へと続く、網状のトンネル。タワーへはいろいろな方法で登って楽しめるのが、この複合遊具の楽しいところ!

はう・くぐる/公園アイコン

ボルダリング

複合遊具の壁にはプチボルダリングも。そこまで高さがないので、安心して楽しめます。簡単そうに見えますが、意外と難易度高い!

のぼる・おりる/公園アイコン

渡り橋

子ども一人でもやっと通れるような細い橋も。両手にはしっかりと柵があるので、安心してバランス感覚を養うことができます。この橋もタワーへと繋がっていますよ。

わたる/公園アイコン

渡り橋2

少し幅の広い橋もあります。木の踏み台を渡りながら進んでいく、などとルールを設けて遊んでもおもしろい!

わたる/公園アイコン

ジャングルジム

複合遊具だけでなく、まわりにも遊具が点在しています。こちらはユニークな形のジャングルジム。登るだけでなく、ぶらさがり運動もできますよ。

のぼる・おりる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ふみ台わたり

高齢者も使える健康遊具もちらほらと見られます。こちらは高さの違うステップを渡ることで、足腰の運動になる遊具。手すりを利用しつつバランスをとりながら進んでいこう!

わたる/公園アイコン

ブランコ

ブランコは4つあるので、順番がまわってくるのがスムーズ! 3歳以下の小さな子には、低年齢向けエリア「ちびっこ広場」にある、かご型ブランコが安全でおすすめです。

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

3〜6歳が安心して遊べる「ちびっこ広場」

「ふれあい広場」の奥には、3〜6歳向けの複合遊具があります。複合遊具が年齢別に2つ設定されているから大きな子とぶつかる心配もなく、小さな子を安心して遊ばせることができて、ママにとってはうれしい限り! 周りにはかご型ブランコや砂場、その他の遊具など、小さな子が安心して遊べる遊具が点在しています。

低年齢向け複合遊具

「ちびっこ広場」に位置する複合遊具。滑り台は小さいながらもぐるっと湾曲しており、側面にはパネル遊びなど小さな子が喜べる工夫がたくさん。見通しがいいため子どもを見失うことなく、パパママも安心して見守ることができます。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのる/公園アイコン

バネ遊具

こちらは、低年齢向け複合遊具の近くにあるバネの遊具。上に乗って鉄棒を掴みながらぴょんぴょんとジャンプして遊びます。

のる/公園アイコン

かご型ブランコ

3歳くらいまでの子どもでも、安心してブランコ遊びをさせられるのがこちらのかご型ブランコ。小さな子を持つママにとっては、このブランコがあるのってとても高ポイントですよね!

のる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

砂場

柵で囲まれているので、安心して遊ぶことができる砂場。とにかく広いのがうれしい!

ほる/公園アイコン

奥にはおうち型のキッチンが。砂を使いながらのごっこ遊びで、子どもは大満足。想像力を育むのにももってこいです。

ほる/公園アイコン

噴水を囲んだ芝生が気持ちいい「水と緑と花の広場」

噴水池を囲む緑豊かなオアシス「水と緑と花の広場」。大人子ども問わず、近隣住民の憩いの場となっています。芝生を囲んでいるのは、ソメイヨシノやシダレザクラなどの桜の木。春はお花見スポットとして賑わいます。見頃の時期には桜まつりも開催されるそうですよ。

芝生広場

自由に遊べる周辺の芝生広場。柔らかいボールで遊んだり、思いきりかけっこしたり。柔らかい芝生なので、安心して自然と戯れることができます。

はしる/公園アイコンほる/公園アイコン

噴水池

中心にある噴水池。中には入れませんが、子どもを水に触れさせたりする楽しみ方も。噴水に入ることはできませんが、7月から9月には周囲からミストが放出され、噴水池の周りで水遊びを楽しめます。

駅方面にトイレがあるので帰り際にも立ち寄れる

駅から出てすぐ、公園入口に公衆トイレがあります。電車で訪れた場合は、公園で遊ぶ前と公園で遊んだ後に立ち寄りやすい場所にあるのがうれしい!

おむつ替えのベビーシートが備え付けられた、だれでもトイレ。男女共用で1室のみの設置となります。

まだある!錦糸公園で行ってみたいスポット

そのほか、錦糸公園内には墨田区総合体育館、テニスコート、野球場があります(施設により事前登録は必要)。墨田区民でなくとも使用料を支払い利用することができます。

体を本格的に動かしたいのなら、墨田区総合体育館へ

墨田区総合体育館は地上5階建て。大空間のアリーナや武道場、屋内プールやトレーニングルーム、フットサルなどが楽しめる屋上エリアまで、いろいろなスポーツを体験することができます。

東京メトロの駅から直結と、超好アクセス。複合遊具で遊びつつ、芝生広場でのんびりもでき、電車を乗り継いで訪れる価値のある公園です。再開発の進んでいる錦糸町駅には商業施設もたくさんあるので、公園遊びを楽しんだ後はパパママのショッピングを楽しむこともできそうですよ。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

【2021年7月26日発売!】
東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して101件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)