※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

道の駅福良(淡路島)は、うずしおクルーズが人気!グルメ、お土産、足湯もおすすめ

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

道の駅福良のシンボル「うずしおドームなないろ館」
道の駅福良のシンボル「うずしおドームなないろ館」

お土産を買ったり、食事をしたり、さまざまな楽しみ方ができると人気の道の駅。兵庫県・南あわじ市にある「道の駅福良」は、さらに、世界一の大きさを誇る渦潮を船に乗って見ることができる「うずしおクルーズ」を目当てに訪れる家族も多いスポットです。もちろん、地元グルメにお土産、足湯まで堪能できてお楽しみがいっぱい。そんな道の駅福良での子どもとのおすすめの過ごし方を紹介しましょう。

» 淡路島の道の駅

道の駅あわじ道の駅東浦ターミナルパーク / 道の駅福良 / 道の駅うずしお

目次(index)

淡路島の渦潮観光の拠点にぴったり

道の駅福良(兵庫県南あわじ市)

道の駅福良があるのは、淡路島の南西にある福良湾の奥・福良港。駐車場を囲むように、観光案内所やお土産売り場などがある「うずしおドームなないろ館」、淡路島の伝統芸能・淡路人形浄瑠璃を楽しめる「淡路人形座」、産直市場の「福良マルシェ」、無料の足湯施設「うずのゆ」があります。駐車場内には、道の駅福良と淡路島バーガーで知られている「道の駅うずしお」・うずしお科学館がある「うずの丘大鳴門橋記念館」を結ぶ福良周遊無料シャトルバス乗り場があり、あちこちを巡るのにとっても便利。また、高速バス乗り場も徒歩3分ほどの場所にあります。

道の駅うずしおとうずの丘大鳴門橋記念館の記事
» 渦潮が見える!道の駅うずしおのグルメ・お土産は?ハンバーガーと淡路島玉ねぎに注目

地元グルメが楽しめる福良マルシェ

淡路島の美味しい物を扱うお店が並ぶ

なないろ館のすぐ隣には、淡路島の美味しい物を扱う5つのお店があります。

道の駅福良 には、美味しい食べ物を扱うお店がたくさんあります。なないろ館2Fの「レストランなないろ」では、眼下に広がる福良港を眺めながら食事が楽しめ、なないろ館横に並ぶ5つのお店 (山武水産・福栄商店・三沢商店・天羽商店・とりき)では、ご飯に鮮魚、季節の野菜から干物まで並び、前を歩くだけでもワクワクします。また、ここから北方向へ徒歩5分ほどのところには、カフェなどがあるコンテナ型フードモール「CAP」も。

旅先では、どれを食べようか迷うのも楽しいもの。ここでは、福良マルシェで手に入る、手軽に食べやすい淡路島グルメをご紹介します。

ICE-UP(アイスアップ) 380円~
(淡路島氷菓 キャンディーショップ ICE-UP)

ICE-UP(アイスアップ)

2020年8月にオープンした淡路島初のアイスキャンディー専門店「ICE-UP」のアイスキャンディー。フレーバーは10種類で、淡路島の旬の食材を使うから何があるかはその日のお楽しみ。甘さ控えめで軽やかな後味は、子どもから大人まで大人気です。食べ終わったら棒はすぐに捨てないで!棒に“ICE-UP”と刻印があれば、好みのICE-UPと交換していただけます。

黒米おはぎ 350円(2個入)
(ミレットマルシェソラ)

黒米おはぎ

「黒米おはぎ」は、テレビ番組でも取り上げられたこともある話題のおはぎです。外側が黒いのは、もち米に古代米の黒米が入っているから。黒米にはアントシアニン(ポリフェノールの一種)が含まれているので、アンチエイジング効果があると言われています。その上、中の粒あんは、量も甘さも控えめで、ママには嬉しい和スイーツです。お好みで、付属のきなこをかけていただきましょう。

しまっこぷりん 324円
(和洋御菓子司 栄堂)

しまっこぷりん

淡路島の新鮮な卵と牛乳で作られた「しまっこぷりん」。子どもの体に安心安全でおいしいものを、と作られたプリンです。器は、子どもの手のひらにもしっくりなじみやすい、丸みのあるボトルです。すぐに食べられるようにと、スプーンもセットされています。

アイラブネ 200円
(マルハ物産)
ギュッとみかん500円
(アグリエーゼット農家の店しんしんAW)

アイラブネとギュッとみかん

「アイラブネ」は、淡路島のご当地サイダー。子どもも飲みやすい、微炭酸でさっぱりした味わいです。ラベルのかわいいイラストは、国生み神話のイザナギ・イザナミがモチーフとなっていて、飲むと幸せになれるかも、と人気に。「ギュッとみかん」は、淡路島で採れたみかん果汁100%のストレートジュース。添加物が一切入っていない安心のジュースは、みかんをそのまま飲んでいるかのような贅沢なドリンクです。

おいしそうな「鯛めし」

おいしそうな「鯛めし」もお手軽価格で提供

福良マルシェでは、他にもすぐに食べられるように配慮された、お刺身やご飯類などが多数用意されています。

福良マルシェ

■福良マルシェ

場所 兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話 0799-52-1244
時間 9時30分~17時
休み 無休
URL

https://www.uzu-shio.com/fukuramarche/

お土産はうずしおショップMARINEもチェック!

先にご紹介した「福良マルシェ」では、新鮮な山海の幸をはじめ、地元淡路島名産商品がズラリと並びます。また、うずしおドームなないろ館1Fにある「うずしおショップMARINE」でもさまざまなお土産が盛りだくさん。これら2カ所で手に入れることができる商品をご紹介しましょう。

淡路島ばぁむ 260円~
(福良マルシェ)

淡路島ばぁむ

「淡路島ばぁむ」は、淡路島の鶏卵や牛乳を使った、しっとりやわらかな創作バウムクーヘンです。ふんわりした食感に“はんぶんこサイズ”が、子どもたちのおやつにピッタリ。プレーン以外は、キュートなデコレーションで、つい迷ってしまいます。プレゼントする人の顔を思い浮かべて選んでね。

手づくりラムネ菓子 290円~
(福良マルシェ)

手づくりラムネ菓子

コロンとかわいい「手づくりラムネ菓子」は、淡路島で採れるいちごやレモン、みかんを使ったラムネ菓子です。口に含んだ時のシュワッとした感じもやわらかく、酸味や甘味も絶妙な加減で、誰もが好きになる味です。パッケージもかわいく常温保存できるので、持ち帰るのにも安心です。

あわじしま海の金平糖 360円~
(福良マルシェ)

あわじしま海の金平糖

「あわじしま海の金平糖」は、ほんのり塩味がおいしい金平糖です。甘味と塩味が絶妙なバランスの金平糖は、お酒のおつまみにも。海をイメージした青色や白色の金平糖は、アイスクリームやゼリーなどスイーツのトッピングにもおすすめです。

抗菌香 2200円
(うずしおショップMARINE)

線香の生産量が日本一の淡路島の抗菌香

(写真右下の皿は付属していません)

線香の生産量が日本一の淡路島。線香の種類も多種多様です。「抗菌香」は、焚くだけでお部屋のカビや菌類を防ぐ効果があり、さらにレモングラスやペパーミントの爽やかな香りが広がります。香マットもセットされているので、箱を開けたらすぐに使えます。

咸臨丸ペーパークラフト 1800円
(うずしおショップMARINE)

咸臨丸ペーパークラフト

うずしおクルーズ2代目咸臨丸(かんりんまる)のペーパークラフト。出来上がりサイズは、全長約30cm、全高17.5cm(展示台含)です。実際に乗船した船がリアルに再現されるので、帰ってからも楽しかった思い出が続きます。家族みんなで力を合わせて作ってくださいね。

うずしおショップMARINEでは、人気の玉ねぎスープをはじめ渦潮をイメージしたお土産が多数そろっています。うずしおクルーズの前後に立ち寄りやすいのも嬉しいポイントです。

うずしおショップMARINE

■うずしおショップMARINE

場所 うずしおドームなないろ館1F
電話 0799-52-0054
時間 9~17時
休み 無休

うずしおドームなないろ館には、授乳室や展望台も

うずしおドームなないろ館1Fには、大きめのおむつ替えベッドを備えた授乳室があるので、赤ちゃん連れも安心して利用できます。
また、4Fにある福良湾を一望できる展望台からは、タイミングが合えば、うずしおクルーズの船を上から眺めることができます。これから乗る船、さっきまで乗っていた船の大きさにワクワクするかもしれませんよ。

アクセスは神戸から高速バス1本で便利!

【電車・バスを利用】
JR三宮駅→(徒歩5分)→淡路交通・神姫バスターミナル→(福良行高速バス乗車約90分)→福良バスターミナルから徒歩約3分
・三宮から乗車する淡路交通福良行高速バスは、1時間に1~2便(6時台から21時台)

【車利用】
神戸方面から
神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから県道31号経由約8km(約15分)
徳島方面から
神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから県道25号経由約6.5km(約10分)
無料駐車場:乗用車49台 ※土・日曜、祝日は係員の指示に従ってください
カーナビ設定電話番号:0799-52-2336

雨OKのうずしおクルーズ。料金や予約は?

潮流の変化による自然現象の渦潮。淡路島と徳島県の境・鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を、船の上から間近で見ることが出来るのが「うずしおクルーズ」です。渦潮が発生するポイントのすぐ近くを通るので迫力満点です。

左)咸臨丸、右)日本丸/うずしおクルーズ

左)咸臨丸、右)日本丸/うずしおクルーズ

現在運行中の船は、「日本丸」と「咸臨丸」です。咸臨丸は、二代目で2021年3月に就航しました。当日予約も可能ですが、希望する船を選んでWEB予約をしておくとスムーズに乗船ができます。
料金:大人(中学生以上)2500円、子ども(小学生)1000円(安全上の理由から子どもだけの乗船不可)、幼児(小学生未満)は大人1名につき1名無料(大人の人数を超えた場合は子ども料金要)

赤ちゃんや子連れに嬉しい設備が満載の咸臨丸

大鳴門橋をくぐる咸臨丸/うずしおクルーズ

大鳴門橋をくぐる咸臨丸

クルーズ時間は約60分。渦潮ポイントまでデッキで景色を眺めるのも気持ちが良いものです。しかし、季節や天候によっては船内で過ごしたいことも。咸臨丸のセカンドデッキ(第二甲板)には、ファミリーにうれしい充実した設備が満載です。 また、青い海や空に映える白い船体の日本丸は、咸臨丸のような最新の設備は搭載していませんが、その優美な姿は幅広い年代に人気です。

あわじスカイビュー

咸臨丸のあわじスカイビュー/うずしおクルーズ

鳥の目線で淡路島の名所を空中散歩する「あわじスカイビュー」。壁と床が一体となったスクリーンには、360度ドローンで撮影したものが映し出されます。通常では見ることがない空からの映像に子どもも大人もくぎ付けに。

デジタルアクアリウム

咸臨丸のデジタルアクアリウム/うずしおクルーズ

船の中に水族館が出現です。実物大のシルエットで泳ぐ魚がいるのは、大型のタッチスクリーンの中。泳ぐ魚をタッチすると、その魚の情報が現れる仕組みです。好奇心いっぱいの子どもたちには、楽しい時間が流れます。

うずしおチャンネル

咸臨丸のうずしおチャンネル/うずしおクルーズ

デジタルサイネージで、咸臨丸の歴史や渦潮の仕組みなどが学べます。また、周辺の観光施設の紹介もあるので、見落としている淡路島の情報を見つけてチェックするのに役立ちます。

キッズコーナー&授乳室

咸臨丸の授乳室/うずしおクルーズ

授乳室

咸臨丸のキッズコーナー/うずしおクルーズ

キッズコーナー

授乳室も用意されており、隣には、小さな子どもたちが自由に遊べるキッズルームもあります。
また、セカンドデッキの上・アッパーデッキ(上甲板)の第一客室後方にある多目的トイレ内には、オムツ交換台が設置されているので、赤ちゃんや小さな子ども連れも安心して乗船できます。

咸臨丸フロアマップ/うずしおクルーズ

咸臨丸フロアマップ

咸臨丸への乗降は、「フロアマップ」中央のアッパーデッキとなります。こちらのマップを参考に、それぞれの場所をチェックしてくださいね。
渦潮が見えるポイントに近づいたら館内アナウンスが流れるので、どの施設も時間を気にすることなく利用できます。

うずしおクルーズ

渦潮は、雨天に影響されることなく現れます。雨の日も出航するので、ポケットレインコートなどの雨具を準備しておくことをお勧めします。また、船酔いしやすい方は、酔い止め薬を準備しておきましょう。

■うずしおクルーズ

乗船受付 うずしおドームなないろ館1F
乗船手続 混み合うことがあるため、平日は30分前まで、休日は40~50分前までを目途に、時間に余裕を持ってお越しください
料金 大人(中学生以上)2500円、子ども(小学生)1000円(安全上の理由から子どもだけの乗船不可)、幼児(小学生未満)は大人1名につき1名無料(大人の人数を超えた場合は子ども料金要)
電話 0799-52-0054
時間 9~17時 ※出航時間等は公式サイトをご確認ください
休み 無休
URL

https://www.uzu-shio.com/

無料の足湯は100%天然温泉

渦潮を模した「うず潮足浴」

渦潮を模した「うず潮足浴」

足湯「うずのゆ」は、うずしおドームなないろ館の左隣にあります。無料で誰でも利用できる天然温泉は訪れる人の足を癒してくれます。

「たこ壺足浴」

子ども向きで一人ずつ利用する「たこ壺足浴」

足湯の種類は、「うず潮足浴」、「たこ壺足浴」、向かい合わせで利用できる「対面足浴」、向かいに人がいない「片面足浴」、手浴も一緒に楽しめる「手浴」の5種類です。美人の湯ともいわれているこの温泉は、特に手湯で実感できます。ほんのわずかな時間、手をお湯につけるだけで、しっとりすべすべに。

足湯前の像は約120年前のたこ漁の様子

足湯の手前にある像は、約120年前のたこ漁の様子

こちらの足湯は、タイツなどをはいている場合は用意された脱衣所で脱ぐことが出来ます。脱ぐのが面倒な場合は、販売されている「足湯ビニール」(1セット100円)を利用しましょう。厚手のビニールでタイツや靴下をカバーし、そのまま足湯に入って温まることができるのです。
足湯の全体を覆っている屋根の大きさは、直径が約20mあり、渦潮最大時の直径と同じです。渦潮の大きさを感じながら、のんびり足湯につかりたいですね。
※現在、渦潮最大の直径は、ドローンで正確に測ることにより、約30mと言われています。

■南淡路温泉郷 足湯・うずのゆ

場所 うずしおドームなないろ館 隣
料金 無料
時間 10~17時
休み 1月・8月を除く毎月第2木曜(祝日の場合は翌日)
うずしおドームなないろ館正面入り口

うずしおドームなないろ館正面入り口

「道の駅福良」の各施設は、それぞれの出入口や施設内のあちらこちらにアルコール消毒液を設置し、換気を徹底するというコロナ対策を実施しています。

渦潮観光の淡路島の玄関口という顔も持つ「道の駅福良」を目的に、旅行計画を立ててみてはいかがでしょう。クルーズ船に乗り、周辺のお店や施設をのんびり巡り、足湯につかりゆったりとした1日を過ごしてくださいね。

■道の駅福良

住所 兵庫県南あわじ市福良甲1528-4
問合先 0799-52-2336(淡路島観光協会南あわじ観光案内所/9~17時、火曜休み)
時間 施設により異なる
休み 施設により異なる
URL

https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/shoukou/hukura.html

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。