※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

淡路島の道の駅まとめ!おすすめグルメ&お土産は海鮮丼に玉ねぎスープなど

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

道の駅うずしおに並ぶ玉ねぎスープ
道の駅うずしおに並ぶ玉ねぎスープ

兵庫県の淡路島では観光・グルメ・お土産がギュッと詰まっている4つの道の駅が大人気!神戸から続く明石海峡大橋の絶景が楽しめる「道の駅あわじ」から、鳴門海峡の渦潮が間近に見える「道の駅うずしお」まで、それぞれの特徴をレポートします。生しらす丼や海鮮丼、ご当地ハンバーガーなどのグルメや、バラエティ豊かな玉ねぎ製品のお土産などおすすめ情報が満載。神戸から高速バスを使ったアクセスも便利で、周辺施設に足を延ばすことができる無料シャトルバスがある道の駅も!

目次(index)

道の駅あわじ(兵庫県/淡路市)

みちのえきあわじ

明石海峡大橋を一望!生しらす丼などグルメパラダイス

道の駅あわじ・松帆アンカレイジパークと明石海峡大橋(兵庫県/淡路市)

淡路島と神戸市を結ぶ世界一長いつり橋・明石海峡大橋を見渡せる「道の駅あわじ」。橋の巨大なケーブルをつなぎとめる淡路島側の巨大なアンカレイジも間近で見ることができます。ほかにも、松帆アンカレイジパークには面白い写真が撮れると話題の自動販売機も!南欧風の建物が目を引く道の駅には「生しらす」や「淡路牛バーガー」など地元グルメがそろい、「いかなごくぎ煮」をはじめとするオリジナルのお土産は約70アイテム!

» この道の駅の取材記事はこちら

生しらす丼 900円(4月中旬~11月下旬の期間限定)
(えびす丸)

生しらす丼(えびす丸)/道の駅あわじ(兵庫県/淡路市)

淡路島で捕れる生しらすは、兵庫県プライドフィッシュに認定されており、漁師さんが選んだ自慢の魚です。生しらすは、道の駅あわじのすぐ近く・岩屋港で水揚げ後急速冷凍され、島内各地69店に届けられます。そのうちの一つが、おさかな共和国「えびす丸」。ベテラン職人の目利きと抜群の鮮度の淡路島しらすがのった「生しらす丼」は、食べた誰をも笑顔にしてしまいます。

THE 海鮮丼 1000円(11月下旬~4月中旬)
(えびす丸)

THE 海鮮丼(えびす丸)/道の駅あわじ(兵庫県/淡路市)

すぐそばの岩屋漁港で水揚げされた魚介を使った海鮮丼は、ここで味わう価値ある一杯。春になると生しらす丼と交代するメニューです。寒い季節のお楽しみ丼もぜひ味わってみてくださいね。

■えびす丸

時間 土・日曜 祝日9時~17時30分、平日9時30分~17時30分(3~11月)、~17時(12~2月)
休み 無休

たまねぎポン酢 580円

たまねぎポン酢/道の駅あわじ(兵庫県/淡路市)

すりおろした玉ねぎが、「これでもか」というくらいたっぷり入った「たまねぎポン酢」は、玉ねぎの旨みがしっかりと感じられる濃厚なポン酢です。地元の方にも人気があり、鍋料理以外では焼肉のタレとして使うのだそう。肉と一緒に玉ねぎも食べれば、なんだか体にも良さそうな気がします。

» 取材記事でもっと見る

道の駅東浦ターミナルパーク(兵庫県/淡路市)

みちのえきひがしうらたーみなるぱーく

名物・たこ姿焼きと吹き戻しをチェック!

道の駅東浦ターミナルパーク(淡路島)

淡路島北部の東海岸沿いにある「道の駅東浦ターミナルパーク」。島内のバスや、神戸方面からの高速バスが発着する東浦バスターミナルを囲むようにさまざまな施設があります。名物は、香ばしい匂いがあたり一面に漂わせて大きな鉄板でタコを1匹丸ごと焼き上げる「たこ姿焼き」。ほかにも、種類豊富な「吹き戻し」は軽くてかさばらないのでお土産にもぴったりです。

» この道の駅の取材記事はこちら

たこ姿焼き 1280円
(やま髙)

たこ姿焼き(やま髙)/道の駅東浦ターミナルパーク(淡路島)

土・日曜は、行列ができる大人気の「たこ姿焼き」は、地元・淡路島で捕れたタコを1匹丸ごと姿焼きにしたものです。出来上がりの大きさに驚かされますが、サクサクの衣をまとった身は驚くほどやわらかくて口にすると思わず笑顔に。子どもから大人まで幅広く好まれる味は、秘伝のタレのチカラもありますが、一番は淡路島で捕れるタコそのものの美味しさ。
焼きあがったらスタッフさんが、食べやすい大きさに切ってテイクアウト用の器に盛ってくれます。もちろん、姿のまんま食べるのもOKなので、形状の好みを伝えてくださいね。
やわらかくてジューシーでちょっぴりスパイシーなたこ姿焼きは、一度食べるとヤミツキになるおいしさ。出来立て熱々を家族で食べれば、大きな1匹もあっという間になくなってしまいます。

たこちくわ 230円(1本)
じゃこ天 120円(1枚)
(やま髙)

たこちくわ、じゃこ天(やま髙)/道の駅東浦ターミナルパーク(淡路島)

気軽につまめるたこぶつ入りの「たこちくわ」や「じゃこ天」もあります。新鮮なたこや魚を使ったできたての味は、普段食べる物とはひと味もふた味も違うはず。お店の前に用意されたテーブルやベンチでいただくのもよし、すぐそばの海岸や公園でいただくのもよし、好みの場所で味わいましょう。

■やま髙

場所 東浦物産館1F
電話 0799-74-2707
時間 9~18時

淡路サイダー 250円
(フローラルアイランド)

淡路サイダー(フローラルアイランド)/道の駅東浦ターミナルパーク(淡路島)

笑っているように見える猫のラベルが愛らしい「昔なつかし淡路サイダー」は、こちらと淡路市立猫美術館のみでしか買えないレアものです。淡路島のご当地サイダーは、イラストの猫のように「にゃんともいえにゃい」ほどおいしい、さっぱりした味わいです。

■フローラルアイランド

場所 農産物直売所
電話 0799-75-2387
時間 9~18時

» 取材記事でもっと見る

道の駅福良(兵庫県/南あわじ市)

みちのえきふくら

福良マルシェやうずしおクルーズが人気!

うずしおクルーズ/道の駅福良(兵庫県/南あわじ市)

淡路島の南西にある福良湾の奥・福良港にある「道の駅福良」。観光案内所やお土産売り場などがある「うずしおドームなないろ館」をはじめ、産直市場の「福良マルシェ」、無料の足湯施設「うずのゆ」などがあります。淡路島と徳島県の境・鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を、船の上から間近で見ることが出来る人気の「うずしおクルーズ」は迫力満点です。

» この道の駅の取材記事はこちら

ICE-UP(アイスアップ) 380円~
(淡路島氷菓 キャンディーショップ ICE-UP)

ICE-UP(アイスアップ)

2020年8月にオープンした淡路島初のアイスキャンディー専門店「ICE-UP」のアイスキャンディー。フレーバーは10種類で、淡路島の旬の食材を使うから何があるかはその日のお楽しみ。甘さ控えめで軽やかな後味は、子どもから大人まで大人気です。食べ終わったら棒はすぐに捨てないで!棒に“ICE-UP”と刻印があれば、好みのICE-UPと交換していただけます。

黒米おはぎ 350円(2個入)
(ミレットマルシェソラ)

黒米おはぎ

「黒米おはぎ」は、テレビ番組でも取り上げられたこともある話題のおはぎです。外側が黒いのは、もち米に古代米の黒米が入っているから。黒米にはアントシアニン(ポリフェノールの一種)が含まれているので、アンチエイジング効果があると言われています。その上、中の粒あんは、量も甘さも控えめで、ママには嬉しい和スイーツです。お好みで、付属のきなこをかけていただきましょう。

■福良マルシェ

場所 兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話 0799-52-1244
時間 9時30分~17時
休み 無休
URL

https://www.uzu-shio.com/fukuramarche/

淡路島ばぁむ 260円~
(福良マルシェ)

淡路島ばぁむ

「淡路島ばぁむ」は、淡路島の鶏卵や牛乳を使った、しっとりやわらかな創作バウムクーヘンです。ふんわりした食感に“はんぶんこサイズ”が、子どもたちのおやつにピッタリ。プレーン以外は、キュートなデコレーションで、つい迷ってしまいます。プレゼントする人の顔を思い浮かべて選んでね。

■うずしおショップMARINE

場所 うずしおドームなないろ館1F
電話 0799-52-0054
時間 9~17時
休み 無休

» 取材記事でもっと見る

道の駅うずしお(兵庫県/南あわじ市)

みちのえきうずしお

世界一の大きさを誇る渦潮は迫力満点!

うずしおレストラン/道の駅うずしお(兵庫県/南あわじ市)

徳島県と兵庫県の境目・鳴門海峡に現れる世界一の渦潮を間近で見ることができる「道の駅うずしお」。双眼鏡がある展望台のほか、レストランから見えることもあります。全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位を獲得したバーガーや淡路島特産の玉ねぎ・しらすを使用したお土産もいっぱい。

» この道の駅の取材記事はこちら

あわじ島オニオンビーフバーガー 660円
(あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店)

「あわじ島オニオンビーフバーガー」は、日本最大のご当地バーガーの祭典「とっとりバーガーフェスタ」で2013年にグランプリを獲得した味わい深いハンバーガー。1年間で15万個も販売するという人気バーガーの主役は、淡路島産のとろりと甘い厚さ約8ミリの玉ねぎカツと、甘じょっぱく味付けされた淡路牛です。バンズに挟まれるほかの具材は、オニオンスライス、オニオンチップ、オニオンフォンデュ、そして淡路産トマトで作られた玉ねぎ入りの濃厚なトマトソース。さらにシャキッとしたレタスが加わって、さまざまな食感も楽しめる欲張りなバーガーです。

■あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

場所 「道の駅施設」入口の右隣
電話 0799-52-1157
時間 平日9時30分~16時30分(LO)、土・日曜9時~16時30分(LO)
休み 木曜 ※祝日は営業

白い海鮮丼 2420円
(うずしおレストラン)

海鮮丼と聞くと、赤身の鮪や海老が乗ったカラフルな丼を思い浮かべる方が多いのでは?こちらの海鮮丼は、白身魚だけの見た目が爽やかな「白い海鮮丼」です。淡路島は、渦潮ができる強い流れと豊富なプランクトンを餌にする白身のおいしい魚が豊富なのです。

ネタは6種類。真鯛・鰆・太刀魚と季節の魚が3種類。まずは特製ゴマ醤油をかけて丼で、次に自慢の鯛味噌をトッピングしてお茶漬けで、味わいが変わり最後まで美味しくいただけます。
お肉好きには、松坂牛や神戸牛のルーツ「淡路牛」の希少な4つの部位を味わえる「赤い炙肉丼」(2970円)をぜひ。

■うずしおレストラン

場所 「道の駅施設」内
電話 0799-52-1157
時間 食事/10~15時(LO)、カフェ/9~15時(LO)
休み 木曜 ※祝日は営業

玉ねぎスープ各種 540円~

店内にズラリと並んだ玉ねぎスープも道の駅うずしお限定商品です。どれにしようか迷った時は、試飲をしたりスタッフに声をかけてアドバイスをいただきましょう。粉末タイプが多い中、「あめたま」(5袋入648円)は飴色になるまでじっくりと淡路産玉ねぎを炒めて作られた液体タイプ。アレンジ次第で、時間がかかるオニオングラタンスープもあっという間にでき上がりです。

» 取材記事でもっと見る

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

淡路島で子ども連れにおすすめの記事

人気レジャースポットの取材レポート

» ニジゲンノモリ(アスレチック、アトラクションなど)
» 淡路ワールドパークONOKORO(恐竜、アトラクションなど)
» ウェルネスパーク五色(バーベキュー、遊具、収穫体験など)
» 淡路ファームパーク イングランドの丘(コアラ館やアトラクションなど)

道の駅やSA・PAにも注目

<淡路島のおすすめ道の駅>
道の駅あわじ道の駅東浦ターミナルパーク道の駅福良道の駅うずしお

<神戸淡路鳴門道のSA・PA>
淡路SA 上り 下り
淡路島南PA 上り 下り

2歳とおでかけ in 1泊2日淡路島【レポ漫画】

淡路島地図「兵庫県立公園あわじ花さじき」で絶景の花畑より気になったもの / お風呂もご飯もすごかった!「ホテルニューアワジ」で極楽体験 / インスタ映え抜群!?玉ねぎだらけの「大鳴門橋記念館」 / 「ニジゲンノモリ」は小さな子どもが楽しめる無料の遊び場もいっぱい