※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

殿入中央公園(八王子市)の、全長105メートルのながーいローラースライダーに大興奮!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

殿入中央公園(八王子市)の、全長105メートルのながーいローラースライダーに大興奮!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
殿入中央公園は、八王子市の山の斜面につくられた緑豊かな公園です。こちらで人気なのは、山腹に設けられた大型の遊具で、なかでも目玉は全長105mの長さを誇るながーいローラースライダー! これを目当てに多くのファミリーが訪れます。山の麓には幼児向けの遊具も備えた「子ども広場」があり、2つの遊具エリアを遊歩道が結んでいます。山頂まで行くと「芝生広場」と「テニスコート」もあり、自然あふれる山を上り下りしながらわんぱくに遊べます。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

殿入中央公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

殿入中央公園は山をそのまま公園として活用しているので、敷地内の移動には上り下りを伴います。結構傾斜があるので、自ずとかなりの運動量に。特に大人気のローラースライダーは、入口まで急な階段を上らなければならず、足腰の強化に効果抜群。そのほかにも、ネットツリーや吊り橋、複合遊具など、全身を使って遊べる遊具がそろっていて、たくさんの基本動作ができちゃいます。芝生広場では走ったり、ボール遊びもすることができ、さらに動きを追加可能。山の中を動き回って、公園を遊び尽くしましょう。

山の中のアドベンチャー感ある遊具にワクワク!

殿入中央公園は、高尾山にも近い八王子市ののどかな場所にあります。周囲には畑や山が多く、静かで自然豊かな環境です。雑木林の山を整備し、昭和64(1989)年に八王子市立の公園として開園。今でも43,428㎡ある敷地の大半を雑木林が占めています。そんな木々が茂る山の中に、ローラースライダーに吊り橋、ネットツリーと、アドベンチャー感のある遊具を備え、子どもの心をキャッチしています。

所要:3時間
クタクタ度:★★★★
おすすめの年齢:3~12歳

住所 八王子市館町2428
料金 無料(一部有料)
時間 24時間
電話 042-662-8034
定休日 無休
駐車場 10台(8時15分~17時15分)
面積 43,428㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:
  • 花火:
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:
  • 周辺ファミレス:

おすすめのアクセス方法は?

車利用の場合、駐車場は公園入り口の左手にあり、無料で利用できます。ただし、駐車スペースは10台分と限られているため、休日には満車になることも多いです。近隣にコインパーキングがない場所なので、早く行ってスペースを確保しましょう。開場時間は8時15分~17時15分。雨天時等、1時間前に閉まることもあります。
公共交通機関の場合は、高尾駅南口から京王バス「館ヶ丘団地行き」に8分ほど乗り、バス停頴明館高校前で下車。バス停から公園までは徒歩約15分です。バス通りから横道に入って公園まではひたすら下り坂。帰りは遊び疲れた足で坂道を上らなければいけないので、少々覚悟を。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

山の中というシチュエーションも楽しい殿入中央公園。お弁当を持ってのんびりピクニックも満喫したいところ。まずは絶対に素通りできない、ローラースライダーやネットツリーなどの遊具が並ぶ、山腹の遊具エリアで遊びましょう。休憩やお弁当を広げるのは、山頂の芝生広場で。もちろんここでも、のびのび体が動かせます。ひとしきり芝生で楽しんだら、遊歩道を下って麓の「子ども広場」へ。複合遊具などで遊び、それでも遊び足りない元気な子どもはもう1ラウンド、ローラースライダーへGo!

ドキドキ!ダイナミックなローラースライダー

入り口から少し上るとドーンと現れるのが、殿入中央公園名物のローラースライダー。山の上から木々の間を縫うようにレーンが伸びていて、その姿は迫力満点です。全長は105mとながーい距離を滑れることで大人気! 下からだとスタート地点が見えないので、「どこまで続いてるんだろう?」とワクワクがつのります。

スライダーを滑るには、まずゴール地点付近に用意されている専用のマットをゲットして。これがないとお尻が痛くなるので必ず使ってくださいね。持ち込みの段ボールは使用不可です。

スタート地点までは急な階段を上らなければいけません。お楽しみ前のこの行程が足腰の鍛錬に。繰り返し滑れば、かなりの運動になりますよ。
スタート地点は地面から高さがあり、座ってみると空中に飛び出していくようなドキドキ感があります。

直線あり、急カーブあり、傾斜にも緩急があり、変化に富んだ滑りを満喫しながら一気に山を滑り下ります。スピード感も申し分なく、スリルと爽快感がやみつきに。何度でも滑りたくなること間違いなしの楽しさです!

ローラースライダー

スピード感があり、木々の間を滑り下りるスリルがたまりません。急なカーブは大迫力。

のぼる・おりる/公園アイコンのる/公園アイコン

子どもの冒険心をくすぐる大型遊具

ローラースライダーと山頂の「芝生広場」の間には、山の中というシチュエーションにぴったりな、子どもの冒険心をかき立てる巨大ネットツリーや吊り橋があります。

ネットツリーは約5mもの高さがあり、その大きさとユニークな形状に目が奪われます。ツリーの内側に入り、“枝”に張られたネットをつたって上る遊具で、てっぺんにたどり着くにはちょっと勇気も必要。一番上まで行けたら、ネットをハンモック代わりにくつろいでもいいですね。

吊り橋は、渡る部分が太いロープ1本です。歩くとユラユラゆれますが、高さはないので探検隊気分でチャレンジ!

ネットツリー

両手・両足を使ってよじ上ったり、ネットを這ったり、全身を使って遊べます。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

吊り橋

ゆれるロープの上を渡るため、バランス力が養われます。アドベンチャー感が楽しい!

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンわたる/公園アイコン

幼児向け遊具もある「子ども広場」

山の麓にある「子ども広場」には、複合遊具やブランコ、幼児用滑り台、スプリング遊具があります。山の中の大型遊具で遊ぶのはまだ難しい子どもも楽しめますよ。遊歩道を通って大型遊具があるエリアと行き来できます。

複合遊具は滑り台、うんてい、上り棒、はしご、橋から成り、うんていは輪っかにぶら下がる形になっていたり、はしごはカーブしていたりと、それぞれのパーツにひねりがあります。さまざまな動作ができるようになっているので、自由に楽しみましょう。

トンネル滑り台

傾斜が大きく、クルンと急カーブしているので出口が見えないドキドキ感があります。

のぼる・おりる/公園アイコン

うんてい

小さめの輪っかを手でキャッチしながら進まなければいけないので、通常のうんていより難易度高。

とぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

はしご

手と足を使ってカーブを上り下り。ぶら下がったりして遊ぶこともできます。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ブランコ

オーソドックスな4連タイプのブランコがあります。定番遊具もやっぱりみんな大好きですよね。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

幼児用滑り台

回転する〇×パネルが付いたかわいいトンネル滑り台。滑り台デビューにもってこい。

のぼる・おりる/公園アイコン

スプリング遊具

バランスを取りながら上下にゆらして遊びます。コアラのほかにパンダも。

のる/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

トイレは園内1カ所、「子ども広場」の脇にあります。だれでもトイレも備わっており、おむつ替え台もあります。トイレの前に自動販売機が設置されているので、トイレ休憩ついでに水分補給も。山頂の芝生広場や大型遊具のエリアからは距離があるので、「間に合わない!」ということにならないよう、ご注意ください。

自動販売機は「芝生広場」の奥にある管理事務所にも設置されています。周囲にお店がない場所なので、基本的に必要なものはしっかり持参を。

まだある!殿入中央公園のおすすめスポット

ユニークな遊具が人気の殿入中央公園ですが、楽しみはそれだけではありません。芝生広場や雑木林の遊歩道なども、自然に触れ合いながら体を動かせる公園の魅力です。

山頂の「芝生広場」が気持ちいい

吊り橋から少し上った山頂に広がるのどかな広場。鬼ごっこなどして体を動かすのはもちろん、のんびりピクニックもおすすめ。春には桜に彩られ、お花見スポットになります。

雑木林を散策して森林浴

「さえずりの道」、「かたらいの道」、「こもれびの道」、「なかよしの道」と名付けられた4コースの遊歩道が設けられていて、園内の雑木林を散策することができます。鳥のさえずりを聞きながら山道を歩き、森林浴しましょう。

殿入中央公園では、ローラースライダーをはじめとしたダイナミックな遊具と山というシチュエーションの相乗効果で非日常感が楽しめます。山の中で遊びまわる経験が、子どもを一段とたくましくしてくれそうです。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

【2021年7月26日発売!】
東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して101件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る