※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

気軽にハイキングが楽しめる浅間山公園(府中市)で自然を体感しよう!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

気軽にハイキングが楽しめる浅間山公園(府中市)で自然を体感しよう!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
府中市にある浅間山公園は、「ハイキングしに行こう!」という表現がぴったりな公園です。公園のメインとなるのは、3つの頂をもつ「浅間山」。最高地点は標高約80mで、軽い山登りが楽しめるんです。数多くの野草が自生し、体を動かしながら四季折々の自然を体感できるのも魅力。地元の人の健康維持の場としても愛されています。山の麓には遊具が設置された広場が4カ所設けられていて、ハイキング&遊具遊びが満喫できます。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

浅間山公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ハイキングを楽しみながら、遊具で遊べる浅間山公園。アップダウンのある浅間山の山道は、階段あり、木道ありと変化に富み、景色を楽しみながら足腰が鍛えられちゃいます。遊具の広場には複合遊具やブランコなどもそろっているので、ハイキング後に遊ぶのもおすすめ。運動能力を伸ばすのはもちろん、自然との触れ合いが子どもの心も育んでくれます。

浅間山の貴重な自然に触れ合い、遊具でも遊べる

浅間山とその周囲に設けられた4つの遊具広場から成る浅間山公園。雑木林に覆われた浅間山には堂山、中山、前山という3つの頂があります。かつては宅地にする計画もあったといいますが、浅間山の自然を守りたいという多くの声が集まり、都立の公園として昭和45(1970)年に開放されました。山道は複数のルートが整備されており、子どもと1~2時間散策するのにちょうどよい広さ。ここだけに自生するムサシノキスゲをはじめ、季節の野草や野鳥を見ることができ、その自然豊かな景観を楽しみに遠方から訪れる人も少なくありません。

所要:2時間
クタクタ度:★★★
おすすめの年齢:3~12歳

住所 府中市浅間町4丁目、若松町5丁目
料金 無料
時間 24時間
電話 042-361-6861(武蔵野公園サービスセンター)
定休日 無休
駐車場 なし
面積 87,786㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:〇(児童公園)
  • スケボー:
  • 花火:
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:徒歩1分
  • 周辺ファミレス:

おすすめのアクセス方法は?

公共交通機関の場合、電車の駅からは距離があるため、バスでのアクセスがおすすめです。JR武蔵小金井駅から京王バス「東府中行き」または京王線東府中駅から京王バス「武蔵小金井行き」に乗り、バス停浅間山公園で下車すると公園はすぐそこです。バスの所要時間は武蔵小金井駅から約14分、東府中駅からは約5分。バス停から徒歩1分ほどのところにコンビニもあります。
車利用の場合は、浅間山公園に駐車場はないので、バス停のある新小金井街道沿いなどの近隣のパーキングを利用しましょう。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

公園に着いたら、何はともあれ、まずは浅間山公園のメインとなる浅間山ハイキングを満喫しましょう。一番高い堂山からでも、大人の足なら10分あれば下まで降りられるくらいの規模なので、ルート選びを子どもに任せて自由に歩いてみては。ところどころにベンチとテーブルが設置されているので、森林浴しながらお弁当もぜひここで。山を下りたら麓の「児童公園」へ行き、残っている体力を使って遊具で遊びましょう。トイレは園内1カ所しかないので注意を。また、公園内には自動販売機もないので、飲み物など忘れずに!

自然が五感を刺激する、浅間山ハイキングへ出発!

浅間山に踏み出すと、そこは木々が茂り、野鳥の声が聞こえる別世界。すぐそばをバスや車が走っているなんて嘘のように感じます。堂山、中山、前山の3つの山頂を結ぶ散策ルートが複数あり、「富士見百景」、「浅間神社」、「人見四郎の墓跡」といった立ち寄りポイントもあります。

山道はゆるやかなアップダウン。少し傾斜が急な階段などもありますが、おしゃべりを楽しみながら歩ける程度。道の両側にはロープを張った杭が設置され、公園の貴重な自然が保全されています。珍しい鳥や昆虫などに出会えることもあるので、目や耳を働かせながら歩きましょう!

浅間山は標高約80mと小高い丘程度の山ですが、景色もなかなかのもの。バス停近くの入り口から前山山頂へと向かう尾根道にある「富士見百景」は富士山を眺められるスポットです。空気が澄んだ冬の晴れた日には、ここから見事な富士山を拝むことができます。

最も高い堂山の山頂には「浅間神社」のお社があります。「頂上まで行ってお参りしよう!」と目標をつくると、子どもが一層張り切って歩けそうですね。

そして、やはり目を楽しませてくれるのは四季折々の草花たち。花や昆虫を観察しながら、あっちこっちに、自由に散策してみてください。踏みしめる土の感触や緑のにおい、鳥のさえずりなど、豊かな自然が五感を刺激し、心と体の栄養になるはずです。

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコン

4つの遊具広場を巡ってもっと体を動かそう

ハイキングを満喫した後は、遊具でさらに体を動かしましょう!遊具で遊べる広場は、浅間山の麓に4つあります。それぞれに設置されている遊具の数は1~3種類なので、余力があれば4カ所巡ってみては。
どこか1カ所にしぼるなら、「浅間神社」から長い石段を下りて徒歩数分のところにある、「飛地」と呼ばれる「児童公園」がおすすめです。ちょっとしたボール遊びなどもできる広さで、滑り台、ネット渡り、うんていなどから成るカラフルな複合遊具があり、これひとつでいろいろな遊び方ができます。

複合遊具は高さが異なる2つの滑り台のレーンを備えており、ゆるやかな赤いレーンも傾斜が大きい緑のレーンと同等の長さが確保されているのが幼児さんにはうれしいところ。難易度が高い、リングにぶら下がるタイプのうんていなども一体化していて、子どもの成長に応じて楽しめます。

「児童公園(飛地)」には、低年齢の子ども向け遊具が並ぶコーナーも。ごっこ遊びに使えそうな、出入口と窓が開いた壁のようなものやボールを左右に動かす遊具など、よちよち歩きの子どもも楽しく遊べるラインナップです。

浅間山の北側中央辺りには、もうひとつの「児童公園」が。ここにはシンプルなブランコがひとつ。木々が茂り、気持ちのいい場所です。園内にひとつしかないトイレはこのすぐ上にあります。

浅間山の北側には、さらに「浅間山北遊園地」「浅間山児童遊園」という隣り合った2つの広場もあります。この2カ所をあわせてスプリング遊具、ブランコ、滑り台で遊ぶことができます。バス停の近くなので、帰る前のひと遊びにもってこい。

複合遊具

滑り台には階段のほかに、ボルダリングと上り棒でも上ることができます。年齢に合わせた楽しみ方を。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ロープ渡り

2つの滑り台の間にはネットの橋が。網目が大きいので踏み外さないように渡れるかな?

わたる/公園アイコン

上り棒

どこに手足をかければ上手に上ったり下りたりできるか、考える力も養われます。

のぼる・おりる/公園アイコン

うんてい

ハの字になったリングを掴んで進むには、かなり腕の力が必要。小学校上級生向け。

とぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ボルダリング

小さい子どもでも上りきれる高さなので、年齢を問わず挑戦しやすいです。

のぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

幼児用滑り台

小さな山を這って上ったり、滑ったりする遊具。手足を使い、全身運動になります。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコン

ブランコ

昔ながらの2連のブランコは2カ所にあります。緑のなか、頬に風を感じて気持ちいい!

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

浅間山公園だけに咲く、ムサシノキスゲにも注目

野草に野鳥、昆虫など多種多様な動植物が観察できる浅間山公園。なかでも世界で唯一、ここだけに自生するという希少なススキノキ科の植物が「ムサシノキスゲ」です。東京都の絶滅危惧種に選定されており、地元の市民団体などにより保全されています。見頃は5月初旬~中旬。例年この時期には、約1万5000株の黄色い花で浅間山が彩られます。とっても貴重な花景色、ぜひチェックしてみてください!

都心からもそれほど離れていない府中市にありながら、自然に親しみ、気軽にハイキングが楽しめる浅間山公園。いつもの公園遊びとは一味違う体験が、子どもの心まですくすく育ててくれそうです。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

【2021年7月26日発売!】
東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して101件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る