※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

楽しみ方は無限大!広大な野川公園(三鷹市)を遊び尽くそう

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

楽しみ方は無限大!広大な野川公園(三鷹市)を遊び尽くそう

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
三鷹市、調布市、小金井市の三市にまたがる野川公園は、園内を湧水の川である野川が流れる自然あふれる公園です。広大な敷地は都道246号線(東八道路)を挟んで大きく2つのエリアに分かれています。南側には、広々した大芝生や複合遊具・アスレチックなど多彩な遊具を備えた広場のほか、バーベキュー広場、テニスコートが。自然豊かな野川沿いの北側には、小川で水遊びできるスポットや、植物や昆虫を観察しながら散策できる「自然観察園」などもあり、お楽しみがいっぱい。子どもの好奇心のおもむくままに、1日たっぷり楽しめます

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

野川公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンそうさする/公園アイコン

広い園内を移動するだけでも運動になる野川公園は、自然と触れ合い、のびのび体を動かせる要素が満載。人気の複合遊具やアスレチックコースの制覇にチャレンジすれば、それだけでもたくさんの基本動作を行うことができます。さらに、広―い芝生を駆け回ったり、転がったりすることで、ほとんどの動きをカバー。この公園ならではの楽しみである、川での水遊びや川辺の散策なども、知らず知らずにさまざまな動作を含んだ運動になりますよ。探検気分であちこち歩き回って、思う存分遊びましょう。

野川公園ってこんなところ!

野川公園は、約403,182㎡の広さを誇る豊かな自然に恵まれた公園です。開園は昭和55(1980)年。公園になる前は、国際基督教大学のゴルフ場でした。どこまでも広がるかのような芝生には、レジャーシートを敷いて楽しむファミリーの姿がたくさん。名前の通り、公園の北側を国分寺崖線から湧き出る水を集めた「野川」が横断して流れ、天然の湧き水で水遊びできる貴重なスポットでもあります。

所要:4時間
クタクタ度:★★★★★
おすすめの年齢:3~12歳

住所 三鷹市大沢6-4-1
料金 無料(一部有料)
時間 24時間
電話 0422-31-6457
定休日 無休
駐車場 有料233台
面積 403,182㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び(危険でないもの):
  • スケボー:
  • 花火:
  • ペット:
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:
  • 園内飲食店:
  • 周辺コンビニ:徒歩3分
  • 周辺ファミレス:

おすすめのアクセス方法は?

駐車場は1カ所、公園の正門近くにあります。キャパシティは233台。近くに売店があり、ゴムボールやシャボン玉、フード、ドリンクなどが調達できます。

公共交通機関の場合、最寄り駅は西武線新小金井駅または多磨駅です。所要時間はどちらからでも徒歩15分ほど。遊具がある南側へは多磨駅、野川や自然観察園がある北側へは新小金井駅から行くとアクセスがスムーズです。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

広―い都立野川公園は、ランチピクニックを挟んで1日とことん遊べます。まずは南側エリアの「わんぱく広場」へ。子ども達が大好きな複合遊具や豊富なアスレチック遊具で遊びましょう。人気があるので、午前中早めの時間がおすすめです。満足したら、公園自慢の「大芝生」で芝生遊びを。疲れたらゴロンと日向ぼっこも気持ちいいですよ。お弁当の後は、歩道橋を渡って北側エリアへ移動。「わき水広場」で水遊びをしたり、野川の川辺や「自然観察園」を散策したり、楽しみは尽きません。自然に浸り、クタクタになるまで遊びましょう!

わんぱく広場の多彩な遊具を制覇しよう!

いつもたくさんの子どもで賑わう「わんぱく広場」には、子どものやってみたい気持ちをかき立てる多彩な遊具がラインナップしています。1番人気は複合遊具。滑り台3レーン、トンネル、うんてい、クライミングウォールなどがひとつに。滑り台はグルンと急カーブしたタイプと2連の低いものがあり、階段、クライミングウォール、ネット上り、上り棒と、どこから上るかもたくさんのチョイスが用意されています。「これはできたから次はあっちから上ってみようかな」とチャレンジ精神が刺激されます。

複合遊具から東側にはアスレチックコースがあります。感覚を開けて点々と並ぶアスレチック遊具は、周囲の自然に溶け込むような素朴な趣。「わたる」系の遊具なら、平均台のほかに丸太やロープを渡るものがあったり、ネット遊具なら、斜面を上り下りするものがあれば垂直に上り下りするものもありと、バリエーションが豊富なので、さまざまな形で基本動作が経験できます。ぜひ全遊具制覇を目指しましょう!

子どもの冒険心をくすぐる遊具も人気です。秘密基地のようなたたずまいが目を引く丸太トンネルは、広場のアイコン。見つけたとたん、年齢を問わず「あれに入りたい!」と子どもたちが駆け出します。意外と高さがあり、手すりのない丸太の階段を上るのに幼児はサポートが必要かもしれません。窓から顔を出す子どもたちの嬉しそうなことといったら!

いくつかあるネット遊具の中で最も長い距離を上り下りして遊べるのが、大小2つのネットの山がつながっているタイプです。手足を使って全身運動になり、バランス力も鍛えられます。端から端まで行ければ達成感も得られるはず。対象年齢は6-12歳なので、まだ難しい低年齢の子どもは、小規模な遊具から挑戦してみてください。

複合遊具

トンネルをくぐりながら上ったり、うんていにぶら下がったり、自由に遊んでさまざまな動きが経験できます。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ターザンロープ

複合遊具の隣にあるこちらも人気。木々に囲まれ、ビューンと滑空すれば気分爽快!

ぶらさがる/公園アイコン

丸太トンネル

「はう・くぐる」だけでなく、丸太の階段が「のぼる・おりる」の動きになります。憧れの秘密基地気分でワクワク!

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコン

ネット遊具

両手足を使ってネットの山を上り下り。大小2つの山を越えられるかな?

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

平均台

クネクネ曲がって高低差もあり、難易度が高め。長さもあるので挑戦しがいがありますよ。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

渡り遊び遊具

丸みのある丸太の橋や、丸太につかまりながらロープの上を渡る遊具です。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ネット&はしご

シンプルながら、上ったり、ぶら下がったり、飛んだりといろいろな遊び方ができます。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

広ーい大芝生で全力かけっこ、ヨーイ、ドン!

公園の南端に位置する正門から一歩足を踏み入れれば、目の前にはどこまでも広がる「大芝生」。ここまでの広さの芝生の広場はなかなかないので、思いっきり走ってみませんか。豊富な木々を利用して、こっちの木からあっちの木まで家族みんなでかけっこを。ところどころに小山があるので、「あの山のてっぺんまで行って戻ってくる」なんていうルールで「のぼり・おり」を加えるのもおすすめです。ボールを使ってドリブル競争にしてみたり、いろいろなアレンジを考えて楽しんでくださいね!

芝生かけっこ

芝生の起伏を利用したり、道具を用いたり、アイディア次第で基本動作がプラスできます。

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

涼しい、楽しい!天然の湧き水で水遊び♪

大芝生から歩道橋で都道を渡って北側は、野川沿いに武蔵野の豊かな自然が残されたエリアです。野川は、川沿いに続く国分寺崖線から湧き出す水が集まってできた川。ザリガニやメダカなど、たくさんの生き物が生息しています。川辺まで下りることができるので、川の中を観察するのも楽しいもの。川岸を上ったり下りたり、しゃがんで観察したり、自ずといろいろな動きができちゃいます。

公園きっての涼スポットが「わき水広場」。ここでは小川の浅瀬で水遊びができます。足首くらいの深さでゆるやか~な流れなので、小さな子どもも手足を浸して安全に遊べます。周囲の木々が木陰をつくってくれるおかげで、夏でも涼しく快適。川底は小石が多いので、サンダルや濡れてもいい靴を持参してくださいね。

川遊び

川遊びには石の上を渡るなどの動作も。冷たい水に手足を浸してパシャパシャすれば五感も刺激されます。

のぼる・おりる/公園アイコンわたる/公園アイコン

乳児連れファミリーも安心の設備

正門のすぐ近くにある公園サービスセンターに授乳室があり、乳児連れのファミリーも安心です。部屋はカーテンで2つのスペースに区切られており、同時に2組が利用可能。片方のスペースにはソファとおむつ替え用のベビーシートが、もう片方には机とテーブルが備えられています。
※おむつ替え目的での授乳室の利用は控えてください。

トイレは園内7カ所にあります。だれでもトイレは6カ所あり、おむつ替えシートも備わっています。「わんぱく広場」の東側にあるトイレは、男子トイレに男児用小便器もあり、便利です。

サービスセンターの前には売店も。お腹を満たしてくれるフードやお菓子、アイスなどのほか、ボールやラケット、シャボン玉など、芝生遊びに活躍するグッズも販売しているのでチェックしてみては。

まだある!野川公園のおすすめスポット

貴重な自然が残る野川公園には、動植物を観察したり、学習したりすることができる施設があります。ぜひ親子でこの地がつくり出している豊かな生態系に触れてみてください。

「自然観察園」は自然の宝庫

園内には湧水がつくる湿地が点在し、ここに自生する野草はなんと約400種。木道を歩きながら、四季折々の草花や野鳥、昆虫などが観察できます。図鑑片手に歩いてみれば、植物博士になれそう。

時間:9時30分~16時30分

定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休)

どんな生き物がいるのかな?「自然観察センター」でお勉強

自然観察園の対岸にあり、公園で見られる植物、野鳥、昆虫などについて展示・解説されています。「こんな生き物に出会えるかも?」と思うとワクワクしますよ。

時間:9時30分~16時30分

定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休)

バリエーション豊富な遊具と自然そのもので思いっきり遊べる野川公園。子どもをワクワクさせる要素が満載なので、めいっぱい体を動かして、大満足の1日が過ごせます。大人も一緒に自然との触れ合いを満喫し、家族みんなでリフレッシュしましょう!

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して101件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)

注目記事

記事をもっと見る