※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

戸山公園(新宿区)は眺望良好な箱根山やじゃぶじゃぶ池もあって一日たっぷり遊べる

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

戸山公園(東京都/新宿区)

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
戸山公園は、高田馬場と新大久保の間に広がる広大な公園です。明治通りを挟んで2つの地区に分かれています。東側の「箱根山地区」は、山手線内で一番高い山である箱根山で有名。ふもとの「花の広場」では、緑や季節の花を楽しめます。「アスレチック広場」「児童コーナー」にはちょっとした遊具も。夏場に水遊びを楽しめる「じゃぶじゃぶ池」もあります。西側の「大久保地区」は、年齢に合わせた遊具が各エリアに点在しています。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

戸山公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンおよぐ・もぐる・うく/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンほる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

広大な公園のため、遊具の種類も豊富。どんな楽しみかたをするのか、あらかじめポイントを絞って訪れるのがいいかも。遊具を中心に遊ぶのなら大久保地区がおすすめ。「箱根山地区」エリアにあるじゃぶじゃぶ池でのみ水遊びができます。

戸山公園ってこんなところ!

江戸時代に尾張徳川家の下屋敷だった箱根山地区。その後、明治初期から第二次世界大戦までは陸軍戸山学校となり、1954年、その一部が都立戸山公園箱根山地区として開園しました。その後1964年、旧陸軍の射撃場跡地だった場所が戸山交通公園として開園し、都立戸山公園大久保地区となりました。

所要:4時間
クタクタ度:★★★★★
おすすめの年齢:3~10歳

住所 新宿区戸山1・2・3、新宿区大久保3
料金 無料
時間 24時間
電話 03-3200-1702
定休日 無休
駐車場 なし
面積 18万6471㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:△(内容により)
  • スケボー:×
  • 花火:△(場所限定。要届出書)
  • ペット:△(ノーリードは不可、ロングリードも不可)
  • おむつ替え:
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩0分(大久保地区内にあり)
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

駐車場はないため、車で来る場合は近隣のコインパーキングを利用。公共交通機関を利用する場合の最寄り駅は東京メトロ西早稲田駅ですが、JR線大久保駅や高田馬場駅、東京メトロ早稲田駅、都営地下鉄大江戸線若松河田駅からも徒歩圏内。いろいろな線が乗り入れているので、都内の各所からアクセスしやすい公園です。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

一日まるごと遊ぶなら、まずはやっぱり箱根山地区から訪れて箱根山に登りましょう。天気がいいと山頂からは新宿の高層ビル群を見渡すことができ、とても気持ちいいですよ。箱根山を下山したら花や緑に触れつつ、休憩。ベンチやレジャーシートを敷いてランチ休憩をするのもいいですね。しっかりエネルギーチャージができたら、明治通りを渡って、大久保地区へ。大久保地区では各年齢にあった遊具をはじめ健康遊具や広場もあり、体力に合わせて思い思いに体を動かすことができます。

箱根山を中心に自然と触れ合える箱根山地区

箱根山地区/戸山公園(東京都/新宿区)

一度は訪れてみたい、箱根山。山というと「登るのが大変かも……?」というイメージがありますが、傾斜は比較的ゆるやか。子どもと一緒でも、それほど心配せずに安心してトライしてみましょう。てくてく歩いていく道すがらには豊かな緑が生い茂り、都会にいながらして自然といっぱい触れ合うチャンス! とはいえ高低差がある場所もあるので、小さな子は保護者と手繋ぎをしてゆっくりと進んでいきましょう。

じゃぶじゃぶ池/戸山公園(東京都/新宿区)

箱根山西口の入り口から入り、左手に進んだエリアにじゃぶじゃぶ池があります。戸山公園で水遊びが楽しめるのは、ここだけ。こちらは毎年夏休みの期間中に開放され、幼児~未就学児とその保護者が利用できます(水着着用でおむつは不可)。

「アスレチック広場」の丸太の遊具

「アスレチック広場」の丸太/戸山公園(東京都/新宿区)

高さの異なる丸太をぴょんぴょんと進んで遊ぶ遊具。バランスをとるのが難しいならロープをつかみつつ進もう。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンわたる/公園アイコン

「アスレチック広場」の横跳び越し

「アスレチック広場」の横跳び越し/戸山公園(東京都/新宿区)

これくらいの長さの平均台ならできそうと思いきや、カクカクと曲がっているので、意外とバランスをとるのが難しい!

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンわたる/公園アイコン

「アスレチック広場」の滑り台

「アスレチック広場」の滑り台/戸山公園(東京都/新宿区)

3~6歳対象の滑り台。傾斜がゆるやかで短い滑り台なので、小さな子も安心して遊ぶことができます。

のぼる・おりる/公園アイコン

「アスレチック広場」のアスレチック遊具

「アスレチック広場」のアスレチック遊具/戸山公園(東京都/新宿区)

シンプルなつくりの遊具ですが、傾斜があるので意外と難しい!こちらは6~12歳対象。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

鉄棒

鉄棒/戸山公園(東京都/新宿区)

箱根山の山頂へ登っていく階段付近には鉄棒があります。適齢は3~12歳と幅広く、ぶらさがったりまわったり……と工夫次第でいろんな遊びかたができます。

ぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコン

「児童コーナー」の複合遊具

「児童コーナー」の複合遊具/戸山公園(東京都/新宿区)

箱根山を降りて箱根山南口の入り口のほうに進むと、ブランコや複合遊具がある広場「児童コーナー」があります。傾斜のある地面はクッション性があり、衝撃を吸収。安心して遊べる工夫がされています。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

箱根山へ登る階段

箱根山へ登る階段/戸山公園(東京都/新宿区)

メインスポットの箱根山を登るのだって、立派な運動です! 山自体はわずか44.6mと低いので、数分で登ることができます。

のぼる・おりる/公園アイコン

箱根山の山頂

箱根山の山頂/戸山公園(東京都/新宿区)

晴れたら見晴らし最高! 頂上は展望スペースとなっています。公園のサービスセンターを訪問し申告すると、登頂証明書を発行してもらうことができます。ぜひチャレンジしてみては?

遊具が点在している大久保地区

大久保地区の遊具/戸山公園(東京都/新宿区)

明治通りの西側の大久保地区は、箱根山地区に比べると面積も狭く(とはいえ広い……!)、そして遊具が豊富。箱根山地区に行ったあとなら、明治通り口が一番近い入り口です。

「ジョギング広場B」のパラレルスロープ

「ジョギング広場B」のパラレルスロープ/戸山公園(東京都/新宿区)

明治通り沿いの入口から小道を進むと左手にある「ジョギング広場」には、健康系の遊具が3つほど並びます。こちらは腕の力で体を支え、傾斜を移動していく健康遊具。腕力や腹筋力を鍛えることができます。

のる/公園アイコンわたる/公園アイコン

「幼児コーナー」にある滑り台

「幼児コーナー」にある滑り台/戸山公園(東京都/新宿区)

3~6歳対象の滑り台なので、小さな子も安心して遊べます。滑り台が2つ並んでいるので、お友達と一緒にシューッと滑るのも楽しい。変形階段もあり、小さな子の運動能力を鍛えられます。

のぼる・おりる/公園アイコン

「幼児コーナー」にあるスプリング遊具

「幼児コーナー」にあるスプリング遊具/戸山公園(東京都/新宿区)

小さな子が大好きなスプリング遊具。かわいらしいライオンに乗った我が子の姿に、思わずカメラを向けてしまいます!

のる/公園アイコン

「幼児コーナー」にある砂場

「幼児コーナー」にある砂場/戸山公園(東京都/新宿区)

しっかりと柵に囲まれているので安心して遊ぶことができる砂場。清潔感もあり、ママ的にも安心です。

ほる/公園アイコン

「幼児コーナー」付近のスプリングバー

「幼児コーナー」付近のスプリングバー/戸山公園(東京都/新宿区)

幼児コーナーの付近には、健康遊具が3つほどあります。こちらは、ぶら下がって懸垂運動などができるスプリングバー。

ぶらさがる/公園アイコン

「子供の広場」にある滑り台

「子供の広場」にある滑り台/戸山公園(東京都/新宿区)

ボルダリング付きの滑り台など、低年齢が遊べるコンクリートの遊具が並ぶエリア。トンネル状になっている階段をくぐるのもワクワク!

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコン

「子供の広場」にある遊具

「子供の広場」にある遊具/戸山公園(東京都/新宿区)

くぐれる丸太や乗って遊ぶ遊具もあります。白木カラーに統一されていて、なんだかほっこりします。

はう・くぐる/公園アイコンのる/公園アイコン

「のびのび広場」

「のびのび広場」/戸山公園(東京都/新宿区)

新大久保駅に近い入り口「子供の広場口」付近の「のびのび広場」では、学びながら自然の中で工作も楽しめる住民団体運営のプレイパークが開催されることもあります。

ほる/公園アイコン

「子供の広場」の遊具

「子供の広場」の遊具/戸山公園(東京都/新宿区)

新大久保駅寄りの「子供の広場口」からすぐの「子供の広場」には、砂場やブランコ、鉄棒など定番遊具がそろっています。こぢんまりとしたスペースでも効率的に遊びを満喫できるので、さくっと寄りたいときはいいかも!

はう・くぐる/公園アイコンのる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコン

「子供の広場」の砂場

「子供の広場」の砂場/戸山公園(東京都/新宿区)

近くに小さな砂場もあります。大久保地区には、「幼児コーナー」と「子供の広場」に砂場が2つ。こちらの砂場も柵に囲まれ清潔感があって、安心して遊ぶことができます。

ほる/公園アイコン

箱根山地区には4つ、大久保地区には2つあるトイレ

園内のトイレ/戸山公園(東京都/新宿区)

箱根山地区には、トイレが4つあります。こちらの写真は、じゃぶじゃぶ池近くのベビーベッド有りの多機能トイレ。もう1つ、アスレチック広場の奥にベビーベッドありの多機能トイレがあります。

園内のトイレ/戸山公園(東京都/新宿区)

大久保地区には、トイレが2つあります。ベビーベッド有りの多機能トイレは、「のびのび広場」近くのトイレのみ。広大な公園なので、あらかじめトイレの場所をチェックしておいてから遊ぶといいでしょう。

まだある!戸山公園で行ってみたいスポット

広大な戸山公園には、箱根山や遊具以外にも楽しめるポイントがたくさんあります。

四季折々の花や緑を楽しめる「花の広場」

「花の広場」/戸山公園(東京都/新宿区)

箱根山地区の箱根山西口を左に進むと広がる「花の広場」。色とりどりの美しい花や緑を楽しむことができます。ところどころにベンチもあり、休憩もできますよ。

「花の広場」/戸山公園(東京都/新宿区)

季節によってはバラなども楽しめます。

ここは本当に都内?マイナスイオンたっぷりの沢「ひなたぼっこ広場」

「ひなたぼっこ広場」/戸山公園(東京都/新宿区)

じゃぶじゃぶ池の西側には、自然が多い「ひなたぼっこ広場」があります。その名の通り、晴れた日にひなたぼっこしたくなるような、緑いっぱいの場所です。

「やくどうの広場」/戸山公園(東京都/新宿区)

こちらは大久保地区の「やくどうの広場」。広々としたゴムチップ舗装の広場で、小学生や親子連れで賑わっています。近くにはトイレや自動販売機もありますよ。

とにかく広い公園なので、楽しみ方は無限! まるごと1日かけていろいろとめぐるもよし、ポイントをしぼって行きたいエリアを目指していくもよし。都会の真ん中で存分に自然と触れ合うことができ、大人も子どもも大満足です。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

【2021年7月26日発売!】
東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して101件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)