※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

教育の森公園(文京区)は池や森、広場がある散策も楽しい公園

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

教育の森公園(文京区)は池や森、広場がある散策も楽しい公園

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
文京区大塚にある教育の森公園(きょういくのもりこうえん)は、旧東京教育大学(現在の筑波大学)の跡地に1986年に開園しました。約2万㎡の公園は、遊具エリアのほか広場や樹林帯、スポーツセンターなどがある区民の憩いの場。園内には3つの彫刻が展示され、散策しながらアートにも触れられます。公園の東には自然豊かな占春園(せんしゅんえん)が隣接し、多様な植物や池を泳ぐ小魚を観察することも。地下鉄丸ノ内線「茗荷谷駅」から徒歩3分というアクセスのよさも魅力です。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

教育の森公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンわたる/公園アイコンほる/公園アイコン

教育の森公園は子供の運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。特に遊具エリアにある複合遊具は5つの遊具を順番に楽しめるようになっており、6以上の基本動作ができちゃいます。大きな広場もあるので、駆け回って遊びたい子どもも大満足!

教育の森公園ってこんなところ!

教育の森公園の魅力は豊かな自然。都心にもかかわらず園内には緑鮮やかな樹林帯が広がります。また樹木が茂る林間広場や石張りの正門広場など、さまざまなタイプの寛ぎスペースが用意されているのも特徴。文京区民は文京スポーツセンターが利用でき、また周辺住民の避難場所になるなど防災機能も担っています。

所要:2時間
クタクタ度:★★★
おすすめの年齢:1~12歳

住所 文京区大塚3-29
料金 無料
時間 24時間
電話 03-5803-1252(みどり公園課)
定休日 無休
駐車場 なし
面積 201,171㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:×
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:△(通り抜けのみ可)
  • おむつ替え:
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩1分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

公園には駐車場がないので、車の場合は周辺のコインパーキングを利用しましょう。公共交通機関は東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」から徒歩3分とアクセス良好。駅から公園までの道は平坦なのでベビーカーでも安心です。
そのほかバス停「窪町小学校」から徒歩3分、文京区コミュニティバス「Bーぐる」のバス停「窪町小学校」から徒歩4分です。

おすすめの遊び方&自然を楽しむ散策プラン

遊具は西側のちびっこ広場にあるので、ここを拠点にするのがよさそう。7月上旬~9月上旬はちびっこ広場に面した大きなじゃぶじゃぶ池に水が流されます。公園の中央にある自由広場までもすぐなので、走り回って遊びたい子どもはそちらに移動するとよいでしょう。
園内には桜やケヤキ、ユリノキなど多様な樹木が植えられています。緑豊かな並木道や樹林帯を散策するのも楽しいもの。公園の東に隣接する占春園まで足を延ばすと、池を泳ぐ魚を観察することもできます。

「ちびっこ広場」の中心は5つの遊具が楽しめる複合遊具!

「ちびっこ広場」/教育の森公園(東京都/文京区)

ちびっこ広場には複合遊具と滑り台、砂場があります。散歩道をはさんで大きなじゃぶじゃぶ池があり、夏は水遊びを楽しむ子どもたちで賑やか。水がないときも、子どもたちにとっては格好の遊び場です。

「複合遊具」/教育の森公園(東京都/文京区)

一番人気は5つの遊具が組み合わさった回遊式の複合遊具。飛び石→平均台→ボルダリング→うんてい→ツイストラダーを続けてやり切れば、かなりの運動になります。もちろん得意な遊具をそれぞれ楽しんでもOKです。
上段に砂場と滑り台があり、小さな子どもたちが遊んでいます。

複合遊具

「複合遊具」/教育の森公園(東京都/文京区)

5つの遊具を順番に楽しむ回遊式の遊具。平均台や飛び石、ツイストラダーなどバランス感覚が必要な遊具が充実しています。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンわたる/公園アイコン

滑り台

「滑り台」/教育の森公園(東京都/文京区)

砂場の横にある小さな滑り台。幅が広く斜面が緩やかなので幼児でも安心して遊ばせられます。

のぼる・おりる/公園アイコン

砂場

「砂場」/教育の森公園(東京都/文京区)

斜面の上にある砂場は広々としており砂も豊富。時間帯によっては木陰になりますが、直射日光を浴びる時間帯は熱中症対策を忘れずに。

ほる/公園アイコン

じゃぶじゃぶ池

「じゃぶじゃぶ池」/教育の森公園(東京都/文京区)

7月上旬~9月上旬はじゃぶじゃぶ池が開放され、水遊びを楽しむ子どもたちで賑わいます。ちびっこ広場から散歩道をはさんだ反対側までの大きな池で、段差があったり岩が置かれていたりと変化に富んだデザインが特徴です。10~16時(木曜休み)

走り回れる自由広場や樹木が茂る林間広場を巡ってみよう

「散歩道」/教育の森公園(東京都/文京区)

園内にはケヤキやユリノキ、カツラなどの落葉樹をはじめ、さまざまな樹木が植えられています。緑豊かな散歩道はのんびり歩くのに最適。いたるところにベンチが置かれ、ゆったりくつろげるのもうれしいポイント。ちびっこ広場以外にも、多様な環境の広場が点在しているので散策しながら巡ってみては?

自由広場

「自由広場」/教育の森公園(東京都/文京区)

公園の中央にある自由広場は、少年野球やゲートボール、イベントなどに使われていなければ一般開放されます。大きな広場は鬼ごっこにぴったり。
少年野球やゲートボールの利用時間は6~10時(11~3月は6時30分~10時30分)です。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコン

林間広場

「林間広場」/教育の森公園(東京都/文京区)

樹木に囲まれるように岩を配した山岳をおもわせる景観が印象的。テーブルが並ぶので、ここでランチをとるのも気持ちがよさそう。

正門広場

「正門広場」/教育の森公園(東京都/文京区)

南東側から入ると、目の前にあるのが石張りの正門広場。階段状の野外スタンドがあり、座ってくつろぐ人の姿も。春はピンクに染まる桜並木が見事です。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

「トイレ」/教育の森公園(東京都/文京区)

園内には3つのトイレがあります。そのうちおむつ交換台があるのは、ちびっこ広場前にある管理棟のトイレ。どのトイレにも子ども用便座が用意され、管理棟と野外スタンド横のトイレにはベビーチェアが備わっています。

まだある!教育の森公園で行ってみたいスポット

教育の森公園とその周辺には、ほかにも見どころや立ち寄りたいスポットがあります。

園内に点在する3つの彫刻を探して

「彫刻」/教育の森公園(東京都/文京区)

教育の森公園には3つの彫刻が展示されているので、それを探してみるのも楽しそう。写真の平和の天使像は正門広場にあります。これは文京区非核平和都市宣言を記念したもの。トップ画像に使ったベンチに座る2人の女性像は、朝倉響子氏の作品「フィオーナとアリアン」です。こちらは三角芝生広場にありますよ。

緑がうっそうと茂る占春園で自然観察

「占春園」/教育の森公園(東京都/文京区)

東側に隣接した占春園は、守山藩の上屋敷跡を利用した自然観察園。斜面と低地にさまざまな植物が茂り、池に向かって細い園路がつくられています。池には小魚が泳ぎ、生き物好きの子どもは大喜び。

住所 文京区大塚3-29
交通 地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩5分
時間 8:00~19:00(10~3月は~17:00)
定休日 無休
駐車場 なし

遊歩道の先に遊具が点在する窪町東公園へ

「窪町東公園」/教育の森公園(東京都/文京区)

教育の森公園の隣には、細長い窪町東公園があります。両サイドに緑が茂る散歩道が階段へ続き、下りきったところに滑り台やブランコなどの遊具が点在。教育の森公園とあわせて訪れるのもよいでしょう。
公園の入口にはドイツの彫刻家による個性的なオブジェが展示されているので、こちらも必見です。

住所 文京区大塚3-30
交通 地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩2分
時間 24時間
定休日 無休
駐車場 なし

教育の森公園は、遊具があるちびっこ広場だけでなく、大きな広場があったり樹林帯があったり、彫刻が展示されていたりと変化に富んだ景観が魅力。遊具で遊んだ後は、のんびり散歩をすると、また違った楽しみがありそうです。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】


東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)