※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

平和の森フィールドアスレチック(大田区)は40種の遊具が冒険心をかきたてる!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

平和の森フィールドアスレチック(大田区)は40種の遊具が冒険心をかきたてる!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
大田区にある平和の森公園フィールドアスレチックは、約99,000㎡の平和の森公園の一部で、環状七号線をはさんだ南側に広がるアスレチック施設です。フィールドアスレチックのさらに南には大森ふるさとの浜辺公園が広がり、周辺は自然に恵まれています。
アスレチック場で遊べるのは小学生以上ですが、未就学児は無料の幼児用アスレチック場が隣接しているのでそちらを利用できます。アスレチックで遊んだ後は、平和の森公園の池や森周辺を散歩したり、緑の広場でかけっこをしたりするのもおすすめです。

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

平和の森公園フィールドアスレチックで遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

平和の森公園フィールドアスレチックは子どもの運動能力がぐんぐん育つおすすめの施設です。40種の遊具を制覇すれば、楽しく遊びながら9つの基本動作ができることに。遊具によって難易度に差があるので、できるものから挑戦してみましょう。

平和の森公園フィールドアスレチックってこんなところ!

平和の森公園フィールドアスレチックの魅力は、本格的なアスレチック遊具の充実度。丸太やロープを使った40種の遊具が置かれ、平均台やネット遊具などの簡単なものから、筋力や平衡感覚が必要な難しめのものまで揃っているので、小学生はもちろん中学生でも十分に楽しめます。池をフィールドにした遊具ではスリル感も味わえます。小・中学生の入場料が100円という気軽に遊べる料金設定もうれしい♪

所要:3時間
クタクタ度:★★★★★
おすすめの年齢:小学生以上

住所 大田区平和の森公園2-1
料金 高校生以上360円、小・中学生100円
時間 9時30分~16時30分(最終入場15時)
電話 03-3766-1607
定休日 月曜(祝日の場合は翌平日)。年末年始は休み
駐車場 186台(30分100円)
面積 10,000㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:×
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:×
  • おむつ替え:×
  • 授乳室:×
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩3分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

車の場合は、平和の森公園に2カ所ある駐車場に停められます。フィールドアスレチック横に143台、環状七号線の下に43台が停められますが、どちらもフィールドアスレチックまで近いので便利です。カーナビを利用する場合は「大田区平和の森公園2-2」が駐車場の住所です。
公共交通機関は京急線「平和島駅」から徒歩10分。駅からは交差点をわたって、環状七号線沿いを真っすぐ歩きます。途中にコンビニがあるので飲み物はそこで買っておきましょう。

おすすめの遊び方

平和の森公園フィールドアスレチックの施設内では食事ができないので、昼食の前か後に遊ぶスケジュールがベター。40種の遊具をすべて楽しむと2~3時間はかかります。
涼しい午前中にアスレチックで遊んで、ランチは平和の森公園の広場でとるのもおすすめ。体力に余裕があるなら、ランチ後に平和の森公園で遊んでもよいでしょう。

難しい遊具もあるので、状況に応じてママ、パパがサポートを!

「アスレチック場」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

平和の森フィールドアスレチックは、橋(それ自体も遊具のひとつ!)でつながった2つのアスレチック場でできています。丸太やネットを使った遊具は、平均台のような簡単なものから小学校低学年では難しいものまで多種多様。最初はママ、パパは近くにいて、様子を見ながらサポートしてあげると安心です。

「全体図」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

フィールド内は木陰が多いですが、40種を回り終えるころには汗だくになっているはず。また池をフィールドにした遊具では、落ちてビショ濡れになることもあるので、着替えは必須です。

「プレート」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

遊具には区の歴史や史跡、地名にちなんだ名称がつけられ、図解とともにプレートに記載されています。きちんとプレートを読んでいれば、楽しみながら大田区の豆知識が身につくはず。
それでは平和の森フィールドアスレチックにある40種の遊具のなかから、いくつかご紹介します。

丸太わたりと平均台

「丸太わたりと平均台」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

最初の遊具はこて調べ。丸太わたりから丸太の平均台、前回りなど5つの遊具のコンビネーションです。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンわたる/公園アイコン

ロープ&うんてい

「ロープ&うんてい」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

前半はロープとリングを伝って横移動。後半は木にぶらさがり、うんていのように進みます。

のぼる・おりる/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ネット&丸太橋

「ネット&丸太橋」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

ロープのネットにつかまってデッキまで上り、丸太の一本橋を下ります。上半身も下半身もバランスよく使う遊具です。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンわたる/公園アイコン

棒わたり

「棒わたり」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

うんていに似ていますが、こちらは縦に延びた棒にぶらさがって前に進みます。棒がゆらゆら揺れるので体を安定させて!

とぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

いかだわたり

「いかだわたり」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

池に浮かぶいかだをわたり戻ってくる、シンプルだけどドキドキする遊具。いかだが揺れるのでバランスをとりテンポよく!

のる/公園アイコンわたる/公園アイコン

つり橋

「つり橋」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

ゆらゆらと揺れる丸太のつり橋をわたります。ロープにつかまり、上手に体重を移動させましょう。

のぼる・おりる/公園アイコンわたる/公園アイコン

たらい舟

「たらい舟」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

大きなたらいに乗って、オールをこぎながらコースを一周。たらいは丸いので意外と小回りがききます。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

水車まわし

「水車まわし」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

丸太につかまって、足の力で巨大な水車を回します。濡れた水車は滑りやすいので注意して。

のぼる・おりる/公園アイコン

やぐら上り

「やぐら上り」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

大田区の木、クスノキと一体化した巨大なやぐらに上ります。上部にはネットトンネルも。展望デッキからの眺めは爽快!

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンわたる/公園アイコン

わたし舟

「わたし舟」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

舟に乗り左右のロープをつかんで向こう岸にわたります。真っすぐ進むのは意外と難しく、バランス感覚が必要です。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

すり鉢

「すり鉢」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

蟻地獄のような巨大なすり鉢の斜面を落ちないように走って回ります。ぐるぐる走って5周回れたら成功。

はしる/公園アイコンまわる/公園アイコン

カゴわたし

「カゴわたし」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

江戸時代の渡船場「丸子の渡し」をイメージ。ロープを編んだカゴに乗り、ロープをたぐりよせて向こう側まで行く腕力勝負の遊具!

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

ネットトンネル

「ネットトンネル」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

ロープを編んだネットトンネルをくぐり抜け出口へ。足場が柔らかく不安定なので、なかなか前に進まない…。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

つり橋

「つり橋」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

ネットの筒をよじ上ったら、丸太とネットのつり橋をわたり木の足場を使って地面に下ります。2つの遊具が融合したタイプです。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンわたる/公園アイコン

丸太上げ

「丸太上げ」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

ロープを引っ張って、丸太の重りを持ち上げます。丸太が落ちないように力を入れ続けて。重りに当たらないよう注意!

おす・ひく/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

「トイレ」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

平和の森フィールドアスレチックは小学生以上のための施設なので、施設内におむつ交換台や授乳室はありません。アスレチックフィールドの外のトイレにはおむつ交換台が備わっています。
フィールドアスレチック内のトイレは、スタート地点と中間地点にあります。着替えは男女別の更衣室が利用でき、大きな荷物はロッカーに預けられます。荷物はなるべく少なく、動きやすい格好で。またひも状のものは、大けがをする恐れがあるので身につけないようにしましょう。

「休憩所」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

更衣室の隣には休憩所が設けられています。食事はできませんが、水分補給は必須。自動販売機があるので、特に夏はこまめに水を飲むことを忘れずに。

まだある!平和の森公園フィールドアスレチックで行ってみたいスポット

平和の森公園フィールドアスレチックで遊んだ後は、平和の森公園のほかの場所に足を延ばしてみるのもあり(もちろんアスレチックで疲れてしまったら、無理をせず帰りましょう…)。

幼児用アスレチック

「幼児用アスレチック」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

平和の森公園フィールドアスレチックの東側には、小学生未満が利用できる無料のアスレチック場を併設しています。滑り台やネット遊具などがあるので未就学児はこちらへ。
料金:無料
時間:9時30分~16時30分
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)

平和の広場

「平和の広場」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

平和の森公園は約99,000㎡あり広場も大きい!走り回って遊ぶには最適です。緑に囲まれた広場ではレジャーシートを敷いてくつろぐ人の姿も。午後になると広場の東側に西日があたるので場所取りに注意して。

平和の広場

「ひょうたん池」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

ひょうたん池では梅雨明け頃にきれいな蓮の花が見頃を迎えます。池沿いのデッキでは釣り糸をたれる人の姿も。池ではヘラブナやタナゴ、クチボソなどが釣れます(釣った魚はリリース)。

流れる滝

「流れる滝」/平和の森公園フィールドアスレチック(東京都/大田区)

5~9月頃の風物詩は、清らかな音をたてる滝。柱から噴き出た水は階段を流れ落ち、階段の周りはファミリーで賑やかです。

本格的なアスレチックを手軽に体験できる施設として区民に愛されてきた平和の森公園フィールドアスレチック。小学生低学年には難易度が高い遊具もありますが、簡単なものを選んだり、親に手伝ってもらって挑戦したりと、それもまたいろいろな学びがありそう。40種すべて終わった頃には全身の筋肉を使ってへとへと…。運動能力を伸ばすのにぴったりな施設です。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】


東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)