※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

子どもに人気のお仕事に注目!|お花屋さん(LUFF上村さん)<生い立ち編>

今井夕華のアイコン今井夕華

花屋│LUFF(ラフ)の上村さん(東京清澄白河)

みなさんのお子さんは、どんな夢をもっていますか?
野球選手に宇宙飛行士、ケーキ屋さん、漫画家、今はYouTuberも人気ですよね。
このシリーズでは、子どもが憧れている職業、きっと興味がわくような注目の職業に就いた人にインタビュー。子どものときにどんなことが好きだったのか、どんな生活をしていたのかなどを伺いながら、今に至るまでのエピソードをたどります。気になるお仕事内容もたっぷり紹介!
第3弾は、東京の清澄白河でお花屋さんをやっているLUFF(ラフ)の上村さんです。

目次(index)

花屋│LUFF(ラフ)の上村さん上村拓
1982年生まれ。東京下町、清澄白河育ち。幼少期は虫や動物に、学生時代はスポーツ(バドミントン・陸上競技・ラクロス)に明け暮れ、特別興味があったわけでもない花屋に就職。ブライダルの花、ガーデンデザインなどの仕事を経て2015年に独立。東京清澄白河にLUFFをオープン。趣味は釣り。

どんな仕事をしているの?

上村さんは、東京の清澄白河でLUFF(ラフ)というお花屋さんをやっている人です。店長として、仕入れから接客まで、ほぼ全ての業務を担当。パートナーのまりえさんと一緒に、2015年からお店をはじめました。ボトルの中に植物を入れた「ハーバリウム」の生みの親としても知られています。

古い長屋をリノベーションしたおしゃれな店内には、上村さんがセレクトしたお花や観葉植物をはじめ、植木鉢、苔玉、さらには外国の珍しい植物などが盛りだくさん!まるで森の中を探検しているかのような、ワクワクする空間です。

花屋│LUFF(ラフ)の上村さん(東京清澄白河)

生き物が好きだった幼少期

そんなお仕事をしている上村さんはどのように育ったのでしょうか。

上村:実家もこの辺りなので、もうずっと清澄白河エリアにいます。小さいときは生き物が好きで、ザリガニやカメ、金魚、カマキリなど、いろいろ飼っていました。廊下に虫かごをずらーっと並べて育てていましたね。兄の野球に連れて行かれても、試合そっちのけで、石をひっくり返して虫を探していました(笑)。

―― 小さい頃から自然のものに触れていたんですね。小学校時代はどんな教科が好きでしたか?

上村:生き物が好きだったので理科と、あとは図工、体育が得意でした。テープでいろいろ繋げたり、何かつくるのが好きでしたね。小3のときにバドミントンを習い始めて、そこからミニホッケークラブにも所属しました。

―― 将来の夢はありましたか?

上村:科学者、獣医さん、漁師や船乗りに憧れた時期もありました。でもお花が特に大好き!というわけではありませんでした。

小学3〜4年の頃の上村さん

小学3〜4年の頃、はじめて飼ったワンちゃんと一緒に。

学生時代はスポーツ一筋

―― 中学高校での様子を教えてください。

上村:中学は陸上部でハードルをやっていました。スポーツテストで上級生がタイムを測ってくれたときに「走るのが早いね、陸上部に入らない?」と言われたのがきっかけで。その後高校、大学とずっとスポーティな感じでした。

―― 仲のいい人はいましたか?

上村:中学高校から大学まで一緒だったメンバーがいて、今でも連絡を取り合っています。大学時代のラクロス部の人たちも仲がいいです。

大学4年ラクロス部の頃の上村さん

ラクロス部在籍中には、得点王になったり、関東大会で優勝したりと大活躍。これは大学4年で最後の大会に出場したとき。ピーク時は体脂肪率がなんと7%ほどだったそう。

ノリでお花屋さんに就職

―― スポーツ一筋だった上村さん。なぜお花屋さんになろうと思ったのでしょう。

上村:就職活動といっても、何もやりたいことがなくて。特に強い思いもなく決めたんです。とにかく早く就職先を決めて部活に復帰したかったのと、部活の仲間に「花屋さんになります」といったらウケるかなと思って(笑)。結婚式場の中に入っているお店で働き始めました。

―― 意外と軽い理由なんですね!

植物に添えられたPOP

上村さんのユニークな人柄は、植物に添えられたPOPにも見て取れる。

上村:就職してみたら、花の専門学校を出ていて知識が豊富な人とか、実家が花屋さんで、という人が多くて苦労しました。俺みたいな「ひまわりとアジサイは知ってます!」くらいの人は、まあいないですよね。でも自分だけ出来ないのは悔しかったから、けっこう一生懸命やっていました。

―― 印象に残っている出来事があれば教えてください。

上村:花のコンテストに出場したことですかね。誰でも出られる大会だったので、何度か挑戦して入賞しました。決勝の手前まで進んだこともあったんですが、あるとき急にコンテストに興味がなくなってしまって。

―― どういった理由だったんでしょうか?

上村:勝つために作品をつくることって意味があるのかなあ?と思ってしまったんですよね。前から美術館へ行ってアートをみたり、一人旅をするのが好きだったというのもあって、勝てるものではなくて、見たことないものをつくりたいなと。

―― そこから転職を経て、独立されたんですね。

上村:その会社は、6年半くらい勤めました。その後、外苑前の「FUGA」という花屋さんや派遣のフローリストを経験して、2015年に自分のお店をオープンさせました。

LUFF(ラフ)店内の花

パートナーとお店をオープン

―― お店は、パートナーのまりえさんと2人でやっているんですね。

上村:まりえさんとは外苑前の花屋さんにいたときに出会って。今は子どもも小さいので、お店は自分がメインで、たまに手伝ってもらっています。

―― この場所にしたのはどういった理由だったのでしょうか?

上村:地元で探していたのですが、たまたま1日前にこの物件が空いた、ということで即決でした。元は中華料理屋さんだった場所なんです。

―― 今では想像ができません!

上村:油でベトベトだったので、すごい掃除して(笑)。内装は基本的に自分たちでやって、工事は業者の人たちにも手伝ってもらいました。

苔玉や海外の珍しい植物などが並べられている店舗2階

店舗の2階部分には、苔玉や海外の珍しい植物などが並べられていて、まるで実験室のような雰囲気。

運動部だったところから、お花屋さんになった上村さん。ちょっとしたことをきっかけに仕事を選んでいいんだな、と軽やかな気持ちになれました。後半の「お仕事編」では、実際にどんなお仕事をしているのか詳しく伺っていきます!ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

(2021年7月取材)