寒い冬も、公園で遊ぼう!

子どもに人気のお仕事に注目!|キャラクターグッズのデザイナーさん(サンエックス くぼたさん)<生い立ち編>

今井夕華のアイコン今井夕華

サンエックスのくぼたさん

みなさんのお子さんは、どんな夢をもっていますか?
野球選手に宇宙飛行士、ケーキ屋さん、漫画家、今はYouTuberも人気ですよね。
このシリーズでは、子どもが憧れている職業、きっと興味がわくような注目の職業に就いた人にインタビュー。子どものときにどんなことが好きだったのか、どんな生活をしていたのかなどを伺いながら、今に至るまでのエピソードをたどります。気になるお仕事内容もたっぷり紹介!
第7弾は、サンエックスでキャラクターグッズのデザインをしているくぼたさんです。

サンエックス公式サイト:https://www.san-x.co.jp/

目次(index)

くぼたまいさんくぼたまい
埼玉県育ち。多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業後、サンエックス株式会社に入社。入社以来デザイナーとして自社キャラクターのグッズデザインなどを手掛ける。靴下にゃんこチームに約3年在籍した後リラックマチームへ異動し現在に至る。自社のキャラで好きなのはチャイロイコグマ。

どんな仕事をしているの?

サンエックスは、「リラックマ」や「すみっコぐらし」をはじめ、「たれぱんだ」「まめゴマ」「こげぱん」など、みなさんも一度は目にしたことがあるような大人気キャラクターを多数生み出している会社です。

くぼたさんは、そんなサンエックスで、リラックマのキャラクターグッズをデザインしている人。商品にするための新しい絵柄を描いたり、すでにある絵柄を商品に合わせてレイアウトしたり、マスコットやぬいぐるみの図面 を起こしたりもするそうです。

くぼたさんがどんな幼少期を過ごし、どんな経緯で今のお仕事に就いたのか。サンエックスのショールームにお邪魔してお話を伺いました!

サンエックスのショールーム

ショールームにはリラックマグッズが盛りだくさん!主要キャラクターは、OLカオルさんの家にいきなり住み着いた着ぐるみのクマ「リラックマ」と、やんちゃな「コリラックマ」、働き者の「キイロイトリ」、今年デビュー5周年の「チャイロイコグマ」。

ペットの絵を描くのが好きだった幼少期

―― まずはくぼたさんの幼少期について教えてください。

くぼた:小さい頃から、集中して納得するまでとことんやるようなタイプで。絵を描いたり何かをつくったりするのが好きでした。当時家で「ニケちゃん」という猫を飼っていて、よくモチーフにしていましたね。

―― とても素敵な作品を持ってきていただきました。

くばたさんが幼少期に描いた絵

くぼた:4歳くらいの頃につくった「ねこのニケちゃんのおはなし」という絵本です。特に何かの宿題というわけではなく、自主的に描いたもののようで、先生が丁寧に製本してくださいました。両親や周りの人に褒められた記憶があります。内容はニケちゃんが外に出かけて、途中で迷子になってしまうのですが、無事に戻ってくる、という冒険もので。途中で秘密の扉が出てきたりします(笑)。

―― けっこう壮大な物語なんですね!

幼少期のくぼたさんが描いた日記

こちらは、ニケちゃんのことを描いた日記。生き物たちに動きがあり、とても可愛らしい。

―― お休みの日はどんなふうに過ごしていましたか?

くぼた:いわゆる「夢の国」に行くのが大好きで、家族みんなで毎週のように行っている時期もありました。特に両親が熱心で、休みの日に朝起きたら「今から行くぞ!」なんてときも(笑)。お気に入りのキャラクターがいたわけではないのですが、テーマパーク全体の雰囲気が好きでした。

―― 仲の良いご家族ですね。

くぼた:よく一緒になって遊んでいましたね。確か小学生くらいのときには、家族みんなで牛乳パックを集めて、ボートをつくったことがあって。プールに持って行って遊んでいました。

―― 工作でボートをつくるってすごいですね!

くぼた:本当に人が1人乗れるくらいの大きさで、すごい数のパックを積み重ねてつくりました(笑)。父はDIYが好きだったので、一緒になってやってくれるタイプで。母も手伝ってくれて、私のやりたいことを常にサポートしてくれました。

「たれぱんだ」の文具を集めていた小学校時代

―― サンエックスのキャラクターグッズは、小さい頃からお持ちだったんですか?

くぼた:小学生のときに「たれぱんだ」がすごく流行っていて、文具を集めていました。地元にファンシーグッズをたくさん扱っているお店があり、そこでよく買っていて。ノート、シャープペンシル、筆箱、下敷き、定規、鉛筆のキャップ……全てたれぱんだでした!

たれぱんだ

―― たれぱんだがお好きだったんですね!

くぼた:鉛筆で描かれたマットな質感と、渋い色使いがすごく好きで。白黒にあずき色って、一体どういうこと?!って思っていました(笑)。反対に「アフロ犬」は虹色に輝いていて、それはそれで惹かれる部分があり。レインボーにラメが入っている下敷きを愛用していました。

絵の仕事を目指したきっかけ

くぼたさんの大学時代の作品

くぼたさんの大学時代の作品。動物たちがカラフルな服を着ていてとてもおしゃれ。

―― 今のお仕事を目指そうと思ったのはいつ頃だったのでしょうか?

くぼた:小学生の頃から、不思議と「将来絵を描く仕事をするんだ」と思ってはいたのですが、高校3年のときに見たスピッツの「魔法のコトバ」というCDジャケットが決め手になりました。

―― CDジャケットですか。

くぼた:福田利之さんという方のイラストが使われていて、とっても可愛かったんです。こうやって、自分の描いた絵をいろんな人に見てもらえる道もあるんだ、と衝撃的でした。

―― その後2浪して美大へ進学されたくぼたさん。サンエックスに入社するまでのお話も教えて下さい。

くぼた:大学1年のときに、サンエックスに入ったOGの講演会があったんです。たまたま案内を見つけ「たれぱんだ好きだったし行ってみようかなあ」と。気軽な気持ちで参加したところ、社員2人のすごくほんわかした、優しい雰囲気がとても印象的でした。それで、私も一緒に働いてみたい!と思いました。

くぼたさんが、繊維造形という授業でつくった作品

繊維造形という授業でつくった作品。鳥の脚を可愛く見せたいと考え、針金に糸を巻いた。

サンエックスに入社してからは「靴下にゃんこ」チームに約3年在籍。その後「リラックマ」チームに移り、もう5年ほどになるそう。一緒に働くメンバーはみんな話しやすくて、講演会のイメージ通りだったといいます。

後半の「お仕事編」では、実際にどんなお仕事をしているのか詳しく伺っていきます!ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

(2021年9月取材)

注目記事

記事をもっと見る