※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

2021年、withコロナの夏休み

子どもに人気のおしごとに注目!|カプセルトイの企画・製作(ケンエレファント青山さん)<生い立ち編>

今井夕華のアイコン今井夕華

「リアルミニチュア」のカプセルトイ

みなさんのお子さんは、どんな夢をもっていますか?
野球選手に宇宙飛行士、お花屋さん、漫画家、今はYouTuberも人気ですよね。
このシリーズでは、子どもが憧れている職業、きっと興味がわくような注目の職業に就いた人にインタビュー。子どものときにどんなことが好きだったのか、どんな生活をしていたのかなどを伺いながら、今に至るまでのエピソードをたどります。気になるお仕事内容もたっぷり紹介!
第一弾は、「リアルミニチュア」を中心としたカプセルトイをつくる会社で働いている、ケンエレファントの青山さんです。

目次(index)

ケンエレファントの青山さん青山 雄二さん
1980年生まれ、川崎市出身。大学卒業後に自動車ディーラーに就職、1年半で退社しその後約2年間バックパッカーとして国内外を放浪。帰国後、2006年に株式会社ケンエレファントに入社。ペットボトルのベタ付けキャンペーンやアップサイクルブランド『NEWSED(ニューズド)』の立ち上げなどを経て2014年頃にカプセル事業を立ち上げ現在に至る。

どんな仕事をしているの?

青山さんは「ケンエレファント」という会社で、カプセルトイをつくっている人です。どんなものをつくろうか企画するところから始まり、企画が固まったら開発担当と一緒に構造や金額などの詳細を検討。ときには海外工場へ出張をして製造現場を見守り、販売するまでの統括を担当しています。

エレファントはもともと、ペットボトルのキャップにつけるフィギュアなどをつくってきた会社で、現在はカプセルトイがメインです。

いろんな種類があるカプセルトイの中でも、ケンエレファントが得意とするのは、実物をそのまま小さくしたかのような「リアルミニチュア」。部品が動かせたり、細かい部分まで塗り分けられていたり、数百円とは思えない驚きの仕上がりです!
皆さんもスーパーや駄菓子屋さん、駅などで一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

「リアルミニチュア」のカプセルトイ

とっても精巧なリアルミニチュア。飴の一粒までつくり込まれています!

幼少期 カプセルトイのため、駄菓子屋さんをはしご

そんなお仕事をしている青山さんは、どのようにして育ったのでしょうか。

―― どんな子どもでしたか?

青山: 駄菓子屋さんが好きで、よく行っていました。家の近所のお店だけではなくて、チャリで隣町の駄菓子屋さんにはしごしたりもして。知らない子がいてドキドキしながら、そのお店に行かないと売っていないお菓子やカプセルトイを見ていました。

―― カプセルトイは、その頃からお好きだったんでしょうか。

青山: そうですね!キン消しとか、BB戦士というシリーズが好きで。クッキーのカンカンに集めて入れて、みんなで見せ合ったり、交換したり、戦わせたりしていました。

―― 大切にしまって鑑賞する人もいると思いますが、青山さんは実用的に遊んでいたんですね!

青山: ビックリマンチョコのシールも好きで集めていたんですけど、見て楽しむというよりは、家のゴミ箱に全部貼ってました(笑)。

ケンエレファントの青山さん

学生時代 地図帳を眺めて暮らしを想像する

―― 学校の勉強では何がお好きでしたか?

青山: 地理が好きで、地図帳ばっかり見ていました。どこの県で何をつくっているか、なんという町があるのか、そういうことを知るのが好きなんですよね。

―― どんなところにグッとくるのでしょう。

青山: 地図帳だと吹き出しがあって「インド北部の山岳地帯のなんとかさんは紅茶をつくっています」とか書いてあるんですよ。地図からストーリーが見えてくるというか、誰かの暮らしが見えるというのが好きなんですよね。だから、社会や歴史も得意でした。

―― たしかに、地図からいろんな人の暮らしを想像するのは面白いですよね。

大学卒業後 仕事をすぐ辞め海外放浪へ

ケンエレファント 大学時代の青山さん

まだ景気も良い時代で、本人いわく「すごく遊んでいてチャラかった」という大学時代の青山さん

―― 大学卒業後、一度は就職されたそうですが、すぐに海外放浪の旅に出られたそう!どんな経緯だったのでしょうか?

青山: 車のディーラーに営業として就職したんですが、そこの仕事がキツくて、すぐに辞めました。当時ワーキングホリデーが流行っていて、自分もどこか行ったことのない場所に行ってみたいなあと。
それで、ワーホリでオーストラリアへ行くビザを申請している3週間の間に、暇だから日本国内を旅行してみようと思って、石垣島へ行ったんです。そうしたらすっごく面白い場所で、ワーホリに行くのをやめて石垣島で1年くらい暮らすことに(笑)。

―― オーストラリアに行くのをやめるくらい楽しかったんですね。

青山: そうなんです。面白い人がたくさんいて、日本全国のヒッピーみたいな人が集まる場所だったんですよね。そこで仲良くなった友達が北京に留学に行くというので、石垣島の後には北京に付いて行って。ベトナム、カンボジア、タイ、インド、台湾などを回って日本に帰ってきました。

バックパッカー時代に訪れた中国の万里の長城

バックパッカー時代に訪れた中国の万里の長城

―― いろいろと巡りましたね!そこからケンエレファントに入社されたのでしょうか?

青山: 帰国してから食品系の会社に入社したんですが、そこはあまり楽しくなくて。転職サイトで偶然ケンエレファントを見つけて入社した、という流れです。車のディーラーで働いていたときにノベルティを仕入れる担当をしていたこともあり、楽しそうだなと思って。

―― その結果、15年働いているということは合っていたんでしょうね。地図帳や旅行が好きだという素質は、今のお仕事「フィギュアみやげ」シリーズにも生きているように思います。

青山: これは、高い造形技術で人気の「海洋堂」と一緒につくっている、各地の名物や名産をリアルなミニチュアフィギュアにするというシリーズです。やっぱり自分が小さいときに好きだったカプセルトイの仕事なので楽しいですよ。

リアルミニチュア「浅草フィギュアみやげ」

「浅草フィギュアみやげ」では、雷門や仲見世、「浅草花やしき」などをミニチュアで再現

自分の子どもと一緒に楽しめる仕事

―― 小学生のお子さまがいるそうですね。カプセルトイは一緒に楽しんでいますか?

青山: そうですね。出かけた先では一緒に売り場を見ることもあるし「こういうの出したらいいよ!」ってアドバイスをくれたり。「あれ誰もやってなかったよ」とか意地悪もいわれますね(笑)。

ずらりと並んだカプセルトイ

自分が子どもの頃から好きだったカプセルトイを、今では自分のお子さまと一緒に楽しんでいる青山さん。紆余曲折ともいえるような何度かの転職や、海外放浪を経たからこそ、今の仕事に巡り合えたのかもしれません。後半の「お仕事編」では、実際にどんなお仕事をしているのか詳しく伺っていきます!ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

(2021年3月取材)

後編はこちら

子どもに人気のおしごとに注目!|カプセルトイの企画・製作(ケンエレファント青山さん) <お仕事編>

注目記事

記事をもっと見る