寒い冬も、公園で遊ぼう!

清水坂公園(北区)は起伏に富んだ園内を走り回るだけで全身の運動に!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

清水坂公園(北区)は起伏に富んだ園内を走り回るだけで全身の運動に!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
北区十条にある清水坂公園(しみずざかこうえん)は、傾斜を利用した立体感のあるランドスケープが特徴。緩やかな斜面になっている芝生広場のほか、いくつもの階段や遊歩道が設置され、広場を走り回ったり、園内を散策したりするだけで筋肉やバランス感覚が養われます。

» 運動能力ぐんぐん TOP

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

清水坂公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコンほる/公園アイコン

清水坂公園は子供の運動能力がぐんぐん育つおすすめの公園です。起伏に富んだ敷地には斜面や階段が多く、走り回って遊ぶとかなりの運動量になります。公園全域を使ってへとへとになるまで遊んじゃいましょう!人気のローラー滑り台は乗る動作だけでなく、急な階段を上ったり、くぐったりする動作もカバーできます。

清水坂公園ってこんなところ!

清水坂公園は、武蔵野台地の崖地に造られた起伏のある公園。西側と東側の高低差は15m以上あり、たくさんの階段やスロープ状の遊歩道が設置されています。東側には緩やかな斜面をもつ芝生広場があり、ポップアップテントやレジャーシートを敷いて過ごす人の姿も。子ども用の遊具はもちろん大人用の健康器具もあり、さまざまな年代の区民が訪れます。園内には約68種360本の樹木が植えられ、豊かな自然に包まれた居心地のよさも魅力のひとつ。併設の自然ふれあい情報館では、清水坂公園をはじめとした北区の自然環境を学べます。

所要:3時間
クタクタ度:★★★★
おすすめの年齢:1~12歳

住所 北区十条仲原4-2-1
料金 無料
時間 24時間
電話 なし
定休日 無休
駐車場 なし
面積 20,647㎡

<パークデータ>

  • ボール遊び:×
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:×
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩4分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

JR京浜東北線「東十条駅」から徒歩10分、JR埼京線「十条駅」から徒歩12分またはJR京浜東北線・宇都宮線・埼京線・宇都宮線「赤羽駅」から徒歩15分。「十条駅」から歩く場合は賑わう十条銀座商店街を通るので、ここで総菜やお弁当を調達するのがおすすめ!
駐車場はないので、車の場合は周辺のコインパーキングを利用しましょう。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

公園の東半分を占める芝生広場はシートを敷いて過ごすのにぴったり。ただし、真夏は過ごしやすい木陰からスペースが埋まっていくので午前中の早めに行きたいところ。まずはローラー滑り台を中心にブランコや鉄棒で遊んだら、広場でかけっこをしたり、階段やスロープで園内を散策したり。じゃぶじゃぶ池に水が通される夏は水遊びがメインイベントになります。
併設の自然ふれあい情報館では自然観察園のガイドツアーを開催しており、生き物好きの子どもにおすすめです。

園内にいくつもある階段や坂道がフィールドになる!

「階段」/清水坂公園(東京都/北区)

崖地を利用した清水坂公園は東西に高低差があり、木の階段や石段、スロープなどがいくつも設置されています。園内を散策すると、これらの階段や坂道を上ったり下ったりたりすることになるので、かなりの運動量に。階段や坂道はいたるところにあるため、コース取りは自由自在です。

「南西側の入口」/清水坂公園(東京都/北区)

南西側の入口は高台にあります。階段とスロープを下って芝生広場へ。夏はここにも水が流され、涼しげな雰囲気に包まれます。

「川沿いのデッキ」/清水坂公園(東京都/北区)

川沿いのデッキも、水が入っていないときは散策ルートのひとつに。思わぬところに石段があったり、橋があったりするので冒険気分で楽しめます。

ローラー滑り台

「ローラー滑り台」/清水坂公園(東京都/北区)

高台から2カ所のカーブで折り返しながら一気に下るローラー式の滑り台。2020年4月にリニューアルされたばかり。利用は16時30分まで。

「ローラー滑り台」/清水坂公園(東京都/北区)

滑り口は公園の上部にあり、長い階段を上るのも運動のうち。スピードが出ても飛び出さないようにレーンは覆ってあります。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンのる/公園アイコン

ブランコ

「ブランコ」/清水坂公園(東京都/北区)

ローラー滑り台の下にあるシンプルな2連のブランコ。目の前に川が流れるので、夏は爽やかな眺めも魅力的。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

鉄棒

「鉄棒」/清水坂公園(東京都/北区)

大人用の健康器具の間に配置された鉄棒。3つのサイズが揃い、幼児から小学生まで遊べます。

ぶらさがる/公園アイコンまわる/公園アイコン

砂場

「砂場」/清水坂公園(東京都/北区)

長さが不揃いの丸太に囲まれたかわいい砂場。近くに水道があるので水を使った遊びも楽しめます。

ほる/公園アイコン

芝生広場でのかけっこは、小さい子どもでも安心

「芝生広場」/清水坂公園(東京都/北区)

公園の大部分を占めるのが芝生広場。その名のとおり芝生が敷かれた広場で、緩やかな斜面から平地へとつながるスロープのような地形です。鬼ごっこやかけっこに最適なフィールド!

芝生広場

「芝生広場」/清水坂公園(東京都/北区)

斜面に岩が配された日本庭園のような場所も。小さな子どもなら斜面から平地へかけおりるだけで楽しめます。芝生の斜面をごろごろ転がって遊ぶのもあり♪

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコン

じゃぶじゃぶ池

「じゃぶじゃぶ池」/清水坂公園(東京都/北区)

斜面を利用した高低差10mの川と池は毎年5~9月頃のオープン。全長150mの川は山間の渓流をイメージしています。7カ所から毎分5トンの水が放流され、子どもたちは大はしゃぎ。

小さい子ども連れファミリーに嬉しい、施設や設備

「トイレ」/清水坂公園(東京都/北区)

園内のトイレは自然ふれあい情報館と北東側の入口(写真)、南西側の3カ所にあります。そのうち自然ふれあい情報館の横にあるトイレにおむつ交換台が備わっています(9~17時)
また自然ふれあい情報館の中には授乳スペースが用意されています。

まだある!清水坂公園で行ってみたいスポット

清水坂公園には遊具や広場以外にも注目したいスポットがあります。公園で遊ぶときには、ぜひチェックしてみてください。

自然ふれあい情報館

「自然ふれあい情報館」/清水坂公園(東京都/北区)

北区の自然についての展示や映像が見られる施設。併設の自然観察園には小川やトンボ池、田んぼがあり、1日に4回開催されるガイドツアーでのみ観察できます。

問合先 03-3908-0804
営業時間 9:30~16:30
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
ガイドツアー 11:30~、13:30~、14:30~、15:30~(休館日を除く)

電車ビュー

「電車ビュー」/清水坂公園(東京都/北区)

埼京線の線路に面しており、目の前を頻繁に電車が行き交います。マンションの合間から東北・上越新幹線がチラッと見えるのも萌えポイント。

高低差がある崖地に造られた清水坂公園は、いくつもの階段やスロープが配置され、公園全体がフィールドになる運動好きな子どもにはたまらないロケーションです。長さ52mのローラー滑り台や水量が豊富なじゃぶじゃぶ池、ガイドと回れる自然観察園など、ハイレベルな遊具、施設も魅力ですね。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» 詳細・購入はコチラ(Amazon)