※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

秋の歌声、聞こえてきました♪

辰巳の森海浜公園(江東区)は、3世代一緒に体を動かして楽しめる!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

辰巳の森海浜公園(江東区)は、3世代一緒に体を動かして楽しめる!

運動能力がぐんぐん伸びる公園!
江東区辰巳(たつみ)にある辰巳の森海浜公園(たつみのもりかいひんこうえん)は、ゆっくり歩いて15分ほどで回れる中規模公園。約16万㎡の敷地内は、周囲が大きな木で囲まれていることもあり、隣を幹線道路や首都高速道路が通っているとは思えないほど、静かでのんびりとした雰囲気の公園です。園内には遊具広場のほか、健康遊具や少年広場、マレットゴルフ場などがゆったりと配置されていて、小さな子どもからお年寄りまで、さまざまな世代の人が利用できるのも、この公園の特徴。また、フリーテニスやガーデンゴルフ、パターゴルフ、ディスクゴルフ、ペタンク、シャフルボードなど、「ニュースポーツ」とよばれる有料施設も備わっていて(パターゴルフ以外、現在は閉鎖中。期間は未定)、家族みんなで1日たっぷり遊んで過ごすことができます。東京メトロ有楽町線「辰巳駅」からも徒歩7分ほどとアクセスもよく、通常は駐車場も利用が可能(現在は閉鎖中。期間は未定)。今日は思いきり体を動かしたい!という日には、家族みんなで公園を訪れて楽しめますよ。

» 運動能力ぐんぐん TOP

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

目次(index)

運動能力のベースになる「基本動作」は公園遊びで身に付ける!

子どもの運動能力を伸ばすのに最適な公園あそび。運動能力のベースとなるのは「基本動作」です。スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動する遠山健太先生が、12の動作に区分けして公園をご紹介します。

スポーツトレーナー 遠山健太先生監修:遠山健太先生
スポーツトレーナーとして運動能力向上の観点から500以上もの公園を調査し、パークマイスターとしても活動。

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

公園で経験できる12の「運動能力を伸ばす基本動作」

»公園遊びで子どもの運動能力を伸ばせる!大事なのは12の「基本動作」
»公園は「基本動作」の宝庫!運動能力が伸びる汐入公園での遊び方は?

辰巳の森海浜公園で遊べば、こんな運動能力が伸びる!

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコンぶらさがる/公園アイコンそうさする/公園アイコンのる/公園アイコンわたる/公園アイコン

辰巳の森海浜公園にある遊具は、未就学児から小学校低学年ぐらいまでの子ども向き。遊具の充実度では少し物足りなさを感じるかもしれませんが、園内にはのびのびと走り回れる芝生の広場があり、運動神経を育てるという意味で理想的な、遊具スペースとフリースペースが備わっています。広い芝生を走り回ったり、のぼったりくだったりと、体を大きく動かす動作に最適な公園です。

辰巳の森海浜公園ってこんなところ!

辰巳の森海浜公園の大きな特徴は、親子はもちろん、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に訪れても楽しめるところ。遊具広場の隣には、15種類の健康遊具が設置されていて、世代を問わず誰でも体を動かすことができます。
また、現在は閉鎖している施設も多いですが、通常であれば、フリーテニスやガーデンゴルフ、パターゴルフ、ディスクゴルフ、ペタンク、シャフルボードなどの有料施設が充実しているのも魅力。たまにはおじいちゃんおばあちゃんを誘って、3世代でスポーツを楽しむのもおすすめです。園内には適度な木陰やベンチがあり、休憩しながら遊べるのもポイントです。

所要:2時間
クタクタ度:★★
おすすめの年齢:4~6歳

住所 江東区辰巳2-1-35
料金 無料
時間 24時間
電話 03-5569-8672
定休日 無休
駐車場 あり(現在は閉鎖中。閉鎖期間は未定)
面積 169,237m²

<パークデータ>

  • ボール遊び:
  • スケボー:×
  • 花火:×
  • ペット:×
  • おむつ替え:
  • 授乳室:
  • 園内売店:×
  • 園内飲食店:×
  • 周辺コンビニ:徒歩2分
  • 周辺ファミレス:×

おすすめのアクセス方法は?

車で訪れる場合は、通常は2カ所の駐車場が利用できます(東京2020大会会場のため、現在駐車場はすべて閉鎖中)。中規模公園なので、どちらに停めても比較的、アクセスはしやすいでしょう。公共交通機関を利用する場合は、東京メトロ有楽町線「辰巳駅」から徒歩7分。駅構内にはエレベーターもあるので、ベビーカーで訪れても安心です。

おすすめの遊び方&一日まるごとプラン

中規模公園のため、1日を目一杯遊ぶというよりは、午前中か午後どちらかで訪れるのがおすすめ。周囲に飲食店は少なく、コンビニエンスストアが近くにあるだけなので、お昼を挟むのであれば、お弁当などを持参するのがベスト。レジャーシートがあれば、芝生に敷いてランチも可能。大きな木の下には木陰も十分ありますが、簡易テントであれば芝生エリアに設営することもできるので、適度に木陰を確保して遊びましょう。

遊具広場は、大人が見守れる範囲で遊べて安心!

「遊具広場」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

周囲は高い木に囲まれ、芝生が気持ちよい遊具広場。幹線道路や首都高速道路がすぐそばを通っていますが、敷地が広いため、都会の喧騒を感じさせません。遊具広場には4つの遊具がゆったりと配置されていて、未就学児から小学生低学年ぐらいの子どもが小一時間ほど遊ぶのに最適。大人一人でも見守れる範囲に遊具が配置されていたり、まわりが芝生になっていたりと、安心して子どもを遊ばせることができます。
たっぷり遊んだ後は、木陰でひと休みすることも。遊具のまわりには適度な木陰とベンチがあり、気温が上がってくる時期の公園遊びにもおすすめですよ!

シーソー

「シーソー」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

赤トンボをイメージした、赤とグリーンのかわいらしいシーソーは、ちょっと珍しい3人用!どんな風に動くのかは、乗ってからのお楽しみ。

とぶ/公園アイコン

くぐるトンネル

「くぐるトンネル」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

ユニークな形をしたオブジェのような遊具。くぐったり、隠れたりと、いろいろな遊び方ができそうです。

のぼる・おりる/公園アイコンはう・くぐる/公園アイコン

滑り台

「滑り台」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

2つの滑り台が合体した遊具。はしごからのぼっても、ロープからのぼってもOK。大人の目線ほどの高さなので、小さな子どもも見守りやすく安心です。

のぼる・おりる/公園アイコン

ブランコ

「ブランコ」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

定番のブランコは、子どもたちの人気遊具。しっかり柵もあり安心です。

おす・ひく/公園アイコンのる/公園アイコン

芝生の広場で走ったり転がったりと、思いきり体を動かせる!

「芝生の広場」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

園内の北側には、気持ちのよい芝生の広場が広がっています。ここには遊具はありませんが、思いきり走り回ったり、芝生で転がったり、でんぐり返しをしたりと、体を使って遊ぶことができるエリア。

芝生の広場

小さな子どもなら、ちょっとしたボール遊びもできそうです。芝生部分はところどころに緩やかな起伏があり、のぼったりおりたりすることもできます。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンまわる/公園アイコンそうさする/公園アイコン

マレットゴルフ場

「マレットゴルフ場」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

また、広場の一角にはマレットゴルフ広場があり、当日空いていれば誰でもプレイすることができます。マレットゴルフは、スティック(マレット)とボールを使って、少ない打数でゴールホールにカップインする日本生まれのスポーツ。初心者はもちろん、どんな世代でも気軽にプレイできるのが魅力です。この公園では、広場がちょうど木陰になっていて、これからの時期でも気持ちよく楽しめそうです。
事前予約は不要ですが、利用前に管理事務所での受付が必要となります。また、道具を借りる場合は、1時間150円でレンタル可能。

のる/公園アイコン

バスケットゴール

「バスケットゴール」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

バスケットゴールは無料で利用できますが、原則として小中学生のみ。ボールの貸し出しはないので、利用する場合はボールを持参しましょう。1グループが利用できるのは30分以内で、お互いに譲り合って利用するのがルールです。利用時間は11〜2月は7〜17時、3〜4月・9〜10月は7〜18時、5〜8月は7〜18時30分。

はしる/公園アイコンとぶ/公園アイコンそうさする/公園アイコン

健康遊具でおじいちゃんおばあちゃんと一緒に体力アップ!

遊具広場の隣には誰でも利用できる15種類の健康遊具が配されており、青空の下で緑に囲まれながら、気持ちよく体を動かすことができますよ。

垂直はしご

「垂直はしご」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

はしごのように登ったり、棒をつかみながら膝をあげたり、全身運動ができます。自分のレベルに合わせて動いてみましょう。

のぼる・おりる/公園アイコンぶらさがる/公園アイコン

ローリングステップ

「ローリングステップ」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

グリップを持ちながら、ドラムを足で回転させる遊具。親子3代で利用して、どこまでできるか競い合ってみるのもおすすめ。ぜひ、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に、無理のない程度に体を動かしてみましょう。

はしる/公園アイコンのぼる・おりる/公園アイコンおす・ひく/公園アイコンとぶ/公園アイコン

小さい子ども連れファミリーに嬉しい設備

「トイレ」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

園内には現在、4カ所のトイレがあり、どちらも清潔感があってファミリーでも安心して使用することができます。園内中央にあるこちらのトイレは、丸いグリーンの屋根が目印。トイレの前はちょっとした休憩所になって、遊びの合間にひと休みするのに最適です。こちらは遊具広場や健康遊具から近い場所にあります。授乳室はトイレには併設されていませんが、園内南側にある管理事務所に設置されています。利用する際には管理事務所に声がけをしてください。

「トイレ」/辰巳の森海浜公(東京都/江東区)

公園北側の公園入り口付近にあるこちらのトイレには、おむつ交換台が備わっています。北側から公園に入る場合は必ず目に留まるので、オムツ交換を済ませてから遊びはじめるのがおすすめです。こちらのトイレは芝生広場からすぐ近くの場所にあります。

健康遊具やマレットゴルフなどの施設があるせいか、小さな子どもだけでなく、おじいちゃんおばあちゃん世代の人の利用も多く、どこかのんびりした雰囲気のある辰巳の森海浜公園。遊具で遊ぶ以外にも、広場でのびのびと体を動かしたり、園内のマレットゴルフ場などのニュースポーツ施設で家族一緒に運動を楽しんだり、健康器具でおじいちゃんおばあちゃんと体力くらべをしたりと、さまざまな楽しみ方ができる公園です。

●掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。おでかけ前に各スポットへご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

「るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園 東京版」

るるぶKids こどもの運動能力がぐんぐん伸びる公園【東京版】

東京都内にある運動能力をぐんぐん伸ばせる公園を、厳選して100件紹介するガイドブックです。「るるぶKids」と同様に、それぞれの公園で体験できる12の基本動作をアイコンでわかりやすく表示しています。
公園によって設置されている遊具や施設は千差万別! 公園によって自由な遊びのなかで体験できる「基本動作」は異なります。アイコンを参考にいつもとはタイプの違う公園にでかけてみることが、運動能力を伸ばすことにつながります。
ニューノーマルの今だからこそ楽しんでほしい、週末ごとの小さな冒険。今年の夏は、都内のあちこちで公園遊びを楽しみながら、子どもたちの運動能力をぐんぐん伸ばしましょう!

» この本の詳細・購入はコチラ(Amazon)