関東のおすすめプール(2023)子ども用・幼児用・流れるプール・スライダーが満載!

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

ページ: 1 2

東京都で子どもにおすすめのプール

すみだスポーツ健康センター(東京都/墨田区)

すみだすぽーつけんこうせんたー

屋内子ども用プール幼児用プール

すみだスポーツ健康センター

流水プール、25mプールのほか、水深30cmの幼児プールや水深60cmの子供プールがある。全長30mのウォータースライダーも人気。その他トレーニングルームも併設されている。

子供利用時の注意:
入場は3歳以上、オムツがとれている子どもから。幼児(6歳以下)は保護者付添い、保護者1人につき子ども2人まで可、3歳~未就学児は年齢証明提示で無料、ウォータースライダーは身長120cm以上

  • プールの種類:流れるプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/幼児用プール(乳児~幼児向け)/ジャグジープール/スライダー/そのほかのプール/屋内のみ:遊泳用プール(25m)
  • スライダー:あり/入場料に含む
  • レンタル:浮き輪1日500円
  • 昨年の人出:約5万人
営業期間 通年
定休日 水曜(7月中旬~8月31日は無休)
営業時間 10~20時(7月中旬~8月31日は9時~)
料金 2時間利用:大人440円、小・中学生220円、シニア(65歳以上)110円、土・日曜、祝日は大人550円、小・中学生280円
ロッカー ロッカー480台(100円返却式)
禁止事項 潜水、逆立ち、飛込み、物を投げたりする行為
住所 東京都墨田区東墨田1-6-1すみだスポーツ健康センター

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

萩中公園プール(東京都/大田区)

はぎなかこうえんぷーる

屋内屋外幼児用プール

萩中公園プール

屋内外両方に幼児プールと一般プールがあり、スライダーも楽しめる。屋内には流れるプールがある。

子供利用時の注意:
水着用オムツ着用での入場は不可。混雑時は浮き輪等の使用ができない場合あり。夏期夜間の部は中学生以上の場合のみ入場可。

  • プールの種類:流れるプール/幼児用プール(乳児~幼児向け)/スライダープール/そのほか:屋内25mプール、屋外50mプール
  • スライダー:あり/入場料に含む
  • 昨年の人出:夏期約10万人
営業期間 2023年7月8日~9月3日、屋内プールは通年
定休日 夏期期間中無休(7月8~19日、9月1~3日までの平日は屋内プールのみ開場)。温水期の水曜は休館もしくはスクール開催のため個人利用はできない。このほか、団体利用日もあり
営業時間 夏期は3時間完全入替制、9時30分~12時30分、13時15分~16時15分、夜間は屋外50mプールのみ開場17~20時(7月8~19日、9月1~3日までの平日、7月20日~8月31日の水曜は夜間の営業なし)、温水期は9時30分~21時(月曜は~17時30分)、要問合せ
料金 夏期は大人(高校生以上)360円、中学生以下100円、幼児(1歳未満)無料。温水期は2時間まで大人(高校生以上)480円、中学生以下200円、超過30分毎大人110円、中学生以下50円、3歳未満は利用不可
ロッカー ロッカー1800台(無料)
禁止事項 着衣での遊泳、酒気帯び等、入れ墨・タトゥーなどがある場合はラッシュガードの着用かテーピングで他の利用者から見えないようにする。プール施設内禁煙
住所 東京都大田区萩中3-26-46
URL

https://haginakapool-kyoei.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

多摩市立温水プール アクアブルー多摩(東京都/多摩市)

たましりつおんすいぷーる あくあぶるーたま

屋内子ども用プール

多摩市立温水プール アクアブルー多摩

屋内のため一年を通して利用ができるプール施設。流波プールや長さ102m、高低差10.5mのアイランドスライダー、長さ42m、高低差5.5mのボディスライダー、リラクゼーションプール、キッズプールなどが楽しめる。※コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一部利用制限あり。

子供利用時の注意:
小学2年生までは子どもだけでの利用は不可(子ども3人につき大人1人の付添い)。18時以降の小・中学生だけでの利用は不可※当面、16歳未満の人は18歳以上の付添者が必要

  • プールの種類:流れるプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/競泳用プール/ジャグジープール/スライダープール
  • スライダー:あり/無料
  • 昨年の人出:27万9000人
営業期間 通年
定休日 火曜(祝日の場合は翌平日、7月は第2火曜)、8月は無休(変更の場合あり)、1~2月に3週間程度休業あり ※状況により、休業の場合あり
営業時間 9~22時(プールは~21時30分)※7・8月を除く日曜、祝日は~20時(プールは~19時30分)
料金 大人1回620円、子ども(小・中学生)・シニア(60歳以上)1回310円、6月~海の日までの日曜、祝日および海の日以降~8月までは2時間制、2時間を超えると1時間毎大人300円、子ども(小・中学生)・シニア(60歳以上)1時間毎150円
ロッカー ロッカー男女各450台(無料)
禁止事項 オムツをつけた乳幼児の利用、アクセサリー・メガネの着用、携帯・カメラの持込み、日焼け止め・化粧の利用、直径1m以上の浮き輪の利用(足を固定するものも不可)、プール内での持込飲食、身長120cm未満・未就学児のスライダー利用
住所 東京都多摩市南野3-15-2
URL

https://www.tama-pool.org/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

よみうりランド プールWAI(東京都/稲城市)

よみうりらんど ぷーるわい

屋外子ども用プール幼児用プール

流れるプールや波のプール、飛び込み台のあるダイビングプールなどのプール、スピードとカーブの変化を楽しむスライダーがあり、エキサイティングな一日を満喫できる。「それいけ!アンパンマンプール」には、キャラクター勢揃いの噴水やすべり台などがあり、チビッコも大はしゃぎ。期間限定でナイトプールも開催。海外のリゾート地のようなライトアップやイルミネーションで開放感を味わえる。令和5年(2023)は新エリア「わいわいジャングル」がオープン。

子供利用時の注意:
乳幼児は防水オムツの上に水着着用で利用可、ジャイアントスカイリバーは5歳以上で利用可(10歳未満は中学生以上の同伴が必要)、直線・スラロームスライダーは身長110cm以上で利用可、ブルースライダー・パープルスライダーは身長90cm以上・体重120kg以下で利用可

  • プールの種類:流れるプール/波のプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/幼児用プール(乳児~幼児向け)/スライダー/そのほかのプール/屋外のみ:ダイビングプール:水深5mの本格的なプール。飛込台は0.5m、1.0m、2.0m
  • スライダー:あり/ジャイアントスカイリバー1回700円、直線スライダー(無料)、スラロームスライダー(無料)、わいわいジャングルの5つのスライダー(無料)
営業期間 2023年7月1日~9月10日
定休日 不定休(公式サイト要確認)
営業時間 公式サイト要確認
料金 入園料+プール券大人(18歳以上)3400~4000円、中・高生2700~3200円、3歳~小学生・シニア(65歳以上)2300~2700円、17時以降の入園+ナイトプール入場券大人2200円、3歳~高校生・シニア1700円
特別席 グリーンシート、アクアシート、サンシート、パラソルシート、ジャングルシート、バンブーシート(料金は公式サイト要確認)/公式サイト予約可
ロッカー ロッカー4000台(特大600円、大500円、中400円、小300円)
そのほか設備 よみうりランド遊園地(ただし上着は着用)
禁止事項 入れ墨・タトゥー(ワンポイント・シール含む)のある場合入場禁止、ペットの入場、規定サイズを超えるサンシェード・酒類・ビン・カン・サーフボード・ボディボード・デッキチェア・サマーベッド・テント・パラソル・キャンプ用品・足ヒレ・シュノーケルの持込み、油性サンオイルの使用、土足での入場、ヒール付サンダルの使用、メガネストラップなしでの遊泳、オムツをしたままでの遊泳(防水オムツの上から水着着用で可)
住所 東京都稲城市矢野口4015-1
URL

https://www.yomiuriland.com/wai/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

東原公園水泳場(東京都/青梅市)

ひがしはらこうえんすいえいじょう

屋外幼児用プール

東原公園水泳場

流水プール、25mプール、幼児・児童用、スライダーなど、バラエティ豊かでリーズナブルな市民プール。

子供利用時の注意:
小学2年生以下は保護者同伴

  • プールの種類:流れるプール/幼児用プール(乳児~幼児向け)/スライダープール/そのほか:遊泳用プール(25m)
  • スライダー:あり/入場料に含む
営業期間 2023年7月15日~8月31日
定休日 期間中無休(一部使用不可の場合あり)
営業時間 10~18時
料金 大人1回300円、中学生以下1回100円 ※再入場不可
ロッカー ロッカー男子1000台、女子800台(10円)
禁止事項 幼児用プールはオムツがとれていることが条件、酒気帯び、食物、クーラーボックス、パラソル、テント等の持込み
住所 東京都青梅市今寺5-11
URL

https://www.omesports.net/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

東京サマーランド アドベンチャーラグーン(東京都/あきる野市)

とうきょうさまーらんど あどべんちゃーらぐーん

屋内屋外子ども用プール幼児用プール

東京サマーランド アドベンチャーラグーン

バラエティに富んだ遊びを盛り込んだ屋外プール「アドベンチャーラグーン」は、多種多様な水遊びが満喫できる。日本最大級の流れるプール「グレートジャーニー」をはじめ、水の中へ落ちるような感覚の「dobon」や4~6人乗りの大きなボートで滑走する「DEKASLA」などのウォータースライダー、キッズたちが楽しめるプールエリアもあり、1日では遊びつくせない。

子供利用時の注意:
幼児の単独遊泳不可(利用時には専用の遊泳用オムツと水着を着用)

  • プールの種類:流れるプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/幼児用プール(乳児~幼児向け)/ジャグジープール/スライダープール/そのほか:アスレチック(スーパーモンキーフロート)
  • スライダー:あり/1Dayパスに含む
  • レンタル:グレートジャーニー専用の浮き輪(無料)
営業期間 屋外プール:2023年7月1日~9月24日
定休日 2023年7月5・6・12・13日、9月20・21日 ※季節により変動あり。要問合せ
営業時間 10~17時、土・日曜、祝日は9~18時、2023年7月22日~8月は9~20時 ※季節により変動あり。要問合せ
料金 1Dayパス(料金は公式サイト要確認)
特別席 有料席(6000円~)/別途保証金1000円がかかる
ロッカー ロッカー約5600台(400円、または500円+保証金100円返却式)
そのほか設備 Tシャツと靴を着用すれば遊園地の乗り物利用可
禁止事項 入れ墨・タトゥーなどがある場合の入園、ビン・カン類・刃物類・危険物の持込み
住所 東京都あきる野市上代継600東京サマーランド内
URL

https://www.summerland.co.jp/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

神奈川県で子どもにおすすめのプール

こどもの国(神奈川県/横浜市青葉区)

こどものくに

屋外子ども用プール幼児用プール

こどもの国

多摩丘陵の雑木林をそのまま残した自然の中には、さまざまなアトラクション、遊具や牧場などがある。夏休みにはプールもオープンし、一日中楽しむことができる。

子供利用時の注意:
オムツのままの遊泳は不可(水遊び用オムツの上に水着を着用すれば可)、直線スライダーは年齢制限なし

  • プールの種類:子供用プール(幼児~低学年向け)/幼児用プール(乳児~幼児向け)/スライダープール/そのほか:水深15cm~1m30cmまでのさまざまなプール
  • スライダー:あり/無料
  • レンタル:ラッシュガード1日貸出(保証金1000円)
  • 昨年の人出:例年約7万人
営業期間 2023年7月15日~8月27日 ※状況により中止の場合あり、詳細は公式サイトにて要確認
定休日 水曜(祝日の場合は開園)※8月16日特別開園
営業時間 10~16時(入場は~15時)
料金 入園+プール入場セット券:大人1200円、小・中学生500円、幼児(3歳以上)400円
ロッカー ロッカー男女計約1300台(小100円、大200円)
そのほか設備 売店、授乳室、オムツ替えシート
禁止事項 飲酒、潜水、飛込み、日焼用オイル、プール内 貴金属・ガラス製品・電子機器類の持込、その他公式サイト要確認
住所 神奈川県横浜市青葉区奈良町700
URL

https://www.kodomonokuni.org/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

日産ウォーターパーク(神奈川県/横浜市港北区)

にっさんうぉーたーぱーく

屋内子ども用プール

日産ウォーターパーク

(公財)横浜市スポーツ協会

温水を利用し、通年楽しめるプール施設。滝やジェット水流など楽しい仕掛けがある流水プールや、上からシャワーが流れる幼児プールなど、アクアゾーンとバーデゾーンに22種類のプール施設がある。

子供利用時の注意:
オムツ(トレーニングパンツ含む)が日常生活において完全に取れていない幼児は入場不可

  • プールの種類:流れるプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/ジャグジープール/スライダー/そのほかのプール:ショルダープール(うたせ湯)
  • スライダー:あり
  • レンタル:水着男大人400円、子ども300円、浮き輪300~500円、タオル300円、水泳帽200円、ラッシュガード大人400円、子ども300円、※状況により休止の場合あり要確認
  • 昨年の人出:年間約1万7000人
営業期間 通年
定休日 第3火曜(1~3月は第3・4火曜)
営業時間 公式サイト要確認
料金 13歳以上1時間500円(延長30分毎200円)、13歳未満1時間250円(延長30分毎100円) ※公式サイト要確認
ロッカー ロッカー690台(無料)、状況により休止の場合あり要確認
そのほか設備 アロマルーム、ミストルーム、採暖室、アラカルトシャワー、ボディシャワー
禁止事項 水泳帽の未着用、時計など装身具類の着用、飲食
住所 神奈川県横浜市港北区小机町3302-5
URL

https://www.nissan-stadium.jp/shinyoko-park/waterpark/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

県立辻堂海浜公園 ジャンボプール(神奈川県/藤沢市)

けんりつつじどうかいひんこうえん じゃんぼぷーる

屋外幼児用プール

県立辻堂海浜公園 ジャンボプール

全長70mのウォータースライダーや、1周270mの流れるプールなど大小6つのプールが揃う。子ども用の幼児プールや水遊びプールなどもあるので、ファミリーにもおすすめ。「くじらの海」と「滝のプール」はプール用おむつをした乳幼児も利用できる。また、プール専用車椅子や昇降リフトも備えているので、車椅子利用者も安心して楽しめる。

子供利用時の注意:
オムツ着用の幼児は遊泳不可(一部可)、小学2年生以下は高校生以上の付添いの同伴が必要(付添い1人につき子ども2人まで)

  • プールの種類:流れるプール/波のプール/幼児用プール(乳児~幼児向け)/スライダープール
  • スライダー:あり/無料
  • 昨年の人出:17万5830人
営業期間 2023年7月8日~9月10日
定休日 期間中無休※荒天時、水温が22度未満の場合は休業
営業時間 9~18時(入場は~17時)
料金 大人(高校生以上)850円(15時30分以降は520円)、中学生520円、子ども(小学生以下)210円
ロッカー ロッカー約3000台(100円、200円)
そのほか設備 温水シャワー(3分200円)
禁止事項 オムツの子どもの入水(一部可)、サンオイルの使用、飲酒、タトゥー、飛込み、ガラス製メガネ、サングラス、時計、アクセサリーなど
住所 神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-2
URL

http://www.kanagawa-park.or.jp/tujidou/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

大磯ロングビーチ(神奈川県/中郡大磯町)

おおいそろんぐびーち

屋外子ども用プール

大磯ロングビーチ

青く輝く相模湾を望みながら、バリエーション豊かなプールが楽しめる大磯ロングビーチ。全長140mのウォータースライダーや流れるプールのほかに、大人から子どもまでプールリゾートを満喫できるウォーターパラダイスだ。

子供利用時の注意:
ウォータースライダーは身長120cm、6歳以上で利用可 ※小さな子どもは必ず保護者同伴、キッズウォーターパラダイスは3歳以上~小学生以下(125cm未満)で利用可

  • プールの種類:流れるプール/波のプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/競泳用プール/ジャグジープール/スライダープール/そのほか:ダイビングプール、競泳用プール(25m)、キッズウォーターパラダイス
  • スライダー:あり/無料
  • レンタル:ゴムボート1時間500円(1日2000円)、浮き輪1日1000円
  • 昨年の人出:非公開
営業期間 2023年7月1日~9月10日※詳細は公式サイト要確認
定休日 期間中無休
営業時間 9~17時(7月1~7日・9月4~10日は10時~)
料金 1日券:大人4300円、中・高校生2900円、小学生・シニア2300円、幼児1100円、14時以降:大人2600円、中・高校生1900円、小学生・シニア1300円、幼児700円(7月中の幼児料金は無料)
特別席 ビーチパラソル1セット(1日2500円~)、ファミリーテント1基(1日3000円~)、ファミリーパラソル1セット(1日2000円~)、大磯ヒルズ(1日1万2000円~)※料金は期間により異なる
ロッカー ロッカー(小400円、大500円、特大600円)、小・大ロッカーのみ開閉自由
そのほか設備 ジャグジー
禁止事項 テント・パラソル・デッキチェア・テーブルの指定場所以外での利用、ビン類などの持込み。暴力団、入れ墨やタトゥーなどがある場合の入場(場内でみかけた場合には施設利用規則により退場。また、アートメイクやシールなど類似な物も同上の措置。その際の返金などは一切なし)、ボディボード・シュノーケルなどの持込み、他の利用者の迷惑になる行為
住所 神奈川県中郡大磯町国府本郷546
URL

https://www.princehotels.co.jp/pool/oiso/

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

●子供用プールは幼児~低学年向け、幼児用プールは乳児~幼児向けのプールです。
●掲載の情報は、原則として2023年6月取材時のものです。予告なく変更になる場合があります。また、水遊び時間とスポットの営業時間などが異なる場合もございます。おでかけ前に各スポットへご確認ください。

【関連記事】

水遊びの子どもの事故防止 原因や気をつけるポイント

ページ: 1 2

注目記事

記事をもっと見る