※掲載内容は取材時点での情報です。最新状況は各施設にご確認ください。

イヤイヤ期って、本当にたいへん

子どもとBBQクッキング!準備から楽しい年齢別メニュー&デザートが満載

るるぶKidsライターのアイコンるるぶKidsライター

バーベキューの準備をする子どもたち

バーベキューを楽しめる季節がやってきました。心地よい風、澄みきった秋空のもと、解放感にひたりながら、わいわい食べるのはまた格別ですね。バーベキューは、戸外で食べるだけでなく、食材の準備から調理、食事までのプロセスを子どもと一緒にできるのが特徴。ママ&パパだけでするのではなく、子どもも巻き込んで一緒に楽しみませんか。年齢別お手伝いから見たバーべキューの魅力を、こども発達学の先生に伺いました。年齢別のおすすめメニューや、子どもとのバーベキューで欠かせないデザートメニューも満載です!

» バーベキュー&キャンプ TOP

バーベキュー・キャンプのコロナ対策記事
» バーベキュー・キャンプwithコロナ、リスクや安全対策は?人数など気をつけること

監修/和洋女子大学・伊瀬玲奈先生
和洋女子大学 人文学部 こども発達学科 准教授。保育学が専門で、保育者をめざす学生への指導だけでなく、保育所・こども園の先生方への指導・助言も行っている。

目次(index)

BBQクッキングを子どもと一緒にすることの意外な効果って?

お手伝いを終えてバーベキューをいただく子どもたち

“食べる”だけじゃない!プロセスも一緒に楽しめる!

同じ戸外でもバーベキューが花見やピクニックとは違うのは、“食べる”という結果を楽しむだけではないところ。食材の準備から調理、食事、食べたあとは片づけと、“食べる”前後のプロセスも子どもと共有でき、協力して何かをしたり、子どもの育ちを見守ったりできる時間がたっぷりとれるのが魅力です。

ゴミの分別など、社会性を学び育てるチャンス!

公園や河原など、公共の場所で楽しむことも多いバーベキュー。たとえばゴミ出しのマナーでは、「これは燃えるゴミ?燃えないゴミ?」「できるだけ小さくしてから捨てよう」などといった会話が自然と生まれるはず。こうしたコミュニケーションは、社会のマナーや環境を大切にする意識を知らせるチャンスでもあります。

BBQクッキングを始める前に

バーベキューの準備には使い捨ての手袋を使うと清潔

子どもを危険にさらさない工夫を!

バーベキュー場では、家庭のキッチンにように、火が出る場所や刃物のある場所が定位置ではないなど、危険と隣り合わせであることを常に頭に入れておきましょう。開放感の中、子どもが思いがけない行動をする可能性もあります。レジャーシートや、子ども専用のイスやテーブルなどで、子どもの居場所を決めると、子どもの動きを把握しやすくなり安心です。お手伝いでの火や刃物の扱いは、家庭でのお手伝いですでに使い慣れていることが前提。戸外でいきなり挑戦するのは危険です。事前に家庭でもお手伝いをしてもらい、「バーベキューでもお願いするね」と伝えておくと、楽しみにしながらお手伝いができます。

衛生面も気をつけて!

お手伝いを始める前やごはんを食べる前は石けんで手を洗うのが基本。ですが、戸外だとどこでも石けんがあるとは限りません。その場合は、まめに除菌ウェットティッシュでふいたり、使い捨ての手袋を使ったりして清潔を保ちましょう。

【3~4歳におすすめ】食材を混ぜたり、のせたりメニュー

即席混ぜごはんは絵や文字を描いた透明カップに入れて/3歳~4歳におすすめバーべキューメニュー

即席混ぜごはん

ごはんを入れたファスナー付き保存袋にふりかけを加えて、袋ごとモミモミ。だれのものかわかるように絵や文字を描いた透明カップにスプーンで盛り付けます。

ごはんとふりかけを保存袋に入れてモミモミ/3歳~4歳におすすめバーべキューお手伝い

チョコバナナトースト

網でトーストしたパンにチョコスプレーをまぶし、スプーンやバターナイフですくったバナナをのせます。デザートメニューの出来上がり。

チョコバナナトーストはカラフルに飾って/3歳~4歳におすすめバーべキューお手伝い

【5~6歳におすすめ】食材をちぎったり、さしたりメニュー

フレッシュサラダを洗ってちぎる/5歳~6歳におすすめバーべキューお手伝い

フレッシュサラダ

レタスやキャベツなど手でちぎれる野菜がおすすめ。しっかり洗って食べやすいサイズに。プチトマトは洗ってからヘタをとって。ちぎったキャベツは焼きそばの具になります。

フランクフルト風

ウィンナにつまようじをさします。いわゆるフランクフルト用ウィンナだと数本でお手伝いが終わってしまうので、小さめのウィンナでたくさん作ってもらいましょう。

ウィンナにつまようじをさしてフランクフルト風に/5歳~6歳におすすめバーべキューお手伝い

【7歳以上におすすめ】仕上げやホイル焼きで1品も

さつまいもをアルミホイルで包む女の子/7歳以上におすすめバーべキューお手伝い

焼きいも

水に通したさつまいもをアルミホイルで包んで網の上へ。ときどき大人と火のとおり具合をチェックしましょう。

焼きとうもろこし

ゆでたとうもろこしをさいばしでころころ転がして焼き加減を見ながら、はけでまんべんなくしょうゆを塗ります。

焼きとうもろこしに醤油を塗る男の子/7歳以上におすすめバーべキューお手伝い

子どもも大好き!やきやきデザート

焼きマシュマロをビスケットではさんで食べる男の子/おすすめバーベキューデザート

バーベキューで欠かせないデザートのお手軽アイデアをご紹介します。

焼きマシュマロ

火で軽くあぶり、とろっとしたところをいただきます。ビスケットやクラッカーではさんで食べてもおいしい!

チョコレートフォンデュ

直火にかけられる小鍋に板チョコ入れ、焦がさないように混ぜながら溶かします。溶けたら火から下ろし、串に刺したバナナなどの果物やマシュマロ、チーズなど好きなものをつけて召し上がれ!

焼きりんご

りんごの芯をくりぬき(くし切りでもOK)、アルミホイルにバターと砂糖とともに入れ、網の端でじっくり焼きます。

焼きバナナ

皮のまま、網に置いて焼くだけ! ひっくり返しながら、バナナの皮全体が真っ黒になったら食べごろ。

ホットケーキ

ホットケーキミックスを鉄板に流し、小さく薄い生地をたくさん焼きます。生クリームや果物をぎょうざの具のように包んだり、どらやきのように上下で挟んだりしていただきます。

撮影協力/農園リゾート ザファーム

バーベキュー&キャンプ場のおすすめ記事

バーベキュー&キャンプ

全国の日帰りバーベキュー&キャンプ場2020【TOP】
おすすめのバーベキュー&キャンプ場約500件をエリア別にご紹介。手ぶらOK、ペットOK、人気のアクティビティがあるスポットも多数。バーベキュー&キャンプを子どもとより楽しむ方法などもチェック!

■ 北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
■ 関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
■ 東海 岐阜静岡愛知三重
■ 甲信越・北陸 新潟富山石川福井山梨長野
■ 関西 大阪滋賀京都兵庫奈良和歌山
■ 中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
■ 九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

■ 人気エリア 札幌・小樽秩父・長瀞・飯能東京・お台場奥多摩・府中横浜・川崎大阪市周辺

<子どもともっと楽しもう!>
バーベキュー・キャンプのコロナ対策子どもとBBQクッキング自然あそび「ネイチャーゲーム」関東近郊のグランピングやツリーハウス

注目記事

記事をもっと見る